団地の花。

ハブランツス、タマスダレ、ツルボ。

ヒガンバナ科のハブランツス・アンダーソニーとタマスダレが群生しています。
190925ハブランツス (1).JPG
190925ハブランツス (2).JPG
190925ハブランツス (3).JPG
190925タマスダレ (1).JPG
190925タマスダレ (2).JPG
190925タマスダレ (3).JPG

少し盛りを過ぎたツルボ(ユリ科)です。

190925ツルボ (1).JPG
190925ツルボ (2).JPG
190925ツルボ (3).JPG

区立赤塚植物園の花(3)。

ノカンゾウ、ワレモコウ、ナガボノシロワレモコウ、キンミズヒキ、アキカラマツ、ヌスビトハギ、スイレン。
ノンカゾウ(ユリ科)とバラ科のワレモコウ、ナガボノシロワレモコウ、キンミズヒキです。
190924ノカンゾウ.JPG
190924ワレモコウ.JPG
190924ナガボノシロワレモコウ.JPG
190924キンミズヒキ (1).JPG
190924キンミズヒキ (2).JPG

アキカラマツ(キンポウゲ科)とヌスピトハギ(マメ科)そしてスイレン(スイレン科)です。

190924アキカラマツ.JPG
190924ヌスビトハギヤ (1).JPG
190924ヌスビトハギヤ (2).JPG
190924スイレン (1).JPG
190924スイレン (2).JPG

区立赤塚植物園の花(2)。

シラヤマギク、ゲンノショウコ、シモバシラ、シュウカイドウ、テイカカズラ、ジンジャー、イトススキ。

シラヤマギク(キク科)とゲンノショウコ(フウロソウ科)です、赤花の一枚目は少し経過した花です。
1023シラヤマギク (1).JPG
1023シラヤマギク (2).JPG
190923ゲンノショウコ (1).JPG
190923ゲンノショウコ (2).JPG
190923ゲンノショウコ (3).JPG

シモバシラ(シソ科)、シュウカイドウ(シュウカイドウ科)、テイカカズラ(キョウチクトウ科)、シンジャー(ショウガ科)、イトススキ(イネ科)です、テイカカズラは季節外れの花です。
190923シモバシラ.JPG
190923シュウカイドウ.JPG
190923テイカカズラ.JPG
190923ジンジャ.JPG

区立赤塚植物園の花。

カリガネソウ、ヒガンバナ、ジョウキズイセン、オオバギボウシ、サワギキョウ、イタドリ。

前回の強風の影響で丈のある植物はほとんど倒れていて、花も形が崩れています。
長いシベが面白いカリガネソウ(クマツヅラ科)とヒガンバナ科のヒガンバナ、ジョウキズイセンそしてユリ科のオオバギボウシです。
190922カリガネソウ (1).JPG
190922カリガネソウ (2).JPG
190922カリガネソウ (3).JPG
190922ヒガンバナ_result.JPG
190922ジョウキズイセン_result.JPG
290922オオバギボウシ_result.JPG

サワギキョウ(キキョウ科)とイタドリ(タデ科)です。
190922サワギキョウ (1).JPG
190922サワギキョウ (2).JPG
190922イタドリ (1).JPG
190922イタドリ (2).JPG


蝶と街の花。

アカボシゴマダラ、スイフヨウ、ムクゲ、トサカケイトウ、クリヌム、タマスダレ、ピンクノーゼンカズラ。
全て携帯画像です。
アカボシゴマダラ(タテハチョウ科)とアオイ科のスイフヨウそしてムクゲです、この蝶は落ちて少し腐敗した桃の液体を採っている様です。
190921アカボシゴマダラ_result.JPG
190921アカボシゴマダラ-001_result.JPG
190921スイアヨウ_result.JPG
190921ムクゲ_result.JPG
190921ムクゲ-001_result.JPG

トサカケイトウ(ヒユ科)とヒガンバナ科のクリヌム、タマスダレそしてピンクノーゼンカズラ(ノーゼンカズラ科)の綺麗な花です。

190921トサカケイトウ_result.JPG
190921クリヌム_result.JPG
190921タマスダレ_result.JPG
190921ピンクノーゼンカズラ_result.JPG
190921ピンクノーゼンカズラ-001_result.JPG

街の花と昆虫(2)。

百日草、ランタナ、ペンタス、ペチュニア、蜘蛛、ツマグロヒョウモン。

綺麗に咲いている百日草(キク科)とランタナ(クマツヅラ科)です。
190920ジニア (1).JPG
190920ジニア (2).JPG
190920ジニア (3).JPG
190920ランタナ (1).JPG
190920ランタナ (3).JPG
190920ランタナ (2).JPG

ペンタス(アカネ科)トペチュニア(ナス科)そして蜘蛛とツマグロヒョウモン(タテハチョウ科)です、蜘蛛は自分で檻に入っている様に見える面白い蜘蛛です。

190920ペンタス.JPG
190920ペチュニア.JPG
190920蜘蛛.JPG
190920ツマグロヒョウモン.JPG