唐松から白馬岳。

唐松岳から白馬岳縦走記録。
画像

10から13日にかけて八方尾根から登り、唐松岳から不帰キレットを通り白馬岳まで縦走し、白馬の大雪渓を下った風景と草花の記録です。
八方尾根ゴンドラ等3本のリフトを乗り継いで八方池山荘まで登り昼食の後登山開始です、植村冒険館の企画で総数40名、一つの班は9名で行動し4班の総括リーダーは無線で指示する状況です。

トップの写真はこの時期丁度リフトの足元などで見ごろとなっていたピンクの綺麗なシモツケソウ(バラ科)です。


画像


ゴンドラからの風景と数多く飛んでいたハングライダー等です。
画像

画像


リフトの下で咲いているシナノオトギリ(オトギリソウ科)とシモツケソウです。
画像


花の季節が終わりかけているクガイソウ(ゴマノハグサ科)です。
画像


歩き始めて最初の頃のオニアザミ(キク科)?だと思います、大きな総苞が下向きに付いていて紫色が鮮やかです。
画像

画像

画像


ウメバチソウ(ユキノシタ科)です。
画像


至る所でカライトソウ(バラ科)が風に揺れていて綺麗です、開花の進んだものをアップで見ると棒状のブラシのような感じです。
画像

画像


白い小さい花が固まりのようになっているイワシモツケ(バラ科)です、上から写した画像では雄しべが花弁の模様のように見えています。
画像

画像


ダイモンジソウ(ユキノシタ科)も綺麗な花を付けていました。
画像


ミヤマママコナ(ゴマノハグサ科)の可憐な花です。
画像


タテヤマウツボグサ(シソ科)です、平地で見かけるウツボグサよりも大きくて花の紫色がとても鮮やかです。
画像


続きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年08月13日 19:05
北アルプスからお帰りなさい。天気も良かったようですね。やはり高山の花は綺麗ですね。タテヤマウツボグサは平地のウツボグサとは全然色が違って綺麗ですね。明日以降も楽しみにしています。
2007年08月13日 20:19
こんばんは。
うわ~、白馬ですか!
高山植物の山としても有名ですよネ。
シモツケソウ鮮やかですネ!
次回も楽しみデス。(^.^)
2007年08月13日 21:49
13日に帰ったのですか、UPするのが早いですね。お疲れ様でした。
唐松から白馬にかけてのコースも豪快で花の多い魅力あるコースですね。
天気も良かったようで写真も綺麗に撮れています。楽しませていただきました。
OSAMI
2007年08月14日 05:57
デコウォーカさん今日は、
天気も良かったですが歩いているととても暑かったですし、二日目はすごい長丁場で12時間の行程は厳しかったです、写真を撮る気にならない場合もありました。
OSAMI
2007年08月14日 05:58
星乃裕華さなん今日は、
白馬のお花畑は綺麗でしたが先を急ぐため眺めている暇の無いのが残念でした、何回か続きますが終わりの方では山の風景もアップしますのでお楽しみください。
OSAMI
2007年08月14日 05:59
ミニミニ放送局さん今日は、
唐松から白馬まではキレットもあり又すごい長丁場で12時間の行程は厳しかったですよ、又ご覧になってください。
草木
2007年08月14日 06:43
あこがれの白馬登山、すごいですね。普段は足慣らしなどされていませんか?私は昨日3ヶ月ぶりに明王峠に行ってきましが、脚力が弱り、なんとか行ってきました。しかし、ここは杉林の続く道で、底山でありながら涼味万点でした。
2007年08月14日 07:53
山に行ってらしたのですね。
健脚ですね。
自然の中で咲くいろいろな植物はきっと生き生きして、見つけたときの楽しみも大きいことでしょう。
OSAMI
2007年08月15日 00:48
草木さん今日は、
スワットと階段利用の運動だけですから、足の裏の鍛え方が足りないようです、今回は二日目の12時間の長丁場が厳しかったですね、眺めはとても良かったですよ。
OSAMI
2007年08月15日 00:49
未来さん今日は、
このコースはアップダウンも多くてなかなか大変でした、登山ですから植物も歩きながら見ますし、写真も一瞬立ち止まって写すということで、うまく行かないことが多くありました。