街の花と実。

サンゴバナ、ヒマラヤユキノシタ、ホットリップス、コリウス、ダイヤモンドフロスト、フユサンゴ、ゴシキトウガラシ、ヒメザクロ、ベニシダン。 サンゴバナ(キツネノマゴ科)、ヒマラヤユキノシタ(ユキノシタ科)、シソ科のホットリップスとコリウス、そしてダイヤモンドフロスト(トウダイグサ科)です。 ナス科のフユサンゴとゴシキトウガラシ、ヒメザクロ(ザクロ科)の可愛い実、そ…

続きを読む

街の花(6)。

ランタナ、ツワブキ、薔薇、タイワンホトトギス、シュウカイドウ、センリョう。 団地内花壇の花です、ランタナ(クマツヅラ科)とツワブキ(キク科)そして綺麗に咲いている薔薇(バラ科)です。 種子が目立つタイワンホトトギス(ユリ科)と綺麗に咲いているシュウカイドウ(シュウカイドウ科)そしてセンリョウ(センリョウ科)です。

続きを読む

街の植物(実)。

クロガネモチ、タラヨウ、シナヒイラギ、モクレイシ。 最初はモチノキ科の綺麗な実です。 沢山の実を付けていうるクロガネモチです。 少し実の粒が大きいタラヨウです。 実の付が良いシナヒイラギです。 鮮やかな実のモクレイシ(ニシキギ科)です、緑の皮が取れて真っ赤な実が出てくる面白い実です。

続きを読む

キリなど。

キリ、センダン、シンジュ、ヤツデ。 街で写した樹木の花芽や実と花などです。 葉の落ちた大きいキリ(ゴマノハグサ科)を見上げると、鈴のようになってキリの花芽が膨らんでいるのが見えますし実も未だ付いています。 公園のセンダン(センダン科)も葉が落ちて未だ緑色の実が綺麗に見えています。 公園のシンジュ(ニワウルシ)(ニガキ科)は果実だけが残って花が咲いた…

続きを読む

ボケなど。

ボケ、キカラスウリ。 街で写したボケの花と実そしてキカラスウリです。 住宅の庭で綺麗に咲いているボケ(バラ科)です、花も綺麗ですが良く見ると良く色づいた実もついています。 こちらも街で写したボケですが実の形が違うようです。 公園の真っ赤で綺麗なボケの花です。 公園で見上げるとキカラスウリ(ウリ科)の実が沢山ついています、実は少し色づ…

続きを読む

ゼニアオイなど。

ゼニアオイ、アベリア、ツルハナナス、ヒヨドリジョウゴ。 街で写した綺麗な実や花のその3です。 住宅のフェンスの所でゼニアオイ(アオイ科)が綺麗に咲いています、本来初夏の花だと思いますがこの場所では花盛りのように見えます。 北の丸公園の千鳥ケ淵のところで未だ綺麗に咲いているアベリア(ハナゾノツクバネウツキ)(スイカズラ科)です、葉に斑が入り薄いピンク色の花を付けた初め…

続きを読む

ランタナなど。

ランタナ、センリョウ、ユズ、コウテイダリア、キク。 街で写した綺麗な実や花のその2です。 綺麗にに咲いているランタナ(クマツヅラ科)です、この季節にもこれだけ元気に咲いていると爽やかな気持ちになります。 集合住宅の花壇ではいろいろの所に沢山の綺麗な実を付けたセンリョウ(センリョウ科)が綺麗です、なかには野鳥対策だと思いますけどネットを掛けてあるところもあります。 …

続きを読む

クコなど。

クコ、ヒマラヤユキノシタ、サルビア。 街で写した綺麗な実や花です。 街を散策していると高さ3メートル以上もあるコンクリート擁壁の上から垂れ下がる様にして、沢山の綺麗な実を付けているクコ(ナス科)があります、この様な条件の所がクコには適しているのかと眺めたところでした。 集合住宅の花壇では所々で綺麗ヒマラヤユキノシタ(ユキノシタ科)が綺麗に咲いています。 …

続きを読む

ムラサクシキブなど。

ムラサキシキブ、コムラサキ、イイギリ、ハマナス、クチナシ、ハンカチノキ。 小石川植物園の実(2)などです。 紫色の綺麗な実を付けているムラサキシキブ(クマツヅラ科)です。 ムラサキシキブと比較すると本当に沢山の実を付けたコムラサキ(クマツヅラ科)です。 見上げると沢山の実イ付けたイギリ(イイギリ科)です、イイギリは雌雄異株ですから花の綺麗な雄株と実…

続きを読む

オオカメモチなと゜。

オオカメモチ、クロガネモチ、タラヨウ、ストランブェシア。 小石川植物園の実などです。 大きなオオカメモチ(バラ科)に沢山の実がついています、未だ色づきが少し薄い様に思いますがなかなか綺麗な風景となっています。 樹も大きく沢山の赤い実を付けたクロガネモチ(モチノキ科)です、これから冬に向かって鳥達の貴重な餌になるものと思います。 樹も大きくまた比…

続きを読む

アキノノゲシなど。

アキノノゲシ、カナムグラ、セイタカアワダチソウ、ハコベ。 河原の草花その2です。 アキノノゲシ(キク科)が沢山の綿毛を付けています、最初の写真のように未だ花を付けている株もありますが、その多くは綺麗な綿毛を付けていて少し逆光で見ると綿毛が光ってなかなか綺麗です。 カナムグラ(クワ科)です、棘があり手を出したくない植物ですが色づいた沢山の実が出来ています。…

続きを読む

イシミカワなど。

イシミカワ、アメリカセンダングサ、オオケタデ、イヌタデ。 河原の草花です。 11月の末に写したものですが、このところ紅葉の連載で後回しになってしまいました、最初はイシミカワ(タデ科)です、河原の水路のところでブルーの綺麗な実を付けています、三角形のミゾソバを小さくした様な葉を付けていますが茎には鋭い棘があり注意が必要な植物です。 アメリカセンタ゜ングサ(キク科)です…

続きを読む

ヒマラヤユキノシタなど。

ヒソマラヤユキノシタ、ススギ、ジンジャー、ピラカンサ。 街で咲く花や実です。 集合住宅の花壇で気の早いヒマラヤユキノシタ (ユキノシタ科)が綺麗に咲いています、他の多くのヒマラヤユキノニシタは未だ蕾も見えていませんから、咲いているものは特に早いものの様です。 公園のススキ (イネ科)が綺麗に輝いています。 花壇ではジンジャー (ショウガ科)が綺麗に…

続きを読む

ガマズミなど。

ガマズミ、フッキソウ、ナンテン。 ガマズミ(スイカズセラ科)が綺麗な実を付けていますので2箇所で写してみました、2枚目の写真は3枚目の花の所をアップにしたものですが、綺麗な実をつけ花も咲かせている面白い状況です。 フッキソウ(ツゲ科)の真っ白い実です、フッキソウもそろそろ花を咲かせる季節ですが、今年は実が少なくやっと探して見つけたものです。 …

続きを読む

イイギリなど。

イイギリ、カラタチ、サネカズラ、ヘビノボラズ、サンシュ、ムクロジ、シセントキワガキ、ガビハナミズキ。 小石川植物園の実などです、花が咲いたものはその後いろいろの実が出来ていますが、特に色の綺麗なもの等を取り上げてみました。 イイギリ(イイギリ科)です、未だ葉がついていますけれど間もなく葉が落ちて沢山のブドウのような実の付いた面白い光景になります。 カラタチ(ミカン科…

続きを読む

シナマンサクなど。

シナマンサク、ホシツワブキ、オオツワブキ、カリン、ハボタン。 小石川植物園の日当たりの良いところにあるシナマンサク(マンサク科)が開花しています、花は未だほんの一部ですが春の感じがありました。 以下は新宿御苑の花などです。 オオツワブキ(キク科)がまだ花を付けています、花はツワブキも咲いているものもあり珍しくも無いのですが、葉の大きさがとても大きく面白いと思い取…

続きを読む

ウスギモクセイなど。

ウスギモクセイ、スノーランド、プラタナス並木。 新宿御苑の花などです。 よく見ると木犀の木に小さな緑の実が付いています、周辺には大きな金木犀の木があるところの一本で、少し薄暗いところですし少し高い位置の実ですからフラッシュで写してみました。 標識もなくはっきりしませんがウスギモクセイ(モクセイ科)だと思います、3-4枚目は同じ木の花の季節の写真です、ギンモクセイより少し黄色…

続きを読む

トコナツなど。

トコナツ、バコパ、ヒイラギモチ。 街で写した花などです。 庭先の歩道に面したところでとても草丈の低い撫子が咲いています、資料で見るとトコナツ(ナデシコ科)でセキチクの改良品種だと思います、良く似たものにビショナデシコ(ヒゲナデシコ)があるのですがこの場合はヒゲがありません。 三枚目は玄関横に置いてある鉢植えのものです。 別の住宅ではバコパ(ステラ)(ゴマノハグ…

続きを読む

頌春。

ギョウリュウバイ、クリスマスローズ、サンシュ。 明けましておめでとう御座います、今年も宜しくお願いいたします。 元旦に相応しいものと思い最初はギョウリュウバイ(フトモモ科)を取り上げてみました、街で写したものですが最初の小さい木は花付が良くて綺麗に咲いていましたが、別の住宅の大きな木の花はこれからというところです。 街の住宅の庭で早いクリスマスローズ(キンポ…

続きを読む

マンリョウなど。

マンリョウ、ヒメガマ、カポック。 いろいろのところでマンリョウ(ヤブコウジ科)が沢山の実を付けて綺麗です、3枚目はシロミノマンリョウですし、4枚目は人の背丈ほどもある大きなもので、沢山の実をつけている皇居東御苑のものです。 区立植物園のヒメガマ(ガマ科)の綿毛か風に乗って飛んでいます、逆光で見ると綿毛が光ってとても綺麗です。 街で花と実の両方をつ…

続きを読む

シナレンギョウなど。

シナレンギョウ、ヤブサンザシ、キカラスウリ、シロヤブツバキ、ヤブツバギ。 小石川植物園の花などです。 シナレンギョウ(モクセイ科)が少し咲いています、少し離れた所にあるレンギョウは咲いていませんから、このシナレンギョウは少し早いように思います。 大きな樹の下の日陰の様なところでヤブサンザシ(ユキノシタ科)が綺麗な実を沢山つけています。 キカラスウリ…

続きを読む

センリョウなど。

センリョウ、カリン、ストランブェシア、フェイジョア、シャシャンボ、カラスウリ、アカナス、ハンキングバスケット。 公園などのセンリョウ(センリョウ科)も実が良く色づいています、間も無く冬になると鳥達に狙われて無くなってしまいますから、丁度今頃が見ごろかも知れません。 3点とも別々の場所で写したもので実の付き方や色が違います。 カリン(バラ科)も大きな実を沢山付けて…

続きを読む

木の実。

木の実。 マルバチシャノキ、フクロミモクゲンジ、イイギリ、シナアブラギリ、ピラカンサ、サンシュ。 小石川植物園などの木の実です。 黄色の実が鈴生りに付いているマルバチシャノキ(ムラサキ科)です、一つの房も大きくて本当に驚くほど沢山の実が付いています。 台風の後でほとんどの実が落ちているフクロミモクゲンジ(ムクロジ科)です、樹には少しだけ袋が付いていますし袋の中には…

続きを読む

ヤブサンザシなど。

ヤブサンザシ、ツルウメモドキ、ツクバネウツギ、サネカズラ。 小石川植物園の実です。 小さな木ですが可愛い実が沢山付いているヤブサンザシ(ユキノシタ科)です、実は赤く色づいて美味しそうに見えますが苦くて食べられないと資料に有ります。 薬用になる良く似た実のサンザシ(バラ科)に似ていることからヤブサンザシの名前が付いたようです。 小さな木のツルウメモドキ(ニシキギ…

続きを読む

シナヒイラギモチなど。

シナヒイラギモチ、タラヨウ、メキシコラクウショウ、クサノオウ、風景。 小石川植物園のヒイラギと似た形の葉を付けているシナヒイラギモチ(モチノキ科)に沢山の赤い実が付いています、この実も間もなく鳥たちの餌になるものと思います。 大きなタラヨウ(モチノキ科)が何本か有って、この樹もたくさんの赤い実を付けています。 池の側のラクウショウの近くで緑の葉を付けてい…

続きを読む

皇居の石垣など。

石垣、ユズリハ、カマズミ、諏訪の茶屋、二の丸庭園。 皇居天守台の風格のある立派な石垣ですが良く見ると面白い模様が出来ています、他の場所ではこのような模様は見当たりませんから、ある特定の産地のものに見られる模様なのかと思っています。 大手門から入って「百人番所」の所の石垣の並びと、遠くに見える近代的な高層ビルが綺麗に並んでいる感じが面白いかなと思い写して見ました。 …

続きを読む

ギョウリュウバイなど。

ギョウリュウバイ、センリョウ、マンリョウ、ヤブコウジ。 元旦のサクラとウメに続くおめでたいものとして取り上げてみました。 ギョウリュウバイ(フトモモ科)です、この花は梅という字が付き本当にウメに良く似た花でこの季節に綺麗に咲いていて素晴らしいと思います。 皇居東御苑で纏って綺麗な実が付いているセンリョウ(センリョウ科)です、巨木の楠木の下で沢山の実を付けていますがま…

続きを読む

ヤブランなど。

ヤブラン、ジャノヒゲ、ハクサンボク、カロライナジャスミン、ヒイラギ。 区立の小さな植物園には色々の所にヤブラン(ユリ科)が沢山の黒い実を付けています、別の公園や集合住宅の広場などのヤブランの実は綺麗に無くなっていますので、この植物園には未だ他の美味しいものが豊富で鳥達もヤブランの実はこれからと思っているようです。 ジャノヒゲ(ユリ科)の実です、ヒヨドリがジャノヒゲの実…

続きを読む

ヒメガマなど。

ヒメガマ、ムクノキ、カキノキ。 穂先が揺れながら綿毛が風に乗って飛んでいます、植物園の池にあるヒメガマ(ガマ科)の穂先で以前綿毛か見え始めた時に一度取り上げていますが、今回は全部の穂先から綿毛が飛んでいます。 2枚目の画像でバックの位置に青いネットが見えますが、これは野鳥対策のためにロウバイの木に張られたもので、この時は開花まじかの蕾でした。 神社の参道を歩いている…

続きを読む

ウメモドキなやど。

ウメモドキ、サボテン、ユズ。 市街地の外れで畑の横にある何本ものウメモドキ(モチノキ科)に沢山の赤い実が付いていて、少し離れた所からはまるで花でも咲いている様に見えます。 木の本数も相当ありますし又他で見るウメモドキと比較しても相当大きい木のように思います。 道路のスペースを仕切っている大きなコンクリートのボックスの中でウチワサボテン(サボテン科)の実が綺麗に色…

続きを読む