マルバチシャノキなど。

マルバチシャノキ、イイギリ、サネカズラ、カキ、カリン、シャシャンボ。
画像

山からの紅葉の便りが聞かれるようになり、街の公園や植物園でも木の実などが色づいています。

マルバチシャノキ(ムラサキ科)に小さな鈴のような実が付いています、資料を見ると福岡の太宰府天満宮には天然記念物のチシャノキの大木があると記されています。

画像



イイキリ(イイギリ科)も房のようになって沢山の赤い実が付いています、この木はまもなく落葉して枝先に赤い実だけが残り面白い風景になります。
画像画像



可愛い花を付けるサネカズラ(マツブサ科)も赤い綺麗な実が出来ています、この植物には別名美男葛(ビナンカズラ)という名前があるという事ですから、面白いと思います。
画像画像



親指より小さいカキが沢山色づいています。
画像画像



春先にピンク色の綺麗な花を付けていたカリン(バラ科)にも沢山の大きな実が付いています。
画像画像



シャシャンボ(ツツジ科)の実もいい色に色づいてきました、この実は鳥たちの大好物のようですし人が食べてもブルベリーの様な美味しい実です。
画像画像

"マルバチシャノキなど。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: