街の景色(28)。

野外の花と動物、温室の花(2)。
画像
集合住宅の花壇で昨年も取り上げましたムギワラギク(キク科)が、今年もこの寒い時期に奇麗な花を付けています、夏の時期から咲き続けているようで高さ1メートル以上にもなっていますが、この季節ですから素晴らしいと思います。

画像画像


荒川に近い公園の池でオナガガモ(ガンカモ科)を写してみました、左が雄で右が雌になりますが、羽の色が大きく異なっていると思います。
画像画像


区立の植物館で咲いている奇麗な木立性ベゴニア(シュウカイドウ科)です、名はオレイシバースポットと付いていました。
画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年01月23日 10:46
はじめまして 素晴らしい花の写真を拝見し居ると懐かしく思う白馬岳に出会いました、朝日に輝く杓子岳・鑓ヶ岳素晴らしいですね、実は私も8月24日朝日の出の撮影に出たのですが、あそこまで陽が登るまで寒くて我慢出来ませんでした、それにあんな素晴らしい風景が見れるとも知らず残念です。
2008年01月23日 17:34
綺麗なムギワラギクですね。
この花を見ると初夏に咲くように思いましたが、元気に咲いているので驚いています。花びらを触るとカシャカシャとおとがします。以前、ムギワラギクをドライフラワーにしましたが、綺麗に出来ました。
シュウカイドウの花も綺麗ですね。うつむいて咲く花が可愛いですね。
2008年01月23日 18:19
ムギワラギクは初めてです。資料を見たら、花の色つやが麦藁細工に似ているとありました。杏さんのコメントでは、花びらを触るとカシャカシャと音がする、とありますので材質まで麦藁に似ているのでしょうか。面白い花ですね。
OSAMI
2008年01月23日 22:17
デシ健さんコメントア有難う御座います、
8月の白馬は唐松からの縦走でしたからこれがなかなか大変でしたよ、杓子岳などの写真は下山の日ですから良い天気なのに残念な思いをしたことを思いだします。
OSAMI
2008年01月23日 22:17
杏さん今日は、
ムギワラギクは長く咲いていて更に寒さにも強いようですが、花は最初からドライフラワーのようですから寒さに強いのも当然かもしれませんよね、しかし真冬にこのような花があるのも何だか植物の不思議というところでしょうか。
OSAMI
2008年01月23日 22:18
デコウォーカさん今日は、
このムギワラキクは花の咲いた最初からドライフラワーのような感じですから麦藁のようだと思いますけれど、葉は柔らかいてすが寒さに強い面白い花だと思いますよね。
2008年01月24日 07:18
お早う御座います
麦わら菊の黄色の部分が蕊なのでしょうね。変わった咲き方をしていて目立つ花です。見せていただき有り難う御座います。
OSAMI
2008年01月24日 10:07
chiharuさん今日は、
本来の花の季節は夏から秋だと思うのですが、この季節に咲いていると嬉しくなりますよね。