針ノ木岳2

柏原新道から針ノ木岳その2.
画像

柏原新道の入り口には中部森林管理局の標識もあり、高山植物、蝶の採取禁止や犬などのペット同伴登山禁止などの事項が書いてありました、これを読みながら前回大月市の高川山で犬におどろいた事を思い出していました。



扇沢の砂防堰堤では茶色の濁流が流れていて、上流部の降雨の大きさを考えると先が思いやられるところでした。
画像

36名というパーテイはやはり大きく、すれ違う登山者にはこんにちはすみません36名おりますと挨拶します。
画像

谷間には沢山の雪渓があり、今年の大雪の後を示しているようでした。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 草木

    高山の写真を見ると、やはりダイナミックですね。ハイキングがショパンかシューベルトだとすると、登山はベートーベンの交響楽といったところではないでしょうか。
    2006年07月20日 20:48
  • OSAMI

    草木さん今日は、
    やはりアルブスの山々は近郊の山とは異なる雰囲気があると思います。
    2006年07月21日 06:48