ウチワノキなど。

ウチワノキ、コブシ、ユキヤナギ。 小石川植物園のウチワノキ(朝鮮)(モクセイ科)が満開になっていました、1メートルに満たない低木ですが丁度花盛りになっていて綺麗でした。 大きな樹のコブシ(モクレン科)は上の方は良く咲いていますが、下枝の方はこれからというものもありらますので写してみました、毛の付いた綿帽子を脱いで花が出てきます、綿帽子の段階で小さな葉が出ているもの…

続きを読む

サンシュユなど。

サンシュユ、梅、オガタマノキ。 小石川植物園の大きなサンシュユ(ミズキ科)が花盛りになっていて綺麗です、遅咲きの梅とのコラボユも素晴らしい風景です。 花盛りになり綺麗な遅咲きのウメ(バラ科)2点です、最初は花が大きくて綺麗な「楊貴妃」という銘で、次は「開運」という銘です。 大きな樹のオガタマノキ(モクレン科)に沢山の小さな花が咲いています…

続きを読む

モミジイチゴなど。

モミジイチゴ、レンギョウ。 小石川植物園の花です。 日当たりの良い斜面でモミジイチゴ(バラ科)の白い清楚な花が咲く初めています。 レンギョウ(モクセイ科)が満開で綺麗です、始めの4点はチョウセンレンギョウで、後の2点はレンギョウです、同じ4枚の花弁ですがチョウセンレンギョウの方が花弁が細く花弁の間が開いている様に見えます。

続きを読む

アミガサユリなど。

アミガサユリ、キランソウ、スミレ、ハナニラ。 小石川意植物園で咲いている野の花です。 何か所かで雑草の中でアミガサユリ(バイモ)(ユリ科)が咲き始めています、雑草に寝転がり何とか裏側から編み笠の感じを写してみました。 キランソウ(シソ科)も咲き始めています、地獄に蓋をして病人をこの世に戻すことからジゴクノガマノフタの別名を持つ薬草で綺麗な花です。 …

続きを読む

ツツジ。

ゲンカイツツジ、サクラツツジ、ハヤトミツバツツジ。 小石川植物園で咲いているツツジ(ツツジ科)です。 最初はゲンカイツツジで艶やかな咲き方の花ですが花の数は少ない様です。 白の清楚なサクラツツジです。 ピンクの艶やかなハヤトミツバツツジです、隼人の名前が付く鹿児島のツツジです。

続きを読む

カラスノエンドウなど。

カラスノエンドウ、キジムシロ、スズランスイセン、ヒマラヤユキノシタ、ムラサキハナナ、ヒアシンス、シバザクラ、ハーデンベルギア、花壇。 溜まった資料を一気にアップしました。 最初は咲き始めたカラスノエンドウ(マメ科)です。 キジムシロ(バラ科)とスズランスイセン(ヒガンバナ科)です。 ヒマラユキノシタ(ユキノシタ科)です。 ムラサキハナナ(アブ…

続きを読む

ユキワリイチゲなど。

ユキワリイチゲ、コキクサキクイチゲ、キクサキイチゲ、リキュウバイ、キタテハ。 小石川植物園で野生化状態のユキワリイチゲ(キンポウゲ科)が大分綺麗に咲いてきました。 区立植物園のコキクサキイチゲ(キンポウゲ科)です、この時は一輪だけ綺麗に咲いていました。 キクサキイチゲ(キンポウゲ科)も綺麗な花を付けています。 リキュウバイ(バラ科)も開…

続きを読む

モクレイシなど。

モクレイシ、オガタマノキ、サトザクラ、ヤシャブシ、ジョウビタキ、ヒヨドリ。 小石川植物園の花木(その5)です。 モクレイシ(ニシキギ科)です、最初の2枚はマクロで後のものはズームアップの画像です、少し日陰の所ですしマクロは光量が足りなくて色が少し違って写っています、最後は未だ実の付いている所を写してみました。 オガタマノキ(モクレン科)の開花しそうな蕾で…

続きを読む

カンヒザクラなど。

カンヒザクラ、ウンナンオウバイ、サクラツツジ、ミツバツツジ、トサミズキ。 モクレンやカタクリなどで中断していましたが小石川植物園の花木(その4)です。 大きな木のカンヒザクンラ(バラ科)が綺麗に咲いています。 ウンナンオウバイ(モクセイ科)も綺麗になってきました。 サクラツツジ(ツツジ科)が少し咲いています。 ハヤトコツバツツ…

続きを読む

ダンコウバイなど。

ダンコウバイ、シンジユ、モモ、ウグイスカグラ。 区立植物園のダンゴウバイ(クスノキ科)が花盛りです、サンシュユとよく似た花が綺麗に咲いています、3枚目は綺麗な飛行機雲とのコラボでほす。 飛行機雲とシンジユ(ニワウルシ)(ニガキ科)です。 街中の住宅でモモ(バラ科)が咲き始めています。 公園で咲いているウグイスカグラ(スイカズラ科)で…

続きを読む

カタクリなど。

カタクリ、シヨウジヨウバカマ、ヒロハアマナ、アマナ。 区立植物園の斜面でカタクリ(ユリ科)が咲き始めています、1週間ほど前には影も形もなかったところですから早春の爽やかな感じです。 少し柵から距離がありよく見ないと分からないのですが、シヨウジヨウバカマ(ユリ科)も咲き始めています。 咲き始めたヒロハアマナ(ユリ科)です、落ち葉の間から可愛い花が咲…

続きを読む

ニシキマンサクなど。

ニシキマンサク、ハヤザキクマンサク、マンサク、梅。 小石川植物園の花木(その3)です。 ニシキマンサクン(マンサク科)が丁度花盛りです。 少し離れた所ではハヤザキマンサ(マンサク科)が綺麗です、こちらには2枚目の写真のように花の横に昨年の実の殻が付いていて面白いと思いながら写してみました。 少し日陰の様なところで綺麗にさいているマンサク(マンサ…

続きを読む

ユキヤナギなど。

ユキヤナギ、ミツマタ、サンシュユ。 小石川植物園の花木(その2)です。 ユキヤナギ(バラ科)も大分綺麗になってきました。 ミツマタ(ジンチョウゲ科)も少し咲いています、このミツマタは普通のもので以前取り上げた園芸種の様な大きな花と比べると半分くらいの大きさです。 以前街のサンシュユを取り上げましたが、ここのものは5メートルほどもある大きな木でと…

続きを読む

ネコヤナギなど。

ネコヤナギ、トサミズキ、蛙。 公園のネコヤナギ(ヤナギ科)もシベが出ていてなかえなか綺麗です。 トサミズキ(マンサク科)も大分開いてきました、黄色と赤がなかなか綺麗です。 公園の池では沢山の蛙が集まりとても賑やかです。  

続きを読む

雪割草。

ユキワリソウ。 区立植物園の露地のユキワリソウ(キンポウゲ科)も綺麗になっています。 資料を見るとこの種類にはスハマソウ、ミスミソウ、ケスハマソウ、オオミスミソウがあり、流通名としてはこれらをユキワリソウ(雪割草)としているありますので、ここではユキワリソウとします。 この季節は丁度室内で「雪割草の展示」が行われていますので写してみました、室内で光も弱く手持…

続きを読む

浜離宮恩賜庭園。

アセビ、梅、池、ナノハナ、ビル風景。 大きいアゼビ(ツツジ科)が良く咲いています。 梅林の梅も綺麗でしたが中の御門近くで一本だけのウメ(バラ科)が綺麗に咲いているところを写してみました。 池と中島の御茶屋そして高層ビルの風景です。 綺麗なナノハナ(アブラナ科)の風景です。 高層ビルに出来た影の面白い風景です、最初のアップで…

続きを読む

ナノハナなど。

ナノハナ、カンヒザクラ、シギ、ユリカモメ。 浜離宮恩賜庭園の花です。 この庭園は徳川将軍家の庭園といわれるもので、この季節は電車の中でも宣伝されているナノハナ(アブラナ科)を写してみました、周りが高層ビルですから独特の雰囲気があります。 3枚目は小鳥が来ていますので写したものですが、蜜だけではなくどうも花と一緒に食べているようでした、ムクドリのように見えます。 …

続きを読む

セリバオウレンなど。

セリバオウレン、ユキワリソウ、シジュウカラ。 区立植物園の花です。 以前雪の中ので咲き始めた時を取り上げましたが、ここに来て綺麗に咲いているセリバオアレン(キンポウゲ科)です。 地表に花だけが咲いている様に見えるユキワリソウ(キンポウゲ科)です、ミスミソウとかスハマソウの名前も有る様ですが良く分かりませんのでここではユキワリソウとしました。 後の2点は鉢植…

続きを読む

サンシュユなど。

サンシュユ、トサミズキ、スノードロップ。 公園の花木も咲き始めました。 最初しは良く咲いている枝と全体像のサンシュユ(ミズキ科)です、黄色が鮮やかでとても綺麗です。 トサミズ(マンサク科)も早いものが少し咲いています、黄色と赤のコントラストが綺麗です。 スノードロップ(ヒガンバナ科)も可愛い花を付けています。

続きを読む

梅園など。

梅園、サルスベリ、スズカケ、ムニンタツナミソウ、小石川植物園、スカイツリー。 小石川植物園の梅園も咲きそろい綺麗になっています。 大きなサルスベリの白い綺麗な木肌が並んでいる光景も気に入ってます。 巨木のスズカケが並ぶ光景もこの季節ならではの光景で気に入っている風景の一つです。 近くの高いビル(文京区役所展望台)から写した小石川植物園の…

続きを読む

ウンナンオウバイなど。

ウンナンオウバイ、ユキワリイチゲ、タチテンノウメ、鯉。 込石川植物園の大きなウンナンオウバイ(モクセイ科)も綺麗な花が咲き始めています。 以前に咲き始めを取り上げましたユキワリイチゲ(キンポウゲ科)も大分綺麗な花が咲いてきました。 池の鯉も人が近づくと餌を求めて集まってきます。 温室に咲いているタチテンノウメ(バラ科)(小笠原)です、純…

続きを読む

カンザクラなど。

カンザクラ、ダイサギ、オオイヌノフグリ、コゴメイヌノフグリ。 小石川植物園のカンザクラ(バラ科)です、少し盛りを過ぎていますが大きな古木ですしなかなか素晴らしい光景です。 池で餌を探しているダイサギです。 ゴマノハグサ科のオオイヌノフグリとコゴメイヌノフグリです、2枚目の写真に一つだけコゴメイヌノフグリが写っていますので大きさを比較出来ると思います。…

続きを読む

まつだ桜まつり。

カワズザクラ、ナノハナ。 神奈川県松田町の松田山ハーブガーデンで開催されている「まつだ桜まつり」の風景です。 今年はカワズザクラも少し遅れ気味のようで、「桜まつり」の期間も延長されると発表されていますが、南向きの斜面に植えられているカワズザクラとナノハナが素晴らしい光景で多くの人出で賑わっていました。 7枚目の写真は三脚も置かれているビューポイントですが、残念ながらこの日は富士…

続きを読む

マンサク。

ハヤザキマンサク、アテツマンサク。 小石川植物園で綺麗に咲いている二種類のマンサクです。 最初はハヤザキマカサク(北アメリカ)(マンサク科)です。 黄色がとても鮮やかなアテツマンサク(マンサク科)です、最後に掲示してある説明を付けておきました、アテツマカンサクは故牧野富太郎博士の命名です。

続きを読む

フクジュソウなど。

フクジュソウ、セリバオアウレン、ハボタン。 以前咲き始めを取り上げました区立植物園のフクジュソウも、少し葉も見えてきて綺麗になっています、少し横の日陰には残雪も残っていました。 以前取り上げましたセリバオウレンも雪の中で可愛い花を咲かせています。 街の花壇のハボタンです。

続きを読む

カンザクラなど。

カンザクラ、皇居東御苑風景。 皇居東御苑のカンザクラ(寒桜)(バラ科)も大分綺麗に咲いています、ここのカンザクラは未だ若木の部類に入るものだと思いますが、周囲を華やかな感じにさせてくれています。 皇居東御苑の風景。 大手門。 本丸入口で修復され綺麗になった石垣と団体の一行です。 二の丸庭園の綺麗なケヤキの風景です。 本丸…

続きを読む

梅など。

梅、マンサク、ヤブツバキ。 皇居東御苑の梅林坂の梅も大分咲きそろって綺麗になっています、皇居東御苑は多くの外国の観光客に出会うのですが、梅に興味を示されているのは日本人の方が多い様に見えます。 マンサク(マンサク科)も少し咲いています、枯葉の付き方などからシナマンサクだろうと思いますがこれから本番になるようです。 ヤブツバキ(ツバキ科)はいろいろのと…

続きを読む

オギザリスなど。

オギザリス、花壇、セリバオウレン、凍結。 街で綺麗に咲いているオギザリラス(パーシカラー)(カタバミ科)がありましたので写してみました。 ミニ公園の可愛らしい花壇です。 区立植物園でセリバオアウレン(キンポウゲ科)が少し咲いていました。 公園の水路で水位が高い時に凍結しその後水位が下がった事なのか面白い凍結した風景がありました。

続きを読む

モクレイシなど。

モクレイシ、メジロ、梅園。 前回一度取り上げました小石川植物園のモクレイシ(ニシキギ科)ですが、緑の皮が剥けて真っ赤な実が出来ることが面白いと思いマクロの画像を入れて再度取り上げてみました。 梅とメジロです。 梅園も大分咲きそろい綺麗になってきました。

続きを読む