唐松から白馬岳。

唐松岳から白馬岳縦走記録(5)。
画像

キレットからはほんの少しなだらかなハイマツの中を進みます、先行している一斑などは先のほうのハイマツの中を歩いています。







天狗の大下りを登ります、写真では緩やかに見えますがガレバの急な斜面をジグザグに登って行きます。
画像


面白いオブジェのような岩がありました。
画像


振り返ってみると出発した唐松岳ははるか遠くになっています。
画像


イブキジャコウソウ(シソ科)が綺麗に咲いています、葉の部分をなでてその手を顔に近づけるととてもいい香りがしています、立山の方をみると黒部ダムのアーチが少し霞んで見えていました。
画像

画像


東側の少し緩やかな斜面はお花畑になっていて、イブキトラノオ(タデ科)など沢山の花が咲いています。
画像


天狗の大下りから先の天狗尾根は東側が崩壊の進んだ急な崖になっていて、谷の方から勢いよく霧が吹き上がってきます。
画像


天狗尾根の荒地にはコマクサ(ケシ科)が咲いています、コマクサはほかの植物が生育できないようなガレバに点々と咲いて大きな群落を形成していますから、本当に強靭な性質の植物だと感心して眺めてきました。
画像

画像

画像


タカネツメクサ(ナデシコ科)です。
画像


オンタデ(タデ科)です。
画像


斜面を登っている時上のほうで異常に感じる大きな音がしています、同行の人達ともこんな所で何の音だろうと思っていましたが、その場所に行ってみると数匹の蝉が岩の上で鳴いていました、岩に反響しているようですし又ふつうの蝉のミーンミーンといったリズムが無くて、ただ大きな音を連続して出している感じでした。

大きさはアブラゼミより少し大きいくらいですが、こんな2800メートルもある地点に蝉がいることに驚きました。
画像

画像

画像


天狗の頭の三角点は少し離れたところにあるようですが、標高的にはほぼ同じ2812メートル地点です、ここでも東側はガスッテ何も見えません。
画像


ハマナスと良く似た感じのタカネバラ(バラ科)が咲いています、この場所はこのとき一輪しか咲いていませんでしたが、こんな山の上で綺麗なバラに出会うとは驚きとともに幸せです。
画像

画像


ムカゴトラノオ(タデ科)です、この花は咲いた花の下に出来ているムカゴで繁殖するため、花には実が出来ないようです。
画像

画像


イワギキョウ(キキョウ科)です。
画像


なだらかな斜面を進む3・4班です。
画像


ほとんどのウルップソウ(ゴマノハグサ科)は花の季節が終わっていましたが、まだ少し花が残っているものを写してみました。
画像

画像


ミヤマシオガマ(ゴマノハグサ科)です。
画像


ヨツバシオガマ(ゴマノハグサ科)です、このヨツバシオガマの方が勢力があって、雪渓の溶けたところに群落を作ってます。
画像

画像

画像


天狗小屋のところには大きな雪渓かずあり、そこからの水が飲用できるようになっていて、水を補給したり喉を潤したりしました、疲れた体に活をいれる冷たい水でした、この小屋の陰でヒメクワガタ(ゴマノハグサ科)が咲いていました。
画像

画像

画像


ハクサンイチゲ(キンポウゲ科)です。
画像

画像


ミヤマオダマキ(キンポウゲ科)です。
画像


タカネミミナグサ(ナデシコ科)です、花弁の先が中ほどまで裂けていて白く可愛い花です。
画像


ミヤマキンポウゲ(キンポウゲ科)です、
画像

続きます。

"唐松から白馬岳。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: