野火止用水。

野火止用水の秋の深まった風景です。
画像
埼玉県新座市の野火止用水を散策しました、史跡に指定されているこの用水は標識に次のように記載されています。
「野火止用水は承応4年(1655)に、川越城主であった松平伊豆守信綱により、武蔵野開発の一貫として野火止台地開発のために開削された用水路で、開拓農民が必要とする生活用水の確保を主目的としたものです。」

この用水は玉川上水から分水され新河岸川まで全長25キロメートルに及ぶ水路です、新座市付近の水路はその後一部暗渠にされてしまった箇所もありましたが、その大部分が開渠で紅葉した樹木もありなかなか楽しい散策路です、


画像

画像

水路は一部コンクリートや護岸で固められていますが、その多くが木杭で出来ていて植物と調和していい風景と成っています、水路には鯉が泳いでいて、雑排水が流れ込まないように維持されているようでした。
画像

画像


関越道は水路橋で横断しています。
画像

"野火止用水。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: