テーマ:山歩き

里山の花など。

ナンテンハギ、オケラ、アザミ、ヤマハッカ、キバナアキギリ、ヒヨトセリジョウゴ、エノコログサ、ウド、リンゴ。 10月の上旬にハイキングに行った里山の花などです。 青紫のきれいな花を付けているナンテンハギ(マメ科)です、葉の形が樹木のナンテンの葉に似ていることからこの名前が付いたと言われています。 シベの形…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

那須岳(2)。

那須岳の紅葉と茶臼山(2)。 茶臼岳山頂からの眺望です、4枚目で見ると左側の雲が山頂にかかっているのが三本槍岳1916メートルで右の尖った山が剣ゲ峰そして足元の茶臼岳が1915メートルです。 茶臼岳のオカマです、手前に茶臼岳の陰が写っていますしオカマには水がありません、画面の上側に見えるのがオカマ巡りの道…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

那須岳。

那須岳の紅葉と茶臼山。 連休末日の晴間をねらって那須岳の紅葉を見てきました、NHKが紅葉情報を流した事もありケーブルカー山麓駅までの1時間程度の道は登り3時間、下り2時間と大変な混雑でした。 気温も高く晴天に恵まれ綺麗な山の紅葉を見る事が出来ました、綺麗な紅葉は剣ゲ峰(1799)の南斜面です。 那須…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

不動滝など。

不動滝、白滝、センニンソウ、キツネノカミソリ、オミナエシ。 8日の続きです。 高山不動三滝の一つ不動滝です、猛暑続きで水量は少なく迫力はありませんが、この岸壁に懸かる約20メートルの滝は高山不動尊の修行場で、行者が修行する行場であったといわれています。 高山不動三滝の一つ白滝です、こちらも水量が少なく迫力が…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

タマアジサイなど。

タマアジサイと大滝。 週末にグループで埼玉県飯能市にある高山不動三滝を歩いてきました、最初の大滝の付近にでは沢山のタマアジサイ(ユキノシタ科)の株があります。 全体的には咲き始めというところですが綺麗に咲いている株もあります。 大滝の側の岩には少しだけ綺麗なイワタバコ(イワタバコ科)が咲いていました…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

妙義山。

妙義山ハイキング。 先週末の晴間にグループで妙義山のハイキングに行きました、今回のコースはノンビリハイクで関東ふれあいの道となっている妙義山中間道のコースですから鎖場などのほとんど無いコースです。 中之岳神社の近くに在る大きな駐車場から歩き始めます、素晴らしい妙義山の一部が見えていますし、ソメイヨシノなども満開で花見を楽…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

子ノ権現。

雪のある子ノ権現参拝(2)。 山門を入ると大きな仁王像があります、仁王像は着色されていてとてもカラフルな姿になっています。 庫裏は桧皮ぶきの重厚な建物です、車が写っているのが何とも異質な感じです。 本堂にお参りし何時までも元気で山に登れますようにとお願いしました。 本堂の横には…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

子ノ権現。

雪のある子ノ権現参拝。 週末にグループで雪の残る子ノ権現(ネノゴンゲン)(640メートル)に参拝しました、子ノ権現は昔から足腰を強くする権現様としてハイカーにも人気のある山です。 最初は雪が花が咲いた様になっています。 川沿いの道では苔が木に沢山ぶら下がっています、川沿いに発生する霧で成長しているのかと…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

官の倉山。

吉田家住宅、官の倉山、和紙の里。 先週グループで埼玉県小川町の官ノ倉山(344m)を散策した記録です。 最初に立ち寄った吉田家住宅の様子です、後の写真にあるようにこの住宅は国指定重要文化財で、説明文に在りますように、棟札から1721年に建築されたことが確認され、県内最古の建築物とされています。(クリック拡大でご覧下さい)…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

吾妻耶山。

吾妻耶山その2。 山頂からの眺望です、開けている北側の方向には雄大な谷川岳が見えるはづですが、雲がかかっていて頂は見えません、2枚目の写真では仙の倉山から万太郎山付近の稜線が見えています。 山頂には石造りの神社が3社鎮座しています。 神社のいわれ等を説明した標識を写しアップしましたので、お時…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

吾妻耶山。

吾妻耶山その1。 先週末にグループで水上温泉の近くにある吾妻耶山(アズマヤ)(1341メートル)に行って来ました。 最初の写真はこの季節多く見られたアキノキリンソウ(キク科)です。 下牧PAから見た吾妻耶山です、登山道は写真の裏側から登ってくることに成ります。 山頂に表示したあった標識の一部で…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

千畳敷カール4。

千畳敷カールの高山植物4。 ムカゴトラノオ(タデ科)です、イブキトラノオと較べると小さなトラノオですが、名前のように花穂の下部に沢山のムカゴが付いていて、このムカゴで繁殖するシステムです。 一緒に咲いている白い花はシラネニンジン(セリ科)だと思います、お花畑にはムカゴトラノオが広く群生している区域があります。 …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

千畳敷カール3。

千畳敷カールの高山植物3。 コウメバチソウ(ユキノシタ科)です、この花は池の近くの少し湿気の多い所に咲いています、資料を見るとこの花の形が天満宮の紋に似ていることからこの名前が付いたといわれています。 コイワカガミ(イワウメ科)です、コイワカガミの季節は終わりの様で花の咲いている株は少ないようでしたし、丈のあ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

千畳敷カール2。

千畳敷カールの高山植物2。 アオノツガザクラ(ツツジ科)です、スズランの様な可愛い花が下向きに咲き大きな群落を作っています。 クルマユリ(ユリ科)です、丈の有るこの花はお花畑の中でも少し顔を出した様に咲いていますから、とても良く目立ちますし反り返った花弁の可愛い花です。 ウサギギク(キク科)です…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

千畳敷カール。

千畳敷カールの高山植物。 先週末に中央アルプスの千畳敷カールをを散策してきました、山の仲間ではなく普通の主婦などですから日帰りのバスツアーです、前線の通過で雨を予想しましたが散策の時は雨も無く何とか楽しい散策をする事ができたと思います。 最初は丁度盛りのように綺麗に咲いているコガネギク(キク科)です。 スピード…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

御岳山。

御岳山のロックガーデン散策です。 先週末に御岳山のロックガーデンをグループで散策しました、ケーブルの駅周辺を含めていろいろのところに綺麗に咲いているのがタマアジサイ(ユキノシタ科)です、玉が割れる感じのところを写して見ました。 散策路のセンニンソウ(キンポウゲ科)です、ケーブルカー下のバス停付近では全体が白くなる…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

レンゲショウマ。

御岳山のレンゲショウマ。 14日にグループで御岳山のロックガーデンを散策した後は自由行動としましたので、御岳山のレンゲショウマ群生地を散策しました、昼過ぎに少し強い雨もありましたから水滴の付いたレンゲショウマに成りました。 丁度祭りの期間中ですし月遅れのお盆ですから多くの人出でケーブルカーなど混雑していましたが、雨の影響で足…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

入笠山(3)。

ズミ、スズラン、風景。 広々とした山頂にニワウメのような綺麗な花を付けた木が何本かあります、葉と花の形は近くに咲いているズミと同じですから、これもやはりズミなのかな?というのが参加者の合意でした。 山頂から西側を見ると広い入笠牧場が見えます、段々のように仕切りの樹木があって白い花が咲いている様に見えま…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

入笠山(2)。

クリンソウ、ニリンソウ、マイヅルソウ、ツマトリソウ、レンゲツツジ。 湿原と山の花です。 この季節に綺麗に咲き始めているクリンソウ(サクラソウ科)です。 ニリンソウ(キンポウゲ科)です。 マイヅルソウ(ユリ科)です。 ツマトリソウ(サクラソウ科)です。 レンゲツツジ(…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

入笠山。

入笠湿原、ズミ。 先週末にバス一台の団体で入笠湿原と入笠山(ニュウガサヤマ)(1955m)を散策してきました。 約730mの高低差のあるゴンドラで一気に登りますが、2枚目の写真のように湿原などを目的とする人の他に多くのマウンテンバイクの人達がいました、3枚目はゴンドラの下の急斜面を疾走するマウンテンバイクをゴンドラから写して…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

三頭山と花など。

三頭山からの風景、三頭大滝、花。 最初は山頂からの富士山風景です、青空がなくてすっきりしない富士山でしたが、18日に富士山では降雪があったのか沢山の雪が有るように見えます。 富士山のすぐ右に見える山が三ツ峠山で、お昼の時間にも雲海が広がる珍しい景色になっていました。 東京都の最高峰の雲取山と三頭大滝の風…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

三浦富士。

武山、砲台山、三浦富士。 足の様な形をした三浦半島ですがその足の甲のようなところに武山(200m)、砲台山(204m)、三浦富士(183m)が有ります、14日金曜日にグループでこの山のハイキング行きました。 最初は京浜急行の津久井浜駅から歩き始めて武山の登山道に入る手前で写した富士山です、キャベツ畑の先に雪を被った富士山が少…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

御嶽山(4)。

剣が峰から飯森駅(2)。 紅葉風景の続きです岩や石と紅葉が良いなと思いながら写して見ました、登山ですから荷物を軽くする必要から、いつものデジカメでなくコンパクトデジカメにした事で、画像を見ながら大きいカメラを持ってゆくべきだったと悔しい思いをしています。 八合目の女人堂付近には多くの石仏等があります、振り返る…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

御嶽山(3)。

剣が峰から飯森駅(1)。 天気が急速に悪化している事と東京までの高速道路の混雑を考えて山頂での時間をあまり取らないで下山にかかります。 石のごろごろした登山道は歩きにくく要注意です、山頂は風もあり寒さを感じる状況でしたから皆さんが防寒着を着用しています、最初の画像で左下の方に小さく登山者の行列がみえますが、行列の部分をア…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

御嶽山(2)。

王滝頂上から剣が峰。 最初は王滝頂上から望む剣が峰ですが山頂付近にはいくつかの小屋が見えます。 王滝頂上では蒸気が噴出する大きな音が響いていますし風向きでは強い硫黄の匂いがしています、噴気孔付近は広く立ち入り制限がされていますし、植物のない殺伐とした風景が広がっています。 剣が峰の登りに入ってか…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

御嶽山(1)。

田の原から王滝頂上。 早朝4時半に田の原(2180メートル)を出発します、真っ暗ですからヘッドランプの光が頼りです。 最初の画像は1時間ほど登り少し明るくなったところで東の方向に見える駒ケ岳です、次は朝焼けと山並みの風景です、駒ケ岳の左で遠くに薄く見えている山は甲斐駒ケ岳になります、右の画像がズームアップで写したものです…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

鳥居峠(2)。

鳥居峠の風景、シラカバ、ヤマトリカブト、オトコヨウゾメ、ガマズミ、洋館、コルチカム、木曽川、スキー場、御嶽山。 峠から少し進んだ所に御嶽神社があります、この神社は寂れた感じに見えますけれど、霊峰御嶽山が眺望できるこの場所は信仰のことからも貴重な場所だったようです。 木が生長しやっと見える霊峰御嶽山ですが、左の頂が…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

鳥居峠(1)。

鳥居峠の風景、アキチョウジ、フシグロセンノウ、アザミ、イナカギク。 奈良井宿を過ぎると鎮神社(シズメジンジャ)が有ります、説明には、1618年の頃病の流行を鎮めるために下総国香取神社を勧請したことからこのように呼ばれるとあります。 鳥居峠への道から振り返った奈良井宿の風景です、舗装道路の中ほどを歩いていますが写真で裏側が…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

エンジュなど。

エンジュ、グロリオーザ、ネムノキ?、ヤマユリ、タマアジサイ、レンゲショウマ。 街中にある街路樹のエンジュ(マメ科)が沢山の花を付けています、歩道に白い花が沢山落ちていますし比較的大きな樹を見上げて見ますと、蜂やその他の虫も集まっていますから蜜や香りもあると思うのですが、下枝には花がなく確認できません。 街中の住宅…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

沢歩き2。

盆堀川(2)。 盆堀川の続きです、最初は川原のようなところで大きなヤマユリ(ユリ科)が咲いていましたので写して見ました。 サワガニもいました。 少し緊張する小さな滝もあります、高さ3メートルに満たない滝ですが経験のない中年の奥様方は苦労されていました。 砂防堰堤はコンクリートのものもありますが…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more