タニワタリノキなど。

タニワタリノキ、ナガバノコウヤボウキ、ヌスビトハキ。
画像
小石川植物園の花などです。

小さな木ですがタニワタリノキ(アカネ科)に面白い花が咲いています、花はコンペイトウに小さな毛を付けたような花で、長く伸びたシベがあり打ち上げ花火の一瞬の様です。

標識には九州と中国南部そしてインドシナに自生すると記載されています。

画像画像

画像



ナガバノコウヤボウキ(キク科)も面白い花を付けています。
画像画像

画像画像



ヌスビトハキ(マメ科)が小さな可愛い花を付けています、マクロで写してみるとマメ科に共通する綺麗な花だと思います。

名前の由来は果実の形を盗人の足跡に見立てたものと言われていますし、野山ではかぎ状の毛で衣類に良く付着している事があります。
画像画像

画像

"タニワタリノキなど。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: