ベランダの花。

デュランタ、トランデスカチア、エビスグサ。

台風の強風で枝が折れたりして痛んでいた木も、少し元気を取り戻し綺麗にさいているデュランタ(クマツヅラ科)です。
190928デュランタ.JPG
190928デュランタ-001.JPG
190928デュランタ-002.JPG
190928デュランタ-003.JPG

咲き始めたトランデスカチア・シラモンタナ(ツユクサ科)です。
90928トランデスカチア (1).JPG
90928トランデスカチア (2).JPG

面白い花のエビスグサ(マメ科)です、花が終わるとすぐ2枚目の写真のように豆のさやが伸びてきます。

190928エビスグサa.JPG
190928エビスグサa-001.JPG
190928エビスグサa-002.JPG
4190928エビスグサa-003.JPG

団地の花。

ハブランツス、タマスダレ、ツルボ。

ヒガンバナ科のハブランツス・アンダーソニーとタマスダレが群生しています。
190925ハブランツス (1).JPG
190925ハブランツス (2).JPG
190925ハブランツス (3).JPG
190925タマスダレ (1).JPG
190925タマスダレ (2).JPG
190925タマスダレ (3).JPG

少し盛りを過ぎたツルボ(ユリ科)です。

190925ツルボ (1).JPG
190925ツルボ (2).JPG
190925ツルボ (3).JPG

区立赤塚植物園の花(3)。

ノカンゾウ、ワレモコウ、ナガボノシロワレモコウ、キンミズヒキ、アキカラマツ、ヌスビトハギ、スイレン。
ノンカゾウ(ユリ科)とバラ科のワレモコウ、ナガボノシロワレモコウ、キンミズヒキです。
190924ノカンゾウ.JPG
190924ワレモコウ.JPG
190924ナガボノシロワレモコウ.JPG
190924キンミズヒキ (1).JPG
190924キンミズヒキ (2).JPG

アキカラマツ(キンポウゲ科)とヌスピトハギ(マメ科)そしてスイレン(スイレン科)です。

190924アキカラマツ.JPG
190924ヌスビトハギヤ (1).JPG
190924ヌスビトハギヤ (2).JPG
190924スイレン (1).JPG
190924スイレン (2).JPG

区立赤塚植物園の花(2)。

シラヤマギク、ゲンノショウコ、シモバシラ、シュウカイドウ、テイカカズラ、ジンジャー、イトススキ。

シラヤマギク(キク科)とゲンノショウコ(フウロソウ科)です、赤花の一枚目は少し経過した花です。
1023シラヤマギク (1).JPG
1023シラヤマギク (2).JPG
190923ゲンノショウコ (1).JPG
190923ゲンノショウコ (2).JPG
190923ゲンノショウコ (3).JPG

シモバシラ(シソ科)、シュウカイドウ(シュウカイドウ科)、テイカカズラ(キョウチクトウ科)、シンジャー(ショウガ科)、イトススキ(イネ科)です、テイカカズラは季節外れの花です。
190923シモバシラ.JPG
190923シュウカイドウ.JPG
190923テイカカズラ.JPG
190923ジンジャ.JPG

区立赤塚植物園の花。

カリガネソウ、ヒガンバナ、ジョウキズイセン、オオバギボウシ、サワギキョウ、イタドリ。

前回の強風の影響で丈のある植物はほとんど倒れていて、花も形が崩れています。
長いシベが面白いカリガネソウ(クマツヅラ科)とヒガンバナ科のヒガンバナ、ジョウキズイセンそしてユリ科のオオバギボウシです。
190922カリガネソウ (1).JPG
190922カリガネソウ (2).JPG
190922カリガネソウ (3).JPG
190922ヒガンバナ_result.JPG
190922ジョウキズイセン_result.JPG
290922オオバギボウシ_result.JPG

サワギキョウ(キキョウ科)とイタドリ(タデ科)です。
190922サワギキョウ (1).JPG
190922サワギキョウ (2).JPG
190922イタドリ (1).JPG
190922イタドリ (2).JPG


蝶と街の花。

アカボシゴマダラ、スイフヨウ、ムクゲ、トサカケイトウ、クリヌム、タマスダレ、ピンクノーゼンカズラ。
全て携帯画像です。
アカボシゴマダラ(タテハチョウ科)とアオイ科のスイフヨウそしてムクゲです、この蝶は落ちて少し腐敗した桃の液体を採っている様です。
190921アカボシゴマダラ_result.JPG
190921アカボシゴマダラ-001_result.JPG
190921スイアヨウ_result.JPG
190921ムクゲ_result.JPG
190921ムクゲ-001_result.JPG

トサカケイトウ(ヒユ科)とヒガンバナ科のクリヌム、タマスダレそしてピンクノーゼンカズラ(ノーゼンカズラ科)の綺麗な花です。

190921トサカケイトウ_result.JPG
190921クリヌム_result.JPG
190921タマスダレ_result.JPG
190921ピンクノーゼンカズラ_result.JPG
190921ピンクノーゼンカズラ-001_result.JPG

街の花と昆虫(2)。

百日草、ランタナ、ペンタス、ペチュニア、蜘蛛、ツマグロヒョウモン。

綺麗に咲いている百日草(キク科)とランタナ(クマツヅラ科)です。
190920ジニア (1).JPG
190920ジニア (2).JPG
190920ジニア (3).JPG
190920ランタナ (1).JPG
190920ランタナ (3).JPG
190920ランタナ (2).JPG

ペンタス(アカネ科)トペチュニア(ナス科)そして蜘蛛とツマグロヒョウモン(タテハチョウ科)です、蜘蛛は自分で檻に入っている様に見える面白い蜘蛛です。

190920ペンタス.JPG
190920ペチュニア.JPG
190920蜘蛛.JPG
190920ツマグロヒョウモン.JPG

街の昆虫と花。

カマキリ、蝶、クマバチ、ボケ、タチアオイ、ハナアロエ、サルビア。

オオカマキリ(カマキリ科)、ツマグロヒョウモン(タテハチョウ科)、クマバチ(ミツバチ科)です。
190919カマキリ.JPG
190919ツマグロヒツヨウモン.JPG
190919クマバチ.JPG

ボケ(バラ科)の実、と二番花の様なタチアオイ(アオイ科)そしてハナアロエ(ユリ科)です。
190919ボケ.JPG
190919タチアオイ.JPG
190919ハナアロエ.JPG

シソ科のメドセージとサルビア・コクシネアです。

190919メドセージ.JPG
190919サルビア (1).JPG
190919サルビア (2).JPG
190919サルビア (3).JPG

街の花(5)。

ジニア、フロックス、ニチニチソウ、ペチュニア、ハイビスカス、タマスダレ。

綺麗に咲いているジニア(キク科)とフロックス(ハナシノブ科)そしてニチニチソウ(キョウチクトウ科)です。 
190918ジニア (1).JPG
190918ジニア (2).JPG
190918フロックス.JPG
190918ニチニチソウ.JPG

綺麗に咲いているペチュニア(ナス科)とハイビスカス(ナス科)そして群生しているタマスダレ(ヒガンバナ科)です。
190918ペチュニア (1).JPG
190918ペチュニア (2).JPG
190918ハイビスカス (1).JPG
190918ハイビスカス (2).JPG
190918タマスタ゚レ (1).JPG
190918タマスタ゚レ (2).JPG

街の花(4)。

ルライソウ、マンデビラ、ツルハナナス、薔薇。

街路樹の根元で咲いているヤナギバルライソウ(キツネノマゴ科)とマンデビラ(キヨウチクトウ科)そしてツルハナナス(ナス科)です。
190917ルライソウ (1).JPG
190917ルライソウ (2).JPG
190917マンデビラ (1).JPG
190917マンデビラ (2).JPG
190917ツルハナナス (1).JPG
190917ツルハナナス (2).JPG

薔薇(バラ科)です。

190917薔薇 (1).JPG
190917薔薇 (2).JPG
190917薔薇 (3).JPG
]190917薔薇 (4).JPG

街の花(3)。

ヒマラヤユキノシタ、シャクナゲ、クチナシ、ノボタン、ハナトラノオ、ノーゼンカズラ、ブーゲンビレア、プルメリア。

ヒマラヤユキノシタ(ユキノシタ科)が咲き始めていて蝶も来ています、そしてシャクナゲ(ツツジ科)も少し咲いています。
190915ヒマラヤユキノシタ (1).JPG
190915ヒマラヤユキノシタ (2).JPG
190915シャクナゲ (1).JPG
190915シャクナゲ (2).JPG

二番花のクチナシ(アカネ科)とシコンノボタン(ノボタン科)そしてハナトラノエ(シソ科)です。
190915クチナシ.JPG
190915ノボタン.JPG
190915ハナトラノオ.JPG

ノーゼンカズラ(ノーゼンカズラ科)とブーゲンビレア(オシロイバナ科)そしてプルメリア(キョウチクトウ科)の綺麗な花です。
190915ノーゼンカズラ.JPG
190915ブーゲンビレア.JPG
[190915プルメリア.JPG

街の花(2)。

クレオメ、オクラ、コムラサキ、クレマチス、ツルレイシ、サルスベリ。

クレオメ(フアチョウソウ科)とオクラ(アオイ科)そしてコムラサキ(クマツヅラ科)です。
190914クレオメ.JPG
190914オクラ.JPG
190914コムラサキ.JPG

クレマチス(キンポウゲ科)とツルレイシ(ウリ科)そしてサルスベリ(ミソハギ科)です、ツルレイシはゴーヤ、ニガウリと言われていてグンカーテンに利用され熟した実も出来ています。

190914クレマチス (1).JPG
190914クレマチス (2).JPG
190914ゴーヤ (2).JPG
190914ゴーヤ (3).JPG
190914ゴーヤ (4).JPG
190914サルスヘー゙リ (1).JPG
190914サルスヘー゙リ (2).JPG

街の花。

アオヅル、アサガオ、ヤノネボンテンカ、ガガイモ。

「アオヅル」と呼ばれる木立性ベゴニア(シュウカイドウ科)が綺麗に咲いています。
190913アオヅル (1).JPG
190913アオヅル (2).JPG
190913アオヅル (3).JPG

日よけになっているアサガオ(ヒルガオ科)とヤノネボンテンカ(アオイ科)です、アサガオはリュウキュウアサガオでしょうか?。
190913アサガオ (1).JPG
190913アサガオ (2).JPG
190913ヤノネボンテンカ.JPG

住宅地の空地でガガイモ(ガガイモ科)が蔓延って昆虫を集めて咲いています。

190913ガガイモ (1).JPG
190913ガガイモ (2).JPG
190913ガガイモ (3).JPG
190913ガガイモ (4).JPG

団地の花(2)。

<スイフヨウ、フヨウ、オシロイバナ、アサガオ、オオケダテ。/span>

散歩時の携帯画像です。
アオイ科のスイフヨウとフヨウです。
190912スイフヨウ_ (1).JPG
190912スイフヨウ_ (2).JPG
190912スイフヨウ_ (3).JPG
190912フヨウ.JPG

オシロイバナ(オシロイバナ科)とアサガオ(ヒルガオ科)そしてオオケタデ(タデ科)です。
190912オシロイバナ (1).JPG
190912オシロイバナ (2).JPG
190912アサガオ (1).JPG
190912アサガオ (2).JPG
190912オオケタデ (1).JPG
190912オオケタデ (2).JPG

団地の花。

サンゴバナ、タマスダレ、サフランモドキ、アジサイ。

サンゴバナ(サキツネノマゴ科)が綺麗に咲いています。
190911サンゴバナ (1).JPG
190911サンゴバナ (2).JPG

ヒガンバナ科のタマスダレとサフランモドキです。
290911タマスタ゚レ (1).JPG
290911タマスタ゚レ (2).JPG
290911サフランモドキ (1).JPG
290911サフランモドキ (2).JPG

アジサイ(アジサイ科)が7未だ綺麗に咲いています。

190911アシ゚サイ (1).JPG
190911アシ゚サイ (2).JPG
190911アシ゚サイ (3).JPG
4190911アシ゚サイ (4).JPG

公園と街の花。

ホテイアオイ、スイレン、モミジアオイ、ヒマワリ、アキノノゲシ、エミナエシ、薔薇、茸、ニラ。

鉢植えのホテイアオイ(ミズアオイ科)とスイレン(スイレン科)です。
190910ホテイアオイ.JPG
190910スイレン.JPG

モミジアオイ(アオイ科)とキク科のヒマワリとアキノノゲシそして庭先で綺麗に咲いているオミナエシ(オミナエシ科)です。
190910モミジアオイ.JPG
190910ヒマワリ.JPG
190910アキノノゲシ.JPG
190910オミナエシ.JPG

薔薇と茸そしてニラです、茸は花が咲いた様ですしニラ(ユリ科)にはモンシロチョウが来ています。
190910薔薇.JPG
190910茸.JPG
190910ニラ (1).JPG190910ニラ (2).JPG

公園と街の花。

トケイソウ、ムラサキゴテン、ニチニチソウ、ジニア、キバナコスモス、アゲラタム、ウモウケイトウ、センニチコウ、サンゴジュ。

トケイソウ(トケイソウ科)とムラサキゴテン(ツユクサ科)そしてニチニチソウ(キョウチクトウ科)です。
190909トケイソウ.JPG
190909ムラサキゴテン.JPG
190909ニチニチソウ.JPG

キク科のジニアとキバナコスモスそしてアゲラタムです、ジニアは街路樹の処でアゲラタムは中央分離帯です。
190909ジニア_result.JPG
190909キバナケイトウ_.JPG
190909アゲラタム.JPG

ヒユ科のウモウケイトウとセンニチコウです。
190909ウモウケイトウ.JPG4
190909センニチコウ (1).JPG
190909センニチコウ (2).JPG

沢山の実を付けているサンゴジュ(レンブクソウ科)です。
190909サンゴジュ.JPG

区立赤塚植物園の花。

サワギキョウ、ツリガネニンジン、ノカンゾウ、ノシラン、タマアジサイ。

綺麗に咲いているキキョウ科のサワギキョウとツリガネニンジンです。
190908サワギキョウ (1).JPG
190908サワギキョウ (2).JPG
190908サワギキョウ (3).JPG
190908ツリガネニンジン.JPG

ユリ科のノカンゾウとノシランです、冬にはノシランの青い実は鳥の餌になります。
190908ノカンゾウ.JPG
190908ノシラン (1).JPG
190908ノシラン (2).JPG

タマアジサイ(アジサイ科)です、山間部の様な綺麗な色は期待できない様です。
190908タマアジサイ (1).JPG
190908タマアジサイ (2).JPG
190908タマアジサイ (3).JPG

街の花。

ピンクノーゼンカズラ、ノーゼンカズラ、モミジアオイ、ユーコスミス、ペチュニア、インパチェンス、ヒマワリ。
綺麗に咲いているノウゼンカズラ科のピンクノーゼンカズラとノーゼンカズラです。
190907ピンクノーゼンカズラ.JPG
190907ノーゼンカズラ.JPG

モミジアオイ(アオイ科)とユーコスミス(ユリ科)です。
190907モミジアオイ.JPG
190907ユーコミス (1).JPG
190907ユーコミス (2).JPG

ペチャニア(ナス科)とインパチェンス(ツリフネソウ科)そしてヒマワリ(キク科)です。
190907ヘチュニア (1).JPG
190907ヘチュニア (2).JPG
190907インパチェンス.JPG
190907ヒマワリ (1).JPG
190907ヒマワリ (2).JPG

昆虫。

アゲハ、ジャコウアゲハ、ツマグロヒョウモン、イチモンジセセリ、カノコガ、ジョロウグモ、蝉。

アゲハチョウ科のアゲハとジャコウアゲハです。
190906アゲハ.JPG
190906ジャコウアゲハ (1).JPG190906ジャコウアゲハ (2).JPG

ツマグロヒョウモン(タテハチョウ科)とイチモンジセセリ(セセリチョウ科)そしてカノコガ(マダラガ科)です。
190906ツマグロヒョウモン.JPG
190906イチモンシ゚セセリ.JPG
190906カノコガ.JPG

ジョロウグモ(ジョロウグモ科)です秋になり大分大きく成っています、2枚目は巣の端にいた小さなクモで雄でしょうか?。
190906ジョロウグモ (1).JPG
7190906ジョロウグモ (2).JPG

少し涼しくなり蝉しぐれは無くなりました、セミ科のアブラゼミとミンミンゼミでしょうか?。
190906蝉 (1).JPG
190906蝉 (2).JPG

団地の花(3)。

サルスベリ、オタフクナンテン、サルビア

背の低いサルスベリ(ミソハギ科)がいろいろの処で綺麗に咲いていますし高木もあります。
190905サルスベリ  (1).JPG
190905サルスベリ  (2).JPG
190905サルスベリ  (3).JPG
190905サルスベリ  (4).JPG
190905サルスベリ  (5).JPG

オタフクナンテン(メギ科)も赤く色づいてきました。
190905オタフクナンテン.JPG

サルビア(シソ科)です、スプレンデスとピンクと赤のコクネシアです。
190905サルビアa.JPG
190905サルビア (1).JPG
190905サルビア (2).JPG
190905サルビア (3).JPG

団地の花(2)。

ハナスベヒユ、蜂、クマバチ、ヤナギバルライソウ、ハゲイトウ、ニチニチソウ。

ハナスベリヒユ(スベリヒユ科)が綺麗に咲いています。
190904ハナスベリヒユ (2).JPG
190904ハナスベリヒユ (3).JPG4
190904ハナスベリヒユ (4).JPG
190904ハナスベリヒユ (5).JPG
190904ハナスベリヒユ (6).JPG

花に来ている蜂とクマバチ(ミツバチ科)そしてヤナギバルラスーイソウ(キツネノマゴ科)です。
190904蜂.JPG
190904クマバチ.JPG
190904ルライソウ.JPG

綺麗なハゲイトウ(ヒユ科)とニチニチソウ(キョウチクトウ科)です。

190904ハゲイトウ.JPG
4190904ニチニチソウ.JPG

団地の花。

ユリズイセン、アサガオ、フロックス、シャクナゲ、ウモウケイトウ、ノウゼンカズラ。

ユリガイセン(アルストロメリア)(ユリズイセン科)です、一度刈られた株から新しい花が咲き始めていますし、アルストロメリア・プルケラはまだ咲いています。
190603ユリズイセン (1).JPG
190603ユリズイセン (2).JPG
190903フルケラ.JPG

アサガオ(ヒルガオ科)とフロックス(ハナシノブ科)そして季節外れに咲いているシャクナゲ(ツツジ科)です。
190903アサガオ.JPG
190903フロックス.JPG
190903シャクナゲ.JPG

ウモウケイトウ(ヒユ科)とノウゼンカズラ(ノウゼンカズラ科)の綺麗な花です。
190903ウモウケイトウ (1).JPG
190903ウモウケイトウ (2).JPG
190903ノウゼンカズラ (1).JPG
190903ノウゼンカズラ (2).JPG


団地の花木。

スイフヨウ、アジサイ、アメリカデイゴ。

スイフヨウ(アオイ科)です。
190902スイフヨウ (1).JPG
190902スイフヨウ (2).JPG
190902スイフヨウ (3).JPG
190902スイフヨウ (4).JPG

未だ綺麗に咲いているアジサイ(アジサイ科)です。
190902アシサイ (1).JPG
190902アシサイ (2).JPG

今年も使われていない幼児プールで剪定後の二番花が綺麗に咲き始めています。
190902アメリカデイゴ (1).JPG
190902アメリカデイゴ (2).JPG
190902アメリカデイゴ (3).JPG
190902アメリカデイゴ (5).JPG

区立赤塚植物園と街の花。

サネカズラ、ガガイモ、クリヌム、キカラスウリ。

サネカズラ(マツブサ科)の綺麗な花が咲き始めました、かって樹液を整髪に利用したことから「美男葛」とも言われています。
190901サネカズラ (1).JPG
190901サネカズラ (2).JPG
190901サネカズラ (3).JPG

ガガイモ(ガガイモ科)も咲き始めています。
190901ガガイモ (1).JPG
190901ガガイモ (2).JPG

街の花で綺麗に咲いたクリヌム(ヒガンバナ科)と昼間にまだしぼまないで残さっていたキカラスウリのレースの様な花です。

190901クリヌム (1).JPG
190901クリヌム (2).JPG
190901キカラスウリ (1).JPG
190901キカラスウリ (2).JPG
190901キカラスウリ (3).JPG