ハナキササゲ。

ハナキササゲの花です。
画像
小石川植物園でハナキササゲ(ノーゼンカズラ科)(北アメリカ)が綺麗に咲いています、30日は空模様も少し怪しかったのですが意をけっして出かけてみると、ハナキササゲがほぼ満開の状態で正解でしたが、帰路は少し雨に濡れてしまいました。

この花は園内で出会った常連の人から、咲いたときは綺麗だという情報を戴いていたものでしたが、想像以上に豪華で綺麗な花でした。

画像はクリック拡大でご覧戴くと宜しいと思います。

画像


少し日陰側の咲き始めのところを見ると、丸い蕾と開花直前の白くふっくらとした状態が写っています。
画像


花は桐の花と良く似ている感じで枝先に上向きに花穂が伸びています。
画像


樹は相当大きなものですが、地表近くに広がった枝先にも花を付けていますから、とても鑑賞しやすく感謝感激でした、香りは殆んど無い様に思いました。
画像


少し角度を変えて写した写真です、日本庭園のところにありますから、これで青空も有ると最高だと思いますが、満開のチャンスに出会えたことで良しとします。
画像


最後に樹を良く眺めてみると、昨年の実の黒い鞘が付いている枝がありました、名前のようにササゲのような実が沢山付くようですが、マメ科ではありませんので、鞘の中には豆は無いようです。
画像


今日は街の花を中断してハナキササゲ特集としました、この花は全国的にも数が少ないようですし、今が花時ですからご覧になることをお勧めします。

"ハナキササゲ。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: