タニワタリノキなど。

タニワタリノキ、ナガバノコウヤボウキ、ヌスビトハキ。
画像
小石川植物園の花などです。

小さな木ですがタニワタリノキ(アカネ科)に面白い花が咲いています、花はコンペイトウに小さな毛を付けたような花で、長く伸びたシベがあり打ち上げ花火の一瞬の様です。

標識には九州と中国南部そしてインドシナに自生すると記載されています。

画像画像

画像



ナガバノコウヤボウキ(キク科)も面白い花を付けています。
画像画像

画像画像



ヌスビトハキ(マメ科)が小さな可愛い花を付けています、マクロで写してみるとマメ科に共通する綺麗な花だと思います。

名前の由来は果実の形を盗人の足跡に見立てたものと言われていますし、野山ではかぎ状の毛で衣類に良く付着している事があります。
画像画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

  • 信徳

    タニワタリノキは面白いですね。拡大画像はハリセンボンの様だし小さいのは昼のホタルのようです。
    2009年08月16日 11:21
  • eiji

    タニワタリノキは可愛くハリセンボンを想像しました。ナガバノコウヤボウはカールした花びらが面白いですね。
    2009年08月16日 15:04
  • 山野草

    OSAMIさんこんばんわ。

    何とも面白い画像のご提供ありがとうございます。「タニワタリノキ」ですか。ウグイスには関係ないですよね?

    「人工衛星の木」ってな命名もあるそうですね。私にはギンシバイのしべの感じやヤマボウシの実の感じに似て見えたのですが、いずれとも決定的に違うのは…にょろりん~と生えたしべの根もとのひとつひとつが、小さな花の一つ一つだということですね。

    少々キショクの悪い例えで申し訳ないのですが…芥川龍之介の「鼻」を思い出しました。なんだかそのしべを…無性に毛抜きで抜きたくなる感じとともに…。
    2009年08月16日 19:22
  • chiharu

    こんにちは
    タニワタリノキは初めて見せて頂きました。
    有り難う御座います。
    2009年08月17日 12:45
  • OSAMI

    信徳さん今日は、
    植物にはいろいろと面白いものがありますが、このタニワタリノキもその一つで本当にユニークな花を付けるものですね。
    2009年08月17日 20:56
  • OSAMI

    eijiさん今日は、
    いろいろと想像できる面白い形のタニワタリノキの花です、ナガバノコウヤボウキも面白い花を付けていました。
    2009年08月17日 20:57
  • OSAMI

    山野草さん今日は、
    タニワタリノキは沢山の花が鞠のようになっているようで本当に面白い花だと思います、人工衛星の木というと球体にアンテナだけを付けたスプートニックの様なものという事ですかね。
    2009年08月17日 20:59
  • OSAMI

    chiharuさん今日は、
    タニワタリノキは本当にユニークで面白い花です。
    2009年08月17日 21:01
  • デコウォーカ

    タニワタリノキは何とも面白い花ですね。ナガバノコウヤボウキやコウヤボウキの花も最初は面白い花だと感じましたが、今では面白いとは感じません。そのうちにタニワタリノキの花も、面白いとは感じなくなるかも知れませんね。
    2009年08月17日 21:23
  • OSAMI

    デコウォーカさん今日は、
    植物は本当に面白いものがあって最初は新鮮な気持ちで面白いと思っていますが、慣れてくるとそういうものだと思って見ますから、最初の頃の新鮮な驚きのような気持ちが無くなりますよね。
    2009年08月18日 14:21