荒川の河川敷。

ヒメジョオン、雉、オヒシバ。
画像
荒川の河川敷には沢山のグランド等がつくられていて、その近くにはいろいろの植物などがありますのでそれらを何回かに分けてアップします。
除草された後から茎を伸ばしヒメジョオン(キク科)が花を付けています、咲いている花の数が少なくてどの花にも昆虫が集まっている感じです、最初は蜂ですがどの蜂も仕事に熱中しているのか近づいても逃げようとしません、最初の2枚は小さな蜂ですが3枚目は大きな蜂てした。



画像

画像

画像


グランドで子供たちがサッカーの練習をしていますが少しはなれたところで餌を探している様な雉です、この後少し接近しようと近づいたら飛び立ってしまいました。
画像

画像


オヒシバ(イネ科)間違えましたシマスズメノヒエ(イネ科)に訂正です、ヒメジョオンの全体画像の右下に写っている植物ですが、黒いものは何だろうとマクロで写して見ました。
何か虫が沢山いるような気持ちの悪い感じですが良く見ると花が咲いているようです、分からないのは鞘が取れて黒い花が咲き白い紐のようなものが沢山付いている事です。
そういえば同じイネ科のお米も黒い花を咲かせるようです。
画像

画像


オヒシバの隣にいた昆虫も写してみました、名前はわかりません。
画像

画像


シマスズメノヒエは南アメリカ原産の帰化植物でオヒバより大きい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年09月03日 09:03
雉が珍しいです。いるんですね、人間の近くにも!
オヒシバはアップで見るとなんだか不気味ですね。
2007年09月03日 09:10
おはようゴザイマス。
荒川の河川敷に、雉がいるんですネ~!(・。・)
ヒメジョオンもカワイイです。(^^)
2007年09月03日 20:15

こんばんは。ヒメジオンはそんなに蜜があるとも思えませんが、たまたまでしょうか?3枚目の蜂に刺されたら怖いですよね。
以前の記事で「雉」を写してらっしゃいましたが、これがあの雉でしょうか?
悠々と歩いていますね~。
4枚目の画像の右側に緑の芽に黒い花のような気持ち悪いものが写っていますが、それがこの黒い花だったのですね。イネ科でしょうか?
この頃夜になると虫が鳴きますが、これでしょうか?名前は??です~。バッタでなくウマオイとか?ベランダにこれが止まっていたのを、仔猫が捕まえて忽ち食べていてビックリ!!弱肉強食の世界ですね。
(私の今朝のアジの干物を、捕られないようにとホイルに包んで流しの横に置いていたのまでしっかり泥棒猫されました~^^^:。)



OSAMI
2007年09月04日 06:19
未来さん今日は、
以前にも春先に雉を写したことがありますがその時は3羽ほどおりました、広い葦原がありますので巣を作っているものと思います、今回のものも雄ですが雌ば開けたところに出てくる事は無いようですよ。
オヒシバはシマスズメノヒエの間違いでした、気持ち悪いですよね。
OSAMI
2007年09月04日 06:20
星乃裕華さん今日は、
以前にも3羽ほど見ていますからどうも葦原の中に巣を作っているようです、未来さんのところにも書きましたが雌は開けたところに出てくる事が無いようですよ。
ヒメショオンは除草された後に草丈の低い形で咲いています。
OSAMI
2007年09月04日 06:22
一花さん今日は、
今河川敷では花が少ないですから少しでもという事かもしれませんね、以前の雉は春で確か3羽いたと思いますが、ここの芦原には縄張りを持った幾つかの巣があるようですね。
最初手元の本でオヒシバと思っていましたが、空き地の雑草を見るとオヒシバの花は白いようでしたから、気になって図書館で調べてみると、外来種のシマスズメノヒエにたどり着いたというところです。
私のところのベランダにも鳴く虫が来ていて夕方から3日ほど鳴いていましたが、その後途絶えてしまいました。
アジは残念でしたね、少し丈夫な容器に容れておかないといけないようですね。