六義園の紅葉。

12日の暖かな陽気に誘われて六義園(回遊式築山泉水の大名庭園)の紅葉を鑑賞してきました、ライトアップも終わり大分散っていましたが、小屋の写っている「つつじ茶屋」付近は良い感じでした、橋の写っているところは「渡月橋」の風景です。 [ [[]

続きを読む

公園の黄葉等。

イチョウ、ケヤキ、桜、メタセコイア。 公園のイチョウ(イチョウ科)が綺麗に黄葉しています。 綺麗なケヤキ(ニレ科)と残り葉となった桜(バラ科)の紅葉です。 メタセコイア(スギ科)の綺麗な紅葉です、1と2枚目は逆光で3枚目は池の対岸です。

続きを読む

黄葉。

銀杏の黄葉。 東京大仏、公園、そして団地内の綺麗な黄葉です、団地内は日陰になっていたのが残念、(撮影11/22)。

続きを読む

公園の紅葉。

ケヤキ、サクラ、サルスベリ、カツラ。 例年になくケヤキ(ニレ科)の紅葉が綺麗です、樹によって色が違い5枚目には銀杏の黄葉も写っています、そして6枚目はサクラ(バラ科)です。 サルスベリ(ミソハギ科)とカツラ(カツラ科)です、街路樹のサルスベリは剪定されていてこの様な鮮やかな紅葉は見ることができません、カツラは終わりに近づいている様ですし、水鳥も多くなっています…

続きを読む

黄葉。

イチョウの黄葉。 最初は神宮外苑のイチョウ並木です、道路側の早いものは綺麗に黄葉していて歩道も落ち葉の絨毯になっています、遠くに見える建物は聖徳記念絵画館です。 次は靖国神社参道のイチョウ並木です。 最後は北の丸公園です、最初は千鳥ヶ淵側にある巨木のイチョウで公園側から写した3点の後に千鳥ヶ淵側から写した2枚です。

続きを読む

銀杏。

銀杏の黄葉。 昭和記念公園のイチョウです。 公園の中には何か所かイチョウ並木があり綺麗に黄葉しています、最初はスポーツエリアに続くいちょう橋からの黄葉風景です、少し散っている木もありますが黄色の絨毯で綺麗な光景です。 二番目はこもれびの丘近くのイチョウ並木です、この場所は木も少し小さくほとんど散っている木もありました。 三番目は一番有名な立川口…

続きを読む

街の彩り5。

小石川植物園(2)。 シナミズキ(中国)(マンサク科)も良い色になっています、早春に面白い花を付けるシナマンサクと良く似ていますがが標識にはシナミズキと名前が付いています、葉も良く似ていますし同じ様な花を付けていたように記憶しています。 未だ緑の葉が沢山付いていますが房のような赤い実が沢山付いているイイギリ(イイギリ科)です、この樹は雌雄別株で雄株は葉も落として冬枯れ…

続きを読む

街の彩り4。

小石川植物園。 小石川植物園もいろいろと彩りをしていますので紹介して行きます。 最初はウルム・プロセア(ニレ科)です、写真ではうまく表現できていませんが梢の方が黄葉し緑の部分となかなか良い感じです。 黄葉がとても綺麗なヘラノキ(シナノキ科)です、画像は2箇所で写したものですから葉の付き方に少し差があるようですが、樹は真っ直ぐ伸びた立派な樹で近くにあるスズカケノキの巨…

続きを読む

街の彩り3.

北の丸公園。 皇居東御苑に隣接している北の丸公園も少し散策して見ました、この場所にもイロハモミジ園があるのですが、木が密生している事もあって鑑賞するにはあまり適していませんし、葉を散らしいてるものと緑のものがありました。 この公園の有名なところは千鳥が淵の桜並木だと思うのですが、上からのぞいて見るとこの季節は殺風景な感じですので、比較的画になると思われる芝生と池の風景を写…

続きを読む

嵐山渓谷(2)。

嵐山渓谷の紅葉。 川も綺麗な水で穏かな流れですし、川原から少し上がった左岸の台地がモミジの素晴らしい紅葉となっていました。 モミジも黄葉と紅葉があって低く垂れている枝は素晴らしい景色だと思います、紅葉を楽しんだ後は戦国時代に物見櫓があったと伝えられている大平山(178m)を超えて帰路に着きました。

続きを読む

銀杏並木。

神宮外苑の銀杏並木。 東京を代表する神宮外苑の銀杏並木も華やかな時期を迎えています、太陽の光が聖徳記念絵画館の真正面になる時間は午前10時頃と思いその時間に合わせて出かけて写して見ました。 カメラの時計では最初の画像が9時50分で、最後の方の画像が10時40分頃に成っています、最初の画像では右側の列に陰が出ていますが終わりの方のものでは左側の列に陰が出ています、この両者の中間帯に…

続きを読む

スズカケノキなど。

スズカケノキ、シバフ、ソケイ、コダチダリア、イチョウ。 新宿御苑の代表的なものとしてフランス式整形庭園があります、この季節はこの場所のスズカケノキ(プラタナス)(スズカケノキ科)が沢山の落ち葉を散らしています。 このプラタナス並木は少しばかりロマンチックな気分にさせてくれる雰囲気が有りますし、落ち葉は乾いていて踏むとカサカサと大きな音を立てています。 25日にユ…

続きを読む

ナンキンハゼなど。

ナンキンハゼ、シナユリノキ、ニッサボク、サルスベリ、メタセコイア、ラクウショウ。 彩られた小石川植物園です。 大きな樹のナンキンハゼ(中国)(トウダイグサ科)が紅葉しています、この樹の面白いところは緑、黄色、赤の3色が混ざっているところではと思います。 黄色の黄葉がきれいなので近づいて見るとシナユリノキ(中国)(モクレン科)と標識が付いています、25日に取り上げました巨…

続きを読む

ユリノキ。

ユリノキの巨木。 近くの公園の大きな樹になるユリノキ(モクレン科)は二回ほど取り上げてきましたが、今回は日本のユリノキの原木と思われる巨木を取り上げて見ました。 最初は新宿御苑の巨木です、撮影時間と方向で少し色合いが異なっていますが、この巨木はいつ見ても素晴らしいと思います。(クリク拡大でご覧ください。) 二つ目は名前の由来にもなった小石川植物園のユリノ…

続きを読む