八海山2。

八海山の屏風道コース2。
画像
鎖場は一般に足元が見えにくい事から下りが困難だといわれていますが、今回の鎖場も登りながらこのコースを下りに使うと大変な難コースだと話し合ったものです、このことは千本檜小屋に着いてみると、「この道は下山には利用しないでください」と書いた大きな立て札が建ててあり実感として納得した処でした。
市販の案内書の所要時間は4時間30分となっています、多くの鎖場と腕力の弱い女性もいる事を考慮するともう少し時間が必要ですし、急な鎖場では安全のために一人が上りきってから次の人が鎖に取り付くという事からも所要時間は増えてゆきました。
1から3枚目は登山の風景です。

画像

画像


前掲の3枚目の画像の頂の付近には信者の祈りの場所があり、ここには立派な銅像や鐘がありました、聞く所によると信者が八海山に向かい鐘を打ち鳴らし礼拝するところという事です。
銅像の背後に八海山が見えていますが、少し違う角度から写した画像が3枚目のものです、この画像の左の丸い頂が地蔵岳ですから千本檜小屋は青空が有る付近に有ることになります、未だ先は遠い感じです。
画像

画像

画像


少し不思議なものがありました、二枚の画像は同じミズナラ(ブナ科)だと思うのですが葉の表面に実のようなものが付いています、2枚目の画像には本来の実も見えますしミズナラの実ではないことは明らかですが、とても不思議な感じでした、同行者に結論を出せる者はおりませんでしたがどうも虫えいのような気がしております。
画像

画像


登山道の横にリンドウ(リンドウ科)も咲いていましたがすこしボケてしまいました。
画像


これから登ってゆく方向の画像で岩山は薬師岳だろうと思います。
画像


八海山の方向の沢筋には岩肌を水が流れています、雨の日に見ると何百メートルもの長い滝になるのではと想像できます、2枚の画像は連続した画像です。
画像

画像


この付近のナナカマドは種類が異なるのか最初に見たものより実が小さいように感じます。
画像


ムシカリ(オオカメノキ)(スイカズラ科)も綺麗な実を付けています、この木は春先の白い花もきれいですが、真冬に出来る冬芽がとても可愛らしい形をしていることから有名です。
画像


マムシグサ(サトイモ科)も赤い実を付けています、画像では並んで生えている別の植物の葉が重なって写っています。
画像


登山道は一度沢のような所を通ります、この場所では苔も湿っていてダイモンジソウ(ユキノシタ科)の未だ咲いている株が有りました。
画像

画像


下から見上げていると何処に道があるのか分かりませんが、頂上が大分近くなってきました。
画像

画像


続きます。

"八海山2。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: