山と草花

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界らん展2007(11)。

<<   作成日時 : 2007/03/09 15:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

世界らん展2007の画像です。
画像

ディスプレイ部門の綺麗な画像です、最初は華道家の作品ですが、正面からは人が写らない様に撮るのが難しくて斜めからの画像となりました。

画像は少し大きいサイズにして有ります、クリック拡大でご覧下さい。




画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


らんの花を綺麗に見せるディスプレイ部門の最優秀賞の作品で、岩の間から水が落ちている巨大な作品です、よくこんな凄いものを作ったというのが驚きの感想です、その他にも蘭を沢山使った美しい作品が沢山有りましたので順次アップします。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


続きます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
カラフルで、綺麗で、まるでおとぎの世界の様ですね。高価なランをふんだんに使って贅沢な遊びでもありますね。
デコウォーカ
2007/03/09 23:47
こんばんは。またまたお上手に、たくさん撮ってありますね。
華道家の作品ですが、基調色は黄色で、対照的に紫を使ったり、赤だったりですね。春を表現するには、黄色が華やかで明るいのでしょうね。花としても黄色が多いってことでしょうか?そして大作にする為に、大木の枝が使われたりしていますね。
下のディスプレイ部門の最優秀賞の作品の「白糸の滝」は3年がかりでしたよね。どうやって此処に運ばれたか?ですよね。また来年の為に、密かに何年も前から準備してあるってことですよね。画像は殆ど人が入っていませんね。やはり、気を使ってトリミングされたり、撮られたりなさってるのですね。
一花
2007/03/09 23:58
デコウォーカさん今日は、
基本的には鉢物或は根のあるもののように感じましたが、中には切花もありましたからそれなりの金はかかっているのでしょうね、出品した会社等の宣伝費ということでしょうか。
OSAMI
2007/03/10 06:36
一花さん今日は、
華のことは不勉強でですが作品を見ると、やはり春を待つ心と春の明るさは黄色という事でしょうね。
私が行った時には最優秀賞製作者が来ていて何だか自慢げにしゃべっていましたが、話は聞きませんでした。しかしどの作品もそれなりに準備していると思いますから、大変だと思いました。
人の顔は出来るだけ入らないようにしましたが、うまく行かないものは顔だけ少しボカシテあります。
OSAMI
2007/03/10 06:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界らん展2007(11)。 山と草花/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる