八海山4。

八海山の八ッ峰。
画像
小屋のスタッフが少なく朝の用意も間に合わないという事で、出発も1時間以上も遅れての出発となりました。
トップの画像は地蔵岳を振り返って捉えたものです、近くに面白い岩がありますし、別のところには2枚目のような恐竜の頭を思わせる珍しい岩もありました。

画像


不動岳の標柱と頂の風景です、霊神碑や石碑がところ狭しと並んでいてこの山が霊峰であり、過去の信仰が如何に行われていたかを示しているようでした、なおここには3枚目のような新しい像も安置されています。
画像

画像

画像


不動岳から地蔵岳方向の画像です、地蔵岳の左斜面に千本檜小屋が見えていますし、その後ろは薬師岳で遠くの雲海は旧大和町付近だと思います。
画像


前の画像の少し左側で、多くの登山者が利用するロープウエイが写っています。
画像


前方の釈迦岳ですが逆光になりぼやけています、山頂に人が立っているのが確認できます。
画像


屏風道方向の画像です、何処なのかは分かりませんが前日はこの尾根の所を苦労して登ってきたことになります。
画像


不動岳の岩場を慎重に下ります。
画像

画像


振り返って写した不動岳です、岩場の感じが良く分かりますし左の中ほどには下ってきた長い鎖が写っています。
画像


垂直の岩に生えている植物です。
画像


釈迦岳の頂から振り返って写した画像です、岩尾根の八ッ峰の感じが分かると思います。
画像


魚沼平野です。
画像


駒ケ岳です。
画像


摩利支岳です。
画像


続きます。

"八海山4。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: