タイアザミなど。

タイアザミ、ノイバラ、ツリフネソウ、コガマ、ムサシアブミ、風景。
画像

自然教育園の植物です。
入り口の近くでタイアザミ(キク科)が咲いています、紫色も二種類あるようですし花の形も少し違うように感じますが葉の形は同じです。

綿毛になっているものと花とが一緒に咲いている感じです。

画像画像

画像画像



水生植物園のところにはノイバラ(バラ科)が沢山の実をつけています。
画像画像



ツリフネソウ(ツリフネソウ科)の花はほとんど終わっていて立派な実が付いていますので、手を伸ばすと熟したものは一瞬で弾け飛んでしまいます、そっと手を伸ばし両手で包むようにすると、弾けた種や実の残骸が手の中に残りました。
画像画像



池の中のコガマ(ガマ科)も綺麗な果穂を付けています。
画像



ムサシアブミ(サトイモ科)にも立派な実が出来ています。
画像



自然教育園の風景です、散策路もうっそうとしていますがそれ以外の所は更にすごいジャングルです、標識にも「人手をかけないで自然のままにしてある」と書いてありましたが本当に武蔵野の面影を残す自然そのままです、都市の真ん中で不思議な感覚になります。
画像

画像

"タイアザミなど。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: