公園の花と鳥。

ミスミソウ、セリバオウレン、クリスマスローズ、水仙、ヒヨドリ、ムクドリ、ユリカモメ。 キンポウゲ科のミスミソウ、セリバオウレン、クリスマスローズです。 水仙(ヒガンバナ科)とスズメ目のヒヨドリとムクドリです。 ユリカモメ(カモメ目)で、始めの2枚は水浴びです。

続きを読む

水辺の鳥。

ハクセキレイ、オナガガモ、ハキンクロハジロ、バン、オオバン、カモメ、カワウ。 ズームアップで写した鳥達です、10枚目のユリカモメには足輪が付いています、目名は松尾。 ハクセキレイ(スズメ目)、ガンカモ目のオナガガモとキンクロハジロ、ツル目のバンとオオバン、カモメ(カモメ目)、カワウ(ペリカン目)。

続きを読む

街の花と鳥。

アツバキミガヨラン、ツグミ、花壇。 公園のアツバキミガヨラン(リュウゼツラン科)が綺麗に咲き始め、池の中の島ではツグミ(スズメ目)が水を飲んでいます、初めて見る事です。 駅前ロータリーの花壇ではノースポール(キク科)とパンジー(スミレ科)が綺麗に咲いています。

続きを読む

街の風景。

竹林、スズメ、ムクドリ、ハクセキレイ、猫、ササケンカ、ナンテン、クチナシ。 竹林(モウソウチク(イネ科)そしてススメ目のスズメ、ムクドリ、ハクセキレイです。 猫とサザンカ(ツバキ科)、紅葉したナンテン(メキ科)そして色づいたクチナシ(アカネ科)の実です。

続きを読む

オオイヌノフグリなど。

オオイヌノフグリ、コゴメイヌノフグリ、ダイサギ、スズメ。 小石川植物園の野草と鳥です。 オオイヌノフグリ(ゴマノハグサ科)が花盛りです、そして住み分けする様にラメの入った真白の花弁を持つコゴメイヌノフグリ(ゴマノハグサ科)も群生しています。 この両者が混在している所は少ない様に思いましたけれど探してみると一部ありましたので写してみました、比較すると葉も花もオオイヌノフグリの…

続きを読む

カゲツなど。

カゲツ、白鳥、ツグミ、ウメ。 以前一度取り上げているカゲツ(カネノナルキ)(ベンケイソウ科)ですが、街中で花盛りに成っている株に出会いましたので再度取り上げてみました。 この花は集合住宅のコーナーの様なところに地植えになっているもので、株も大きく条件が良い様で花も綺麗に咲いていました。 皇居の堀の白鳥です、水面で大きく羽ばたきをしている処がなかなか面白いと思い写して…

続きを読む

街の秋(16)(荒川2)。

マガン、コサギ、オナガガモ、アヤメ。 夕方4時を過ぎた頃に東京湾の方向から荒川の上流方向に向かう鳥の編隊がありました、編隊を組んでこのように飛んでいる鳥はマガンだろうと想像して久しぶりに見る眺めに感激でした。 コサギとオナガガモ?だと思います、コサギは用心深くて接近すると逃げられていましたがやっとこの程度で写す事が出来ました、オナガガモは尾の長さが気になるところです。 …

続きを読む

街に咲く花と風景(18)

街に咲く花と風景を写しました。 公園では常連の鳩、カラス、雀、ムクドリと時々見かけるのがツグミですが、この日は見かけたことの無い小鳥が居ました、図鑑と比較するとどうもビタキではないかと思います。 この時期観察できるのはエゾビタキかと思いますが?、図鑑にある胸の黒色の縦斑が無いところが気になります。 公園に植えてあるストックです、花が先端付近まで咲いていますから株…

続きを読む

サギ。

荒川の河原でサギを写しました。 荒川の本流の隣にある池の様な所に4羽のサギか集まって餌をついばんでいました、餌は小魚だと思いますが、200ミリのズームレンズではクチバシに餌を捕まえている所は確認できません。 以前にもここでサギを見ていますけれど、今回のように仲良くシロとアオのサギが餌を取っているのははじめてです、鳥のことは良く分からなくてシロサギとアオサギのカップルが有るのかは疑問ですが…

続きを読む