オオイヌノフグリなど。

オオイヌノフグリ、オニノゲシ、イヌタデ、カタバミ、セイヨウタンポポ。
画像

河川敷の草花の続きです。
オオイヌノフグリ(ゴマノハグサ科)も少し咲いていますが、春先のものと比べると色が薄いような感じの花です。

画像画像



オニノゲシ(キク科)は花を付けている成長期のものから、綿毛と花と両方つけている株までいろいろあるようです。
画像画像

画像



イヌタデ(タデ科)はこの季節の花ですからとても元気です。
画像画像



カタバミ(カタバミ科)も実と花と両方つけています。
画像画像



セイヨウタンポポ(キク科)もまだ所々で咲いています。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年11月16日 13:22
早春と晩秋が混在して不思議な景色ですね。
よく見れば季節外れの草花、帰り咲きの花に
出会う事もありますね。こんな花達を探しながらの
散歩道も又楽しいものですね。
2008年11月16日 14:09
オオイヌノフグリは春に見かける可愛い花ですが、もう(まだ?)咲いているのですね。
私は先日、フキのトウを見かけました。
露地に咲く花たちも温暖化のせい?でしょうか、以前に比べて季節感がハッキリしなくなったような気がします。
2008年11月16日 18:13
河原は太陽がいっぱい、水分もいっぱいで植物の生育環境には最適です。このような所は条件さえ合えば早めに咲き出すのは当然のような気もします。でもそれにしても益々早くなっている季節感です。
OSAMI
2008年11月16日 22:19
花咲か爺さん今日は、
以前から返り咲きとか季節外れの花などあったと思うのですが、最近は何だかその様な草花が多いような気がします、温暖化の影響もあると思うのですが、草花への興味から目に付くようになったのかも(笑)。
OSAMI
2008年11月16日 22:19
やまびこさん今日は、
春のオオイヌノフグリより少し色が薄い花でしたし、何だかいろいろと草花も温暖化の影響があるような気がしています、フキノトウとはそれもまた早いですね。
OSAMI
2008年11月16日 22:20
信徳さん今日は、
今年は台風による洪水も無くて川原の植物は天国だったのかも知れませんね、ただ同じ蔓性の植物の間や他の植物との間で陣取りは厳しいようですよ(笑)。
2008年11月16日 22:41
河川敷の暖かい所ではオオイヌノフグリも咲き始めるのでしょうね。タンポポ、カタバミも何時までも咲いていますね。元気な花です。
2008年11月17日 10:04
お早う御座います
寒くなってもまだ沢山の野草の花が楽しめますね。
見せていた滝有り難う御座います。
OSAMI
2008年11月17日 13:27
デコウォーカさん今日は、
タンポポとカタバミは街中でも見かける事があるのですが、オオイヌノフグリは河川敷だけでした、暖かさと何か他の要因も少し有るのかも知れませんね。
OSAMI
2008年11月17日 13:28
chiharuさん今日は、
温暖化の影響があるのか良く分かりませんが河川敷も良く見るといろいろの花が咲いていて、小春日和の日などには散策するといい気持ちです。
2008年11月17日 16:46
こんばんは。
オオイヌノフグリが咲き始めましたか?
小さな淡いブルーの花は可愛いですね、春が来たような感じがします。
黄色いオニノゲシも綺麗な花を咲かせて花後の綿毛がフワフワです。秋の光を浴びて花達は元気ですね~。ピンクのイヌタデも群生していてセイヨウタンポポも咲いていますね。これから寒くなるのですが河川敷は温かなのでしょうね、春の様な花が咲いていますね。
OSAMI
2008年11月17日 21:38
春先のものと比べると何だか少し色の薄い感じのオオイヌノフグリでした、オニノゲシは息が長いというのか綿毛になっているものや、これから沢山花を咲かせる成長期のものまでいろいろ有りますね、セイヨウタンポポもオニノゲシも本当に生命力の強い植物だと感心しています。