シロダモなど。

シロダモ、コウヤボウキ、ヨメナ、ヒネム。
画像

植物園や街の小さな花を取り上げて見ました。
植物園でシロダモ(クスノキ科)が薄い黄色の小さな花を付けています、この季節に花を付ける数少ない樹木だと思います。

画像



少し日陰のようなところですからコウヤボウキ(キク科)がまだ元気に花を付けていますが、この季節の花では綿毛まで行くのは難しいのかもしれません。
画像画像



綺麗な色のヨメナ(キク科)が落ち葉をバックに咲いています、ここには万葉のうたもありますので一緒に写して見ましたが当時は「うはぎ」と呼んでいたようです。
画像

画像画像



街で地植えのヒネム(マメ科)が花を付けているのに出会いました、仲間と言われる日本にもあるネムノキは勿論この季節に葉も付けていませんし、このような綺麗な花を未だ付けているヒネムの性質が良く分からないところです。
画像

画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 信徳

    ヒネムが未だ真っ赤に花を咲かせていますね。これって正常なんでしょうか?気候が目まぐるしく変わった異常が正常になったのでしょうか?
    2008年11月22日 16:53
  • デコウォーカ

    私もシロダモの木は香貫山で見ていました。今、記事(http://dekowalker.at.webry.info/200711/article_25.html)を見返して来ましたが、OSAMIさんが見られたシロダモは雄株のようです。雌株ですと花が咲いていると同時に赤い実(昨年の花の実)も生っていて両方を見れますよ。
    ヨメナは綺麗ですね。ヒネムは私も香貫山へ行く途中の民家に有るのを見ていますが、今も花を咲かせています。一年中咲いている様に感じています。勿論最盛期の時に比べれば花の数は少ないですが。
    2008年11月22日 18:48
  • おとと 

    こんばんは~
    シロダモの木に咲くお花は小さなお花の様ですね、可愛いお花
    コウヤボキもまだお花を咲かせているのですね、これも可愛いお花ですね
    私のブログは2006年の2月のコウヤボウキの綿毛から始まりました。
    懐かしいです。
    ヨメナは昔よく道端で見かけたお花でお気に入りのお花なんです
    2008年11月22日 23:21
  • chiharu

    お早う御座います
    シロダモはこの時期に咲く数少ない花ですね。
    コウヤボウキ(キク科)の花満作の花弁に似ていますね。
    合歓の花はこの時期に咲いているものは初めて見ました。
    こちらのヨメナは咲き終わって仕舞いました。
    2008年11月23日 09:38
  • OSAMI

    信徳さん今日は、
    このヒネムの性質は分からないのですが、この季節にこの様な花をみると驚きます、デコウォーカさんの地域でも咲いているようですから年中咲く性質かもしれませんね。
    2008年11月23日 11:24
  • OSAMI

    デコウォーカさん今日は、
    シロダモの事いろいろと情報有難う御座います、この植物園では3mほどの木でしたけれど、小石川植物園では巨木の間で10m位の大きな木にいっぱい花を付けていましたが巧く写真にする事が出来ませんでした。
    沼津でもヒネムが咲いているのですね、この季節では本当に目立つ存在です。
    2008年11月23日 11:25
  • OSAMI

    おととさん今日は、
    この場所のシロダモは小さい木でしたけれど、小石川植物園では大きな樹に沢山の花を付けていましたが巧く写真に取れませんでした(残念)。
    日陰の場所のコウヤボウキですから未だ花が有るのでしょうか、良く見かけるヨメナも心和みますよね。
    2008年11月23日 11:26
  • OSAMI

    chiharuさん今日は、
    小石川植物園の大きな樹のシロダモは大量の花を付けていましたが、巨木の間にあり巧く写真を取れませんでした。
    ヒネムは花の付き方が日本のネムノキとは違うようですし、何といってもこの季節に咲いているところが珍しいですよね。
    2008年11月23日 11:27