雪山入門講座2。

赤城・駒ケ岳。
画像
風があってとても寒い朝です、最初の画像は窓から見た大きなツララと雪の風景です、二枚目は湖面に日が差してきた7時前の画像ですが、この時間になると多くの釣り人が大沼の氷の上に集まっています、ワカサキの釣れるポイントがある様で釣り人のビニールテントは固まっているようです。

画像


大洞といわれる地点まで移動しそこから登山道に入ります、西側の斜面は強い風が吹いていて木は白い霧氷で奇麗に輝いています。
画像画像

画像


途中で木の間から大沼を振り返ってみた写真です、青空ですが風が強くとても寒いです。
画像


雪はさらさらとした粉雪で強い風で舞い上がり霧氷を奇麗にしている様に思えます。
画像

画像


稜線に出て東側の斜面では風が無くとても暖かな感じです、そして駒ケ岳1685メートルへ続く稜線は気持ちの良い山行です。
画像

画像画像


見通しの良い所では前方に黒檜山1827メートルが奇麗に見えています。
画像


稜線のセッピの状況です、セッピに近づき雪崩となって落下するととても危険です、二枚目の写真の先端が駒ケ岳の山頂です。
画像

画像


駒ケ岳の山頂ですが木に付いている高さを示す標識以外は雪ノ下でよく分かりません、雪は氷りついたように良くしまっていてアイゼンの爪あと以外は跡も付きません。
画像


続きます。

"雪山入門講座2。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: