子ノ権現。

雪のある子ノ権現参拝(2)。 山門を入ると大きな仁王像があります、仁王像は着色されていてとてもカラフルな姿になっています。 庫裏は桧皮ぶきの重厚な建物です、車が写っているのが何とも異質な感じです。 本堂にお参りし何時までも元気で山に登れますようにとお願いしました。 本堂の横には重さ2トンもある金の大草鞋と大きな高下駄が並んでいます。 …

続きを読む

子ノ権現。

雪のある子ノ権現参拝。 週末にグループで雪の残る子ノ権現(ネノゴンゲン)(640メートル)に参拝しました、子ノ権現は昔から足腰を強くする権現様としてハイカーにも人気のある山です。 最初は雪が花が咲いた様になっています。 川沿いの道では苔が木に沢山ぶら下がっています、川沿いに発生する霧で成長しているのかと想像しました。 山沿いの道ではツララが出来てい…

続きを読む

雪山入門講座3。

赤城・黒檜山。 駒ケ岳から少し下り稜線伝いに黒檜山1827メートルに登ります、最初の画像は少し下った所から前方の黒檜山を写したもので二枚目は雪の風景です。 雪は小さい木を覆い隠していますから、そのような所では時には木下の空洞を踏み抜いて腰の付近まで雪にはまってしまいます、自力では脱出できないメンバーを前の方の人が救助している処です。 日の光も強くなり大きい木の霧氷は解け…

続きを読む

雪山入門講座2。

赤城・駒ケ岳。 風があってとても寒い朝です、最初の画像は窓から見た大きなツララと雪の風景です、二枚目は湖面に日が差してきた7時前の画像ですが、この時間になると多くの釣り人が大沼の氷の上に集まっています、ワカサキの釣れるポイントがある様で釣り人のビニールテントは固まっているようです。 大洞といわれる地点まで移動しそこから登山道に入ります、西側の斜面は強い風が吹いていて木は白い霧氷で…

続きを読む

雪山入門講座。

赤城・大沼湖畔。 1日2日と赤城山の区域で行われた雪山入門講座に参加しました、一日目の赤城付近は時々雪がちらついたり風が吹いたりと変わりやすい天気と成っていましたが、まづ最初は昼食の後近くの斜面で雪山に必要ないろいろの訓練をしました、斜面のキックステップの歩き方やアイゼンをつけての斜面の歩き方等です。 最初の画像は斜面の下のほうから写した緑の屋根の青木旅館とその前面の結氷した大沼です、最…

続きを読む

春の香11。

雪景色3。 大仏様もひざの付近の積雪で冷たそうですし、咲き始めた白梅も紅梅も雪景色と一緒に見ると又違った趣があるように感じます。 畑の大根もネギも雪景色の中です、雪に遭うと野菜も美味しくなると聞いたことがありますから、これらの野菜も今年は美味しくなったのかなと想像します。 荒川の堤防です、日当たりの良い斜面はほとんど溶けていましたが、北向きの斜面には雪が残っていましたの…

続きを読む

春の香10。

雪景色2。 公園の花壇で積もった雪の中から顔を出しているキンセンカ(キク科)です、寒さに強い花だと理解したていても何だか少しかわいそうな感じもあります。 次はハボタン(アブラナ科)と花壇の全景です。 ソシンロウバイ(ロウバイ科)の枝に雪の塊が未だ残っています。 雪と紅葉の組合わせです、白い雪の中から紅葉した葉が覗いているのはとても奇妙な感じです。 日陰の…

続きを読む

春の香9。

雪景色。 今日も雪の予報が出ているようです、前回の雪は日陰を除いてほとんど解けてしまいましたが雪の日の翌日に写した写真を紹介します、最初は公園に出来ている雪ダルマで比較的程度のいいものを写してみました。 2枚目は公園の中の運動広場です、多くの雪の塊が見えますがいずれも雪ダルマの名残だと思いますし、雪の中で楽しい遊びか在ったものと想像できます。 公園の風景です、桜の木のところで太…

続きを読む

黒斑山登山.6

黒斑山登山のときの眺望パート4です。 最初は妙高山付近の山々です。 二番目は白馬岳です、中ほどか鑓ケ岳、杓子岳その右に白馬岳だと思います、この画像はコンパクトカメラの画像で解像度が不足しています。 最後はズームアップして写した浅間山の縮小画像です、山のひだと雪そして噴煙が良いと思います。

続きを読む

黒斑山登山.5

黒斑山登山のときの眺望パート3です。 最初は中央アルプスの空木岳です、V形の切れ込んだ所が木曾殿越で、ここにある木曾殿山荘では凄い混雑のため食堂のかたずけた椅子の上で寝たことを思い出しました。 手前の白い山々は霧が峰だと思います。 二番目は金峰山です、逆光で画像がぼやけていますが富士山の方から金峰山、国師ヶ岳、甲武信ヶ岳だと思います。 三番目は苗場山です、…

続きを読む

黒斑山登山.4

黒斑山登山のときの眺望パート2です。 最初は穂高連峰です、真ん中が奥穂だと思います。 次は槍ヶ岳です、手前の山なみは常念岳の山なみだと思います。 三番目は鹿島槍です、双耳峰が綺麗です。 四番目は五竜岳です、男性的な雄大さがあります。

続きを読む

黒斑山登山.3

黒斑山登山のときの眺望です。 カメラには18~200ミリのズームレンズを付けて行きました、三脚も無しで腕の方もイマイチですから遠くの山々はピントがあまい感じになってしまいました、画像は必要な部分を720×480ビクセルで切り出したものです。 最初の画像は八ヶ岳で硫黄岳のバットレスが印象的です。 二番目は中央アルプスです、駒ケ岳とカールの上のとんがりは宝剣岳だと思…

続きを読む

黒斑山登山.2

黒斑山登山についてのパート2です。 登山道の所々で道に沿うようにケーブルが地表にありました、山小屋があるという事でもないと思うし何だろうと思っていましたが、山頂の近くに浅間山を見張るように設置してあるテレビカメラと、大きなスピーカーの放送施設があることで納得しました、浅間山は時々小規模な爆発を起こしていますからその時はこの施設が効果を発揮することになると思います。 半分ほど下山し…

続きを読む

黒斑山登山。

20060304-05 黒斑山(くろふやま)2414メートル 植村冒険館アドベンチャー講座 参加者男10名、女9名。 週末で高速道路も混雑していましたが午前中に高峰高原のホテルに到着しました、午後からはスキー場横の林の中を登り適当な斜面で雪上の歩行や滑落時のピッケル操作など雪山の基本的な訓練を行いました。 5日は少し悪くなりましたが風も弱く登山には上出来の天候でした、標高約1900…

続きを読む

黒斑山。

好天に恵まれ黒斑山2414メートルに登って来ました。 気温も高めで風も弱く山頂では針葉樹が風を遮っていて、雪上ですが日溜りのような暖かさでした、目の前の浅間山は裾の方の雪はなくなり春を感じさせる装いですが、山頂からは噴煙が上がっていて、雪山とのコントラストが素晴らしいと感じました。

続きを読む

残雪。

夜の雪は朝方の雨とその後の気温の上昇で溶けましたが、公園の日陰の箇所には思いのほか多くの残雪がありました。

続きを読む