街の秋(5)。

皇居東御苑の秋2。
画像
リュウノウギク(キク科)です、後で資料を見るとこのキクは「全草に良い香りがある」とありますから次の機会には香りを楽しみたいと思います。


キクタニギク(アワコガネギク)(キク科)の大株が綺麗に咲いています。
画像画像


木漏れ日に輝くススキ(イネ科)と休憩施設の前に飾ってある大菊です、皇居の石垣と黒松の木漏れ日が良い感じですし、大菊は格子戸との取り合わせが良い感じだと思います。
画像画像


ナデシコ(ナデシコ科)が咲いていました、異常気象の影響なのかと想像しています。
画像画像


カマズミ(スイカズラ科)も紅葉し沢山の綺麗な実を付けています。
画像画像


ウメモドキ(モチノキ科)も綺麗な実を付けています。
画像画像


二の丸庭園にある池の周囲も秋の色です、葉を落として綺麗な枝だけになっているのは夏に綺麗な花を付けていたサルスベリですが、2枚目は落葉しないで紅葉した葉をつけているサルスベリです。
3枚目は少し高い位置から写した二の丸庭園の風景です。
画像画像

画像


諏訪の茶屋の横にある竹に新しい竹が出ています、この季節に新しい竹が出てくるのは珍しいのかなと思い写してみました、次は諏訪の茶屋をバックにナンテン(メギ科)です。
画像画像


コナラ(ブナ科)の紅葉もありました、コナラは赤く紅葉する木もありますがここのものは黄色のようです。
画像

"街の秋(5)。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: