街路樹と公園。

モミジバフウ、ケヤキ。 街路樹のモミジバフウ(マンサク科)が綺麗に紅葉してきました、3か所で写してみましたが今年は綺麗に紅葉している様に感じます。 公園のケヤキ(ニレ科)も綺麗に紅葉していて、午前中の陸上競技場は保育園幼児の遊び場になっています。

続きを読む

マンデビラなど。

マンデビラ、マツバボタン、ハナスベリヒユ、マリーゴールド、ワルナスビ。 街と公園の花です。 垣根に絡んでマンデビラ(キョウチクトウ科)が綺麗に咲いています。 スベリヒユ科のマツバボタンとハナスヘリヒユです。 <街路樹箇所とミニ公園のマリーゴールド(キク科)です。/strong> 公園に蔓延っているワルナスビ(ナス科)です、…

続きを読む

ディプラデニアなど。

ディプラデニア、スイレン、スペアミント、ヤブガラシ(アゲハ蝶)。 街や公園の花です。 綺麗に咲いているディプラデニア(マンデビィラ)(キョウチクトウ科)です、4枚目はフェンスに絡んで咲いているもので青空をバックにして写してみました。 綺麗に咲いたスイレン(スイレン科)です、噴水の水でスイレンの葉に水玉が出来ているのが面白いです。 綺麗に咲いたス…

続きを読む

サギソウなど。

サキ゜ソウ、デュランタ、ペチュニア、マリーゴールド。 公園の花です。 管理事務所で育てているサギソウ(ラン科)が咲き始めています、本当に鷺が飛んでいる様なとても優美な姿で綺麗です。 デュランタ(流通名タカラヅカ)(クマツヅラ科)も綺麗に咲いています。 花壇の綺麗に咲いたペチュニア(ナス科)です。 花壇で綺麗に咲いているマリーゴール…

続きを読む

キツネノカミソリなど。

キツネノカミソリ、ウバユリ。 公園の花です。 市街地に隣接する公園の斜面でキツネノカミソリ(ヒガンバナ科)が綺麗に咲いています、普段花などが咲く様な場所ではありませんから一時の華やぎです。 次の3枚は園の中でそれなりに維持されているキツネノカミソリですし、最後の一枚は公園の中で自然状態を維持するために立ち入り規制されている場所のキツネノカミソリです。 …

続きを読む

オミナエシなど。

オミナエシ、オニユリ、ボタンクサギ。 区立植物園の花です。 オミナエシ(オミナエシ科)が綺麗に咲いて花盛りになっています、秋の七草の一つで、乾燥させた根は利尿などの薬効があるとされています。 日当たりの場所では花は終わっていましたが、樹木の下のオニユリ(ユリ科)は綺麗に咲いています。 花が終わっているものが多い中で、これから花盛りになるホボタン…

続きを読む

アメリカホドイモなど。

アメリカホドイモ、ガウラ、シカクヒマワリ、キクイモモドキ、ミズカンナ。 小石川植物園の花です。 アメリカホドイモ(北アメリカ)(マメ科)が綺麗な花を咲かせています。 ガウラ(ハクチョウソウ)(アカバナ科)も大分咲きすすみ先端に花が咲いている状況ですがなかになか綺麗です。 シカクヒマワリ(キク科)も綺麗な花が咲き始めています。 …

続きを読む

ベッカニガキなど。

ベッカニガキ、ハマナツメ。 小石川植物園の花です。 大きな樹に沢山のコンベイトウの様な花が付いたベッカニガキ(アカネ科)です、最初3枚はマクロで写したもので、3枚目は花が咲く前のものです。 ハマノナツメ(クロウメモドキ科)の花です、とても小さい花ですのでマクロで写してみましたが、手持ちなので少し焦点位置などが気になりますが面白い花です。

続きを読む

クマツヅラなど。

クマツヅラ、ニンジンボク。 小石川植物園の花です。 クマツヅラ(クマツヅラ科)です、小さな花が茎の先で咲いていて風に揺れています、次に取り上げているニンジンボクもクマツヅラ科で花は少し似ている様に思います。 3種類のニンジンボク(クマツヅラ科)です。 咲き始めのニンジンボクです。 タイワンニンジンボク(中国、インド)です。 セイヨウ…

続きを読む

オグルマなど。

オグルマ、ベニバナ、ダイコンソウ、キカラスウリ。 小石川植物園の花です。 分類標本園でオグルマ(キク科)が綺麗に咲いています、3枚目以降は薬草園のオグルマで丈が1.5メートル程にも成長していて、見上げる感じに成っていて同じオグルマかと気になります、標識には根が健胃、利尿と記載されています。 ベニバナ(キク科)です、標識には花冠が血症と記載されています。 …

続きを読む

アザミゲシなど。

アザミゲシ、トウゴマ、ミソハギ、エゾミソハギ、キバナミソハギ。 小石川植物園の花です。 黄色がとても鮮やかなアザミゲシ(ケシ科)の花です、早く咲いていたシロアザミゲシは種が出来て枯れそうになっています。 トウゴマ(トウダイグサ科)です、赤い花の雌花が上部に付き下部に沢山の雄花が付いています、標識には熱帯アジア原産で、種子が下痢の薬になると記載されています。 …

続きを読む

ヤブミョウガなど。

ヤブミョウガ、サボンソウ、アマ、ゼンテイカ、ノカンゾウ、ヤブカンゾウ、ユウスゲ。 小石川植物園の花です。 樹木の下で群生したヤブミョウガ(ユリ科)が綺麗に咲いています。 分類標本園で少し盛りを過ぎていますが綺麗に咲いているサボンソウ(ナデシコ科)です。 薬草園のアマ(中央アジア)(アマ科)です、小さく可愛い綺麗な花で左手の指先で支えながら写してみま…

続きを読む

ルリタマアザミなど。

ルリタマアザミ、ナギナタソウ、コマツナギ。 小石川植物園の花です。 分類標本園でルリタマアザミ(エキノプス)(キク科)が綺麗に咲いています、2枚目と3枚目は咲き始めと咲く前の毬栗の様な処をアップで写してみましたがなかなか綺麗てす。 盛りを過ぎたナギナタソウ(小アジア、インド)(ナギナタソウ科)です、最初の2枚は雄株の花で、この形が長刀に似ていますからナギナタソウ…

続きを読む

ハナハッカなど。

ハナハッカ、ダントク、リョウブ、ハマボウ。 小石川植物園の花です。 分類標本園でハナハッカ(オレガノ)(中国、台湾)(シソ科)が綺麗に咲いています、小さな花が纏まって咲いていて綺麗です。 可愛い花のダントク(カンナ科)です、花はカンナと似ていますが大きさは数分の一しかない綺麗な花です。 盛りを過ぎていますがリョウブ(リョウブ科)も綺麗に咲いています…

続きを読む

クサフジなど。

クサフジ、シオデ、イヌヌマトラノオ。 自然教育園の湿地の花(2)です。 池の側では綺麗なクサフジ(マメ科)がさいています、アップにしてみると紫色が鮮やかでとても綺麗な花です。 咲き始めたシオデ(ユリ科)の花です、花火の様に広がった先端に可愛い花が付いています。 少し盛りを過ぎたイヌヌマトラノオ(サクラソウ科)です、草地の中で群生してたいますし丁…

続きを読む

チダケサシなど。

チダケサシ、トモエソウ。 自然教育園の花です。 手元の資料では白花のものが掲載されていますが、自然教育園の池の側では薄いピンク色のものになど3色のチダケサシ(ユキノシタ科)が綺麗に咲いています、「チダケ」というキノコを刺して運ぶのにこの茎を使ったことからこの名前が付いたと言われています。 池の側の湿地で咲いているトモエソウ(オトギリソウ科)です、強い…

続きを読む

ミヤマカラマツなど。

ミヤマカラマツ、ヤブレガサ、コマツナギ、カンゾウ、ヘメロカリス、ユリ。 小さな区立植物園の花です。 綺麗に咲いているミヤマカラマツ(キンポウゲ科)です、環境が合っていないのか山で見るものより少し生育が悪い様ですし、白く長い雄しべが線香花火の様に見えます。 ヤブレガサ(キク科)です、若葉の形から「破れ傘」の名前が付いたと言われています。 少し離れた位置に…

続きを読む

あじさいまつり。

アジサイ、あじさいまつり風景。 先週行われていた文京区あじさいまつりに仲間と出かけて写したものです、小さな公園と隣接する白山神社が会場になっています、色の鮮やかなハイドランジア(ユキノシタ科)も沢山ありますし形の面白いフクスケ、真っ白のアナベル、花穂のようなカシワバアジサイなどを写してみ煮ました。 会場の一部には綺麗なユリ(ユリ科)も咲いています。 …

続きを読む

キキョウソウなど。

キキョウソウ、オオトウワタ、ムラサキスズメノオコゲ、シロアザミゲシ、アサツキ。 小石川植物園の花です。 いろいろの所で雑草と一緒に綺麗なキキョウソウ(キキョウ科)が咲いています、北アメリカ原産のこの花は観賞用に栽培された事があり白花もあると資料にあります。 オオトウワタ(ガガイモ科)の早いものが咲き始めています、アスクレピアシス(ヤナギトウワタ)よりは花が大分大きい…

続きを読む

アワブキなど。

アワブキ、フシノハアワブキ、ハグマノキ、ヒイラギズイナ、コバノズイナ。 小石川植物園の花です。 大きな樹のアワブキ(アワブキ科)が沢山の花を付けていて遠くからでも目立っています、この木は燃やすと切り口から泡を吹くことが名前の由来と言われています。 こちらも大きな樹のフシノハアワブキ(アワブキ科)ですが、この時は未だ開花直前というところでした。 …

続きを読む

ハシドイなど。

ハシドイ、シセンテンノウメ、クロガネモチ、ナツボダイジュ。 小石川植物園の花です。 ハシドイ(モクセイ科)が綺麗に咲いています、この花はモクセイ科ですから花にも良い香りがあります。 梅そっくりのシセンテンノウメ(中国)(バラ科)の綺麗な花です。今年はなぜだかまばらにしか咲いていませんでした。 大きい樹ですから集まっている虫達の羽音が響いているクロガ…

続きを読む

ガビハナミズキなど。

ガビハナミズキ、イイギリ、セッコウガキ、イボタノキ。 小石川植物園の花です。 普通に見るハナミズキとは少し様子の違うガビハナミズキ(中国)(ミズキ科)です、2枚目の写真の様に横から見ると 茎が長くて竹とんぼの様な感じです。 花の季節はほぼ終わっていますが未だ少し残っているイイキリ(イイギリ科)の花です、イイギリは雌雄別株でこの花は雄株のものです。 …

続きを読む

フェイジョアなど。

フェイジョア、マリアアザミ、オガサワラアザミ、アザミ。 小石川植物園の花です。 区立植物園のものは未だ蕾の状態ですが、ここでは木も大きく沢山のフェイジョア(フトモモ科)の花が咲いています、真紅の雄しべと雌しべがとても印象的な花ですし、ウズラの卵の様な果実は食用に成ると聞いています。 マリアアザミ(地中海沿岸)(キク科)です、草丈も1メートルに成り花の周りの素晴らしく…

続きを読む

イソトマなど。

イソトマ、アカンサス、サルビア、ムラサキセンダイハギ、オギザリス、ツルハナナス、カミミール。 代々木公園の花です。 雑草の中から綺麗に咲いている感じになっているイソトマ(キキョウ科)です、周りにある多くの緑の植物が雰囲気を盛り上げている様に見えます。 大きい樹木の下でアカンサス(キツネノマゴ科)が咲いています、少し薄暗い所では何となく動物の口の様なところが少し不気味…

続きを読む

クレマチスなど。

クレマチス、ガーデンサルビア、テンニンギク、アリウム。 代々木公園の花です。 ダリアの様な面白い花のクレマチス(キンポウゲ科)が綺麗に咲いています、クレマチスは別名カザグルマと呼ばれますが良く見る風車の様な花とはだいぶ感じか違います。 ガーデンサルビア(シソ科)だと思い前す、資料には常緑亜低木と記載されています。 色の変化があって綺麗なテンニンギク…

続きを読む

リナリアなど。

リナリア、シロバナムシヨケギク、トケイソウ、ヘンルーダ、コデチア。 代々木公園の花です。 キンギョソウに少し似ている可愛い花のリナリア(ゴマノハグサ科)が綺麗に咲いています。 シロバナムシヨケギク(キク科)と思われる花が綺麗に咲いています、以前は蚊取り線香の原料とて利用されたと聞いています。 トケイソウ(トケイソウ科)もいつ見てもおもしろい花を…

続きを読む

ニゲラなど。

ニゲラ、サルビア、ルビナス。 代々木公園の花です。 何回か取り上げているニゲラ(キンポウゲ科)ですが、ここでは多くの花色がありなかなか綺麗でした、中でも4枚目と5枚目は色と形が初めて見るものでした。 サルビア(シソ科)も綺麗に咲いています。 花は小さめでしたがルビナス(マメ科)が綺麗に咲いています、別名ノボリフジと言われる様に長い花穂が下か…

続きを読む

薔薇。

薔薇各種。 バラの季節も終わりに近づいていますほんの少しと前に写した代々木公園のバラもお蔵入りになってしまいそうなので一気にアップします。

続きを読む

チョウジソウなど。

チョウジソウ、オオジシバリ、ナニワイバラ、エニシダ、スイカズラの仲間、風景。 小石川植物園の花です。 湿気のある所に適した多年草のチョウジソウ(キョウチクトウ科)です、薄紫の花が綺麗ですしレッドデーターブックでは絶滅危惧種Ⅱ類に指定されています。 オオジシバリ(キク科)です、イワニガナとそっくりですが葉の形が違いますしハナニガナより花弁の数が多いと思います。 …

続きを読む

ルナリアなど。

ルナリア、ウマノアシガタ、イチハツ、ジャーマンアイリス、ドイツアヤメ、カマヤマショウブ、キシハョアウブ、カキツバタ。 小石川植物園の花です。 露地植えのルナリア(ゴーダソウ)(アブラナ科)が一本だけ綺麗な花を咲かせています、この花の面白い所は種の入った鞘が小判の様な形になり、色ずくと小判が沢山生っている様です。 ウマノアシガタ(キンポウゲ科)です、扁桃炎への薬効と記…

続きを読む