街の花(2)。

オギザリス、ストケシア、クリヌム、ムシトリナデシコ、センニチコウ、ショウジョウソウ。

オギザリス・ボーウィー(カタバミか)が綺麗に咲いていて、切り戻されたストケシア(キク科、花期4.6月)も綺麗な花を付けています。
91013オギザリス (1).JPG
91013オギザリス (2).JPG
91013ストケシア.JPG

綺麗なクリヌム(ヒガンバナ科)とムシトリナデシコ(ナデシコ科)です、ムシトリナデシコは初夏に花を付け、落ちた種から芽吹いた株の様に見えます。
191013クリヌム.JPG
191013ムシトリナデシコ (1).JPG
191013ムシトリナデシコ (2).JPG

公園のセンニチコウ(ヒユ科)にはアカタテハ(タテハチョウ科)が来ていますし、雑草に負けないで1メートル位成長したショウジョウソウ(トウダイグサ科も)綺麗です。
191013センニチコウ (1).JPG
191013センニチコウ (2).JPG
191013ジョウジョウソウ (1).JPG
191013ジョウジョウソウ (2).JPG

街の花。

プルメリア、ショウジョウソウ、ホウセンカ、ミニ花壇。

ブルメリア(キョウチクトウ科)が綺麗に咲いていますし、鉢植えのショウジョウソウ(トウダイグサ科)とホウセンカ(ツリフネソウ科)も綺麗です。
191012プルメリア (1).JPG
191012プルメリア (2).JPG
191012プルメリア (3).JPG
191012プルメリア (4).JPG
191012ジョウジョウソウ.JPG
191012ホウセンカ.JPG

綺麗に咲いたミニ花壇の花です,アップはセセリチョウの来ているペチュニアとマツバボタンで、ハナスベリヒユやベンタスもきれいです、そして次はゼラニウムとベゴニア等です。
>
191012ミニ花壇 (1).JPG
191012ミニ花壇 (2).JPG
191012ミニ花壇 (3).JPG
191012ミニ花壇 (4).JPG

荒川の風景(2)。

ムラサキツメクサ、オオイヌタデ、カタバミ、チカラシバ、オニグルミ、シメトンボ、カニ、カヤック、カワウ、アオサギ。

ムラサキツメクサ、オオイヌタデ、カタバミ、チカラシバ、オニグルミです。
191011荒川 (1).JPG
191011荒川 (2).JPG
191011荒川 (3).JPG
191011荒川 (4).JPG
191011荒川 (5).JPG

シメトンボ、カニ、カヤック、カワウ、アオサギです。
191011荒川 (6).JPG
191011荒川 (7).JPG
191011荒川 (8).JPG
191011荒川 (9).JPG
191011荒川 (10).JPG

荒川の風景。

アキノノゲシ、キンエノコロ、トノサマバッタ、風景。

アキノノゲシ(キク科)が綺麗に咲き始め、群生したキンエノコロ(イネ科)が綺麗です。
191010アキノノゲシ (1).JPG
191010アキノノゲシ (2).JPG
191010アキノノゲシ (3).JPG
191010キンエノコロ (1).JPG
191010キンエノコロ (2).JPG

運動場等の通路では大きく成ったトノサマバッタ(バッタ科)に出会いますし、実業団等の競技会も行われています。
191010トノサマバッタ (1).JPG
191010トノサマバッタ (2).JPG
191010トノサマバッタ (3).JPG
47191010競技会 (1).JPG
191010競技会 (2).JPG


小石川植物園の花(8)。

ガビハナミズキ、アメリカアサガラ、ヒマラヤスギ、ギンヨウボダイジュ、ユリノキ、日本庭園。

ガビハナミズキ(中国)(ミスキ科)です、同じ科のヤマボウシとそっくりで立派な実が出来ていて花も祖いています、そしてアメリカアサガラ(エゴノキ科)の実とヒマラヤスギ(マツ科)の可愛い松ボックリです。
191009ガビハナミズキ (1).JPG
191009ガビハナミズキ (2).JPG
191009アメリカアサガラ.JPG
191009ヒマラヤスギ (1).JPG
191009ヒマラヤスギ (2).JPG

強風で多くの樹が倒れています、ギンヨウボダイジュ(シナノキ科)と由緒あるユリノキ(モクレン科)です、ユリノキの新しい花芽と今年の花柄、そして途中で折れたユリノキの状況です、切り口には腐食が入っています。
191009ギンヨウボダイジュ.JPG
191009ユリノキ (1).JPG
191009ユリノキ (2).JPG
191009ユリノキ (3).JPG

日本庭園の風景です、建物は旧東京医学校本館です。

191009日本庭園.JPG