唐松から白馬岳。

唐松岳から白馬岳縦走記録(3)。
画像

昨日も触れましたように唐松山荘に到着するまではガスにまかれた状態ですから、出合ったハナ達を中心に進めていきます。

最初はオニシモツケ(バラ科)が小さな綺麗な花をいっぱい付けています、4枚の花弁ですが飛び出している雄しべが線香花火のように綺麗です、資料を見ると大きいことから鬼が付いたとあります。




画像


ニッコウキスゲ(ユリ科)の群落がありましたが、少しガスで霞んでいました。
画像


潅木の下でオタカラコウ(キク科)が咲き始めていました。
画像


今回初めて見たモミジカラマツ(キンポウゲ科)です、拡大画像で見るとミヤマカラマツと違ってキクの花のようにとても綺麗な形をしています。
画像

画像


シナノキンバイ(キンポウケ科)です、拡大画像は場所が違う所のものですが、黄色の萼はだいぶ汚れた感じになっていますけれど中には実が出来ているようです。
画像

画像


ミヤマシシウド(セリ科)です。
画像


タカネナナカマド(バラ科)です。
画像


キヌガサソウ(ユリ科)です、開花後に相当時間が経過しているようで、大きな白い風車のような花が少し緑色になっています。
画像


オオヒョウタンボク(スイカズラ科)です、この花がとてもユニークで葉の上でダンスをしているペアーのようです、資料を見ると2個の実が癒着してひょうたんの形をしている事からこの名前が付いたとあります。
画像

画像


雪渓が溶けて間もないような所にチングルマ(バラ科)が咲いています、他の一枚は早く咲いて稚児車のように成っている処です。
画像

画像


時期的には開花の終わっているコイワカガミ(イワウメ科)がまだ少し残っていました。
画像


アオノツガザクラ(ツツジ科)がスズランのような可愛い花を付けています。
画像


ここではコバイケイソウ(ユリ科)が開花を初めている処でした、高層湿原などでは大きな花に成りますが、ここでは小さめの花でした。
画像


ヤマハハコ(キク科)が開花しています。
画像


ミヤマダイコンソウ(バラ科)も花の季節は終わりに近いようでした、この花はこの後の縦走の途中で沢山出会った花です。
画像


タカネヒゴタイ(キク科)です、拡大画像で見ると面白い形の花だと思います、咲き始めのピンクのところはとても鮮やかです。
画像

画像


この日の終わり近くになってイワギキョウ(キキョウ科)に出合いました、この花はこの後の縦走中に沢山あって疲れを癒してくれた花です。
画像


上の樺といわれる箇所のダテカンバですが、ここを過ぎると森林限界が終わりハイマツのアルプスらしい風景になります。
画像


支稜線に出ましたがガスが舞っていて太陽もぼんやりとしています。
画像


崖の下を巻いて進んでいます、画像の左先を回りこんだ先に唐松山荘が建っていました、フニッシュまじかの各班です。
画像


前にも書きましたが唐松山荘に到着すると、主稜線の東側は良く晴れていて山荘前からは素晴らしい景色を堪能する事が出来ました。
左から順に眺めると、大黒岳2511メートルです。
画像


五竜岳2814メートルです。
画像


立山2800メートル級の山々です。
画像


剣岳2999メートルです。
画像


唐松岳2696メートルです。
画像


荷物を降ろしてから何回も外に出て素晴らしい景色を眺めていました、位置関係が逆光になり夕日に染まる立山、剣岳という事にはなりませんでしたが、次第に変わっていく色は作家でないとうまく表現できません。
画像


夕焼けの中でシルエットとなった剣岳です。
画像


唐松山荘の夕食です。
画像


続きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年08月15日 20:34
こんばんは。
うわわわわ~、憧れのチングルマ、ミヤマシシウドにカラマツソウ。
モミジカラマツの純白も印象的デス。
標高差があるためか、高山植物の種類も様々ですネ。(^.^)
2007年08月15日 22:16
隊列を組んで進んでいる中で遅れないようにしながら、これだけの花の写真を撮るのは大変ですね。知っている花を見るとそれを見た山を思い出しますし、初めて見る花は良く頭に入れて置こうとしていますが、この方は?です。山荘に到着後に夕日の中で見る山々の景色はさぞ素晴らしかった事でしょう。満足感が伝わってきました。
OSAMI
2007年08月16日 21:01
星乃裕華さん今日は、
このところ毎日画像の整理とブログの作成で孤軍奮闘しています、乗りかかった船ですからしょうがないですかね、体力的に厳しかった登りのところでは写真が取れなかったことを反省していますよ(笑)。
OSAMI
2007年08月16日 21:02
デコウォーカさん今日は、
一瞬だけ立ち止まって写すようにしましたが、やはりメンバーには迷惑をかけていますし、整理してみるとホケテいるものもあったりしてなかなか思うように行かないですね、次の日の風景も良かったですよ満足でした。