奥秩父核心部縦走の3日間、(その3)。

奥秩父核心部縦走の3日間、(その3)。
画像
三日目。
雲ひとつない青空です、逆光に成りますが富士山も綺麗に見えていて、その大きさと高さになるほどと思わないではいられない感じでした、1時間ほど登ったところで朝日岳山頂てまえの岩場に着きます、ここからの眺望は素晴らしくて富士山から南アルブスの盟主北岳、そして甲斐駒ケ岳までが少し霞んでいますが見えています、鳳凰三山は肉眼でやっと確認出来る程度でした、北側もかすかに浅間山が見えていました。(画像はクリックで拡大します)

朝の大弛小屋。
画像

南アルブス。
画像

甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳のアップ。
画像

北岳などのアッブ。
画像

朝日岳山頂。
画像

朝日岳を過ぎると金峰山の雄大な姿と特徴のある五丈岩が見えてきました、更に木々の間から八ヶ岳連峰も朝日に輝き、赤岳の山頂にある小屋の屋根が太陽を反射していました、金峰山の登りで樹林帯を越えると一段と視野が開け、瑞牆山と八ヶ岳連峰を眺めながら登ります、金峰山の山頂には我々のグループ以外に10名程度の登山者でした、山頂の眺めはやはり五丈岩で、花崗岩の殿堂は迫力満点です。

金峰山。
画像

八ヶ岳と手前の瑞牆山。
画像


瑞牆山のアップ。
画像

金峰山山頂、バックは八ヶ岳。
画像

五丈岩。
画像

山頂は風が強く風下の岩陰で早目の昼食を取り下山に入ります、下山路の尾根筋は小さなピークが連続しているのが見えます、そしてその先に瑞牆山の岩のピラミットがあるという感じです、振り返ってみると五丈岩が正面とは違う印象を与えます。

岩尾根の景色。
画像

五丈岩。
画像

尾根筋の西側は絶壁になっていてその先に見える山々は唐松が金色に輝いていました、小さなピークの北側を巻く道では雪が凍って滑りやすく難所が続きます、樹林帯に入ると石が多く段差のある道で膝に負担がかかります、高低差400メートルほど下った所に大日岩があり、小休止して登ってみる事にしました、途中まで登りましたが降りるときの事を考え私は中止しましたたが、メンバーの数人は岩の頂上まで登りました。

唐松の紅葉。
画像

日陰の難所。
画像

大日岩。
画像

大日岩から金峰山。
画像

大日岩頂上。
画像

瑞牆山荘近くまで下ってくると、やっと名残の紅葉があり赤や黄色の紅葉を見ながら瑞牆山荘到着し、待機とていたバスで増富温泉に向かい入浴後高速道路の渋滞に遭いながら帰宅しました。

紅葉。
画像
画像









画像
画像









増富の湯。
画像

"奥秩父核心部縦走の3日間、(その3)。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: