雪山入門講座4。

赤城・黒檜山、大沼。 最初は山頂にご主人と元気に上ってきたワンちゃんです、左の方に標識が立っていますが雪に半分埋まっているようです。 この後更に一頭登ってきましたし、下山の途中にも登ってくる二匹の犬に出会いました。 前日に上越国境のアップの写真を取り上げましたが、もう少し広い範囲の風景で、苗場山方向です。 谷川岳方向です。 尾瀬方向です、左側は谷川岳、右は日光の…

続きを読む

雪山入門講座3。

赤城・黒檜山。 駒ケ岳から少し下り稜線伝いに黒檜山1827メートルに登ります、最初の画像は少し下った所から前方の黒檜山を写したもので二枚目は雪の風景です。 雪は小さい木を覆い隠していますから、そのような所では時には木下の空洞を踏み抜いて腰の付近まで雪にはまってしまいます、自力では脱出できないメンバーを前の方の人が救助している処です。 日の光も強くなり大きい木の霧氷は解け…

続きを読む

雪山入門講座2。

赤城・駒ケ岳。 風があってとても寒い朝です、最初の画像は窓から見た大きなツララと雪の風景です、二枚目は湖面に日が差してきた7時前の画像ですが、この時間になると多くの釣り人が大沼の氷の上に集まっています、ワカサキの釣れるポイントがある様で釣り人のビニールテントは固まっているようです。 大洞といわれる地点まで移動しそこから登山道に入ります、西側の斜面は強い風が吹いていて木は白い霧氷で…

続きを読む

雪山入門講座。

赤城・大沼湖畔。 1日2日と赤城山の区域で行われた雪山入門講座に参加しました、一日目の赤城付近は時々雪がちらついたり風が吹いたりと変わりやすい天気と成っていましたが、まづ最初は昼食の後近くの斜面で雪山に必要ないろいろの訓練をしました、斜面のキックステップの歩き方やアイゼンをつけての斜面の歩き方等です。 最初の画像は斜面の下のほうから写した緑の屋根の青木旅館とその前面の結氷した大沼です、最…

続きを読む

鹿俣山。

雪山入門講座に参加し鹿俣山(1636m)に登ってきました。 異常な暖かさと成った3日と4日でしたから雪はザラメ状態になり溶けています、最初の日は雪山の基礎的な訓練を宿泊場所となったペンションの近くで行いました、最初にキックステップを使った斜面の登り方そして下り方、トラバースの時の左右の足の使い方などです、次に斜面でスリップした時のピッケルを使った停止のしかたです、これがなかなかの曲者で…

続きを読む

高峰高原(3)。

高峰高原での雪の楽しみです。 新雪の中の登山が続きます目印は赤い布切れです、寒々とした雪の風景ですが気温は高めで、カラマツの小さな枝に付いている雪が落ちている処もありました。 カラマツと違い葉を付けている針葉樹は綺麗な雪化粧です。 雪の中から蕾だけのぞかせているシャクナゲです、この画像を見るとシャクナゲが光を吸収していて回りの雪を少し溶かして…

続きを読む

高峰高原(2)。

高峰高原での雪の楽しみです。 山頂まで約1時間の登山でしたが天候は急速に悪化していて、南の方向には眼下に小諸の市街地遠くに八ヶ岳という景色で、西から北方向には北アルプスの雄大な姿がかろうじて見えていました。 登ってきた尾根の画像です、右の方にチェリーパークラインのジグザクの道がみえていますが、この道の車坂峠から尾根伝いに登ってきたことになります。 少…

続きを読む

高峰高原。

高峰高原での雪の楽しみです。 17、18日と高峰高原を使い植村冒険館が企画したスノーシューとクロスカントリースキー講習会に参加しました、参加者総数31名で私の参加したスノーシューは11名でした。 高速道路走行中に見えていた浅間山です、この方向からだと浅間山の左にみえる黒斑山の裾野が高峰高原になります。 宿泊場所となるカナディアンチドリーホテルです。 ホ…

続きを読む