テーマ:植物

季節の花(16)。

ウバユリ、ウワミズザクラ。 公園でウバユリ(ユリ科)が咲いています、この場所は自然のままを保存されている公園の斜面の下で、この季節になると大きい樹木の日陰になっています。 最初の画像でも横から雄しべが見えています、この花はユリのように大きく開きませんが、花弁はユリと同じように5枚が独立して付いているようです。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

小石川植物園(3)。

オグルマ、イトラン、オオバヤドリノボタン、ミッキーマウスツリー。 オグルマ(キク科)です、この花は分類標本園に咲いているもので、別のところで見たオグルマと比べて放射状に並ぶ舌状花が異常に長いようにも感じますが、この舌状花の状態を小車に見立ててこの名前が付いたといわれています。 イトラン(リュウゼツラン…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

小石川植物園(2)。

ムクロジ、ヒメタイサンボク、フシノハアワブキなど。 ムクロジ(ムクロジ科)です、この木は植物園の入り口に向かって急な坂を下っていく所に、植物園の中から歩道に覆い被さる様に咲いています、少し距離が有り花の形を確認出来ませんでしたが、小さい花がたくさん咲いているようです。 資料をみるとこの実は羽根突きの球や数珠に利用されるよ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

小石川植物園。

キバナノミソハギ、エゾミソハギ、クガイソウ、 キバナノミソハギ(ミソハギ科)(ブラジル)です、分類標本園で咲いているものですが、どう見ても日本のミソハギと同じ仲間だとは思えない形です。 拡大画像で見るとうちわのようなヘビイチゴに似た黄色の花弁が付いていてなかなか綺麗です。 キバナノミソハギか…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

街の花(23)。

オカトラノオ、トランデスカンティア、オレガノ。 植物園のオカトラノオ(岡虎の尾)(サクラソウ科)が咲いています、小さな白い花が沢山付いていて、風に揺れているところはトラの尾の感じがあります。 トランデスカンティア・シラモンタナ(ツユクサ科)です、花の形はツユクサで花の色はパープルハートと同…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

街の花(11)。

ペンステモン、クサボタン、アルストロメリア。 集合住宅の花壇で沢山の赤い花が咲いています、近づいて見ると地植えのペンステモン(ツリガネヤナギ)(ゴマノハグサ科)の花のようです。 資料にはこの花は高温に弱いとありますが、ここではいい具合に夏越しをしてこの時期に綺麗に開花しているように思えます。 植…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

街の花(10)。

キンシバイ、ビヨウヤナギ、オリーブ、ヤマブキショウマ。 街で黄色の鮮やかな花が目に付くようになりました、キンシバイ(金糸梅)(オトギリソウ科)とビヨウヤナギ(美容柳、未央柳)(オトギリソウ科)です。 最初の4点がキンシバイで後の3点はビヨウヤナギになります、この二つとも街ではこんがらがる事もありますが、このように並べてみると…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

街の花(8)。

シモツケ、アリウム、ホタルブクロ。 歩道にある街路樹のところでシモツケ(下野)(バラ科)が咲いています、これは赤花のシモツケだと思いますが、街路樹のところで咲いているのも珍しいと思います。 この花は下野国(栃木県)で発見されたことからこの名が付いたといわれています。 アリウム(ユノ科)が咲い…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

デルフィニューム。

デルフィニュームの花。 集合住宅の花壇でデルフィニューム(キンポウゲ科)が綺麗に咲いています、この花は別名ヒエンソウとも言うと有りますが、日本古来のセリバヒエンソウとも花の形が似ていると思いますけど、花の大きさは比較に成りません。 デルフィニュームの色と形が異なるものがありましたので、咲いていたものを取上げました。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

街の花(4)。

トケイソウ、スイカズラ、ブラッシノキなど。 垣根に絡まってトケイソウ(トケイソウ科)が綺麗に咲いています、何時見てもこのトケイソウは面白い形をしていると思いますが、今回は斜め横から写してみると形の面白さを再認識したところでした。 トケイソウのすぐ横にスイスズラ(スイカズラ科)もさいています…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

小石川植物園(7)。

ベニガクエゴノキ、ストランブェシア、キンロバイなど。 ヘニガクエゴノキ(エゴノキ科)です、エゴノキは蕾も開花した花弁も真っ白ですが、このベニガクエゴノキは赤紫の色が付いていてなかなか綺麗だと思います。 ストランブェシア(バラ科)(中国)です、蔓の様に横に枝が伸びている木で花の盛りは終わって…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

小石川植物園(6)。

オオグルマ、ジキタリス、ヤマモモソウなど。 ホタルブクロの様な綺麗な花のオオグルマ(キク科)(ヨーロッパ、アジア北部)です、まだ咲き始めのようでここの薬草園では一本しか花が付いていませんでした、花は赤紫で花弁の中になにか面白い模様があります。 ジキタリス(ゴマノハグサ科)(ヨーロッパ西…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

小石川植物園(5)。

イイギリ、イタチハギ、ムラサキセンダイハギなど。 イイギリの大きな樹があり沢山の花を付けています、花は小さなものが房のようになっていて付近にはいい香りが漂っていました。 4枚目の画像は裏側から写したもので花房の状況が分かるように思います、又この樹は落葉樹ですから秋には房の様な赤い実が沢山付いた姿が見られると思います。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

街の花(3)。

ギョウジャニンニク、ヤグルマソウ、ブラックベリーなど。 植物園のギョウジャニンニク(ユリ科)がネギボウスと良く似た花を付けています、花はアップで見ると一つ一つがしっかりした花を構成していることが分かりますし、マクロで写すと綺麗な花だろうと想像します。 ヒロハハナヤスリ(ハナヤスリ科)が面白い花…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

街の花(2)。

ベロペロネ、ピラカンサ、バラ等。 住宅の歩道よりの垣根でベロペロネ、コエビソウ(キツネノゴマ科)が元気良く咲いています、この花は冬も少し咲いていましたがここに来て本来の姿で咲いているようです、花の部分を見ると大きく口を開けた蛇の感じがあります。 ピラカンサ(バラ科)が至る所で咲いています、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

街の花。

エゴノキ、エノテラ、シレネ、ヒルガオ等。 市街地の少し外れにあるエゴノキ(エゴノキ科)が沢山の花を付けています、住宅の屋根くらいある樹ですからなかなか見応えがあります、下から見上げると沢山の花に圧倒されそうですが、花は真っ白で清楚な感じです。 フエンスから歩道にはみ出してエノテラ、ヒルザキツキ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

小石川植物園(4)。

小石川植物園の植物の続きと風景です。 綺麗な花が咲いています、この時期のこのような花はウツギの種類だと思いますが、標識が見つからず又手元の資料にもなくて細部は不明です。花はピンク色の可憐な花でとても綺麗です。 ガクウツギ(ユキノシタ科)です、紫陽花に良く似た花を付けています。 マ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

小石川植物園(3)。

小石川植物園の植物の続きです。 トウゴマ(トウダイグサ科)(熱帯アジア)が面白い花を付けています、二枚目の写真には雄しべの花穂が写っていますから、赤いものは雌しべでしょうかね。 これも薬用植物です。 キンケイ(モクセイ科)(ヒマラヤ)が地表を黄色にして花弁を散らしています。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

小石川植物園(2)。

小石川植物園の植物の続きです。 入り口の近くで黄色のものが見えますので近づいて見ると、チヨウキレン(バショウ科)(中国原産)の花でした、良く分からないのですが葉らしきものがあまりなくて、この三角錐のような径10センチくらいのものが、地表から伸びた茎の先についていました。 拡大で表示している画像のものが本当の花だと思います。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

小石川植物園。

小石川植物園の植物です。 この季節はイロハモミジの新緑のトンネルが清々しい気分にさせてくれます。 植物園の一番奥にある日本庭園も新緑に包まれて落着いた雰囲気です、写真の奥に見える赤い壁の建物は、旧東京医学校本館です。 シマサルスベリ(ミソハギ科)が何本も並んでいます、この木の表面はツ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

高峰高原(3)。

高峰高原での雪の楽しみです。 新雪の中の登山が続きます目印は赤い布切れです、寒々とした雪の風景ですが気温は高めで、カラマツの小さな枝に付いている雪が落ちている処もありました。 カラマツと違い葉を付けている針葉樹は綺麗な雪化粧です。 雪の中から蕾だけのぞかせているシャクナゲです、この画…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

高峰高原(2)。

高峰高原での雪の楽しみです。 山頂まで約1時間の登山でしたが天候は急速に悪化していて、南の方向には眼下に小諸の市街地遠くに八ヶ岳という景色で、西から北方向には北アルプスの雄大な姿がかろうじて見えていました。 登ってきた尾根の画像です、右の方にチェリーパークラインのジグザクの道がみえていますが、…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

高峰高原。

高峰高原での雪の楽しみです。 17、18日と高峰高原を使い植村冒険館が企画したスノーシューとクロスカントリースキー講習会に参加しました、参加者総数31名で私の参加したスノーシューは11名でした。 高速道路走行中に見えていた浅間山です、この方向からだと浅間山の左にみえる黒斑山の裾野が高峰高原になります。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

街に咲く花等12

街や公園に咲く花等を写しました。 前に取上げたモントブレチアが街や公園で花の盛りとなっています、今回は少し色の異なる花がありましたので写してみました、赤の濃いものが多いのですが、黄色で花の付き方か少し異なるところがありました。 赤のモントブレチア ジュニアに似ているのですが、少しちがうようにも感じます。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

街に咲く花等11

街に咲く花等を写しました。 ヒマワリです、そろそろこのはなの季節で楽しみもある反面また忍耐の必要な季節と成ります。 バーベナも花の時期となっています。 水の流れとギボウシは良くマッチしていて、とても爽やかな気分にさせてくれます。 どこにも有るヤブカラシも良く見ると可愛らしい花を付け…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

街に咲く花等10

街に咲く花等を写しました。 オイランソウ(フロックス)の蜜を求めて丁度蝶が来ている所を写しました、ここでは赤と白の二種類のオイランソウが満開の感じになっていました。 少しはなれた所では綺麗なコリウスが人目をひいています。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

街に咲く花等8

街や公園に咲く花等を写しました。 集合住宅の花壇に星型のような綺麗な花弁をもつ花が植えられていました、ペンタスの花は赤とピンクで蕾の状態を見るとこれからますます花の盛りを迎えるものと思います。 淡いピンクと白のベルガモット(モナルダ)の花も有ります。 街でよく見かけるのは薄い青色ががったもの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

街に咲く花等7

街や公園に咲く花等を写しました。 7月2日に咲き始めたボタンクサギを取上げましたが、その後開花が進みほぼ満開になっています、開花した花は綺麗なピンク色のてまりような感じです。 トモエソウが可憐な花を咲かせています、花弁がともえ形をした黄色の花を付けることからこの名が付いたといわれています。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

街に咲く花等6

街に咲くグラジオラスを写しました。 街にはいろいろの所に多種のグラジオラスが咲いています、今回は一般的なピンク、紫、白、赤、黄の単色を取上げました。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

街に咲く花等5

街に咲く花等を写しました。 はじめて見るリアトリスという花です、図鑑によるとこの花は花穂の先端から下に向かって小花が咲く、きわめて珍しい花の付き方をするとあります。 青い色がとても綺麗でした、ウツボグサと良く似ていますが少し花がちがうようにも思います。 セイヨウマツムシソウの花の時期も終わりに近づい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more