霜柱と小鳥。

霜柱、リュウキュウマメガキ、メジロ、スズメ。
画像

21日の早朝に植物園の霜柱を写してきました、この区立植物園は9時の開門ですから、普段は散歩コースとして歩く処をこの日はバスで出かけ9時過ぎに到着しました、樹木は葉を落としていますから光が地表に良く届いていて、心配しましたが何とかシモバシラ(シソ科)の根元に出来ている霜柱を写す事が出来ました。

朝方の氷結は前日から始まっていますから、本当は前日の20日の方が良かったのかもしれません、この事は一度シモバシラが霜柱を作るとその機能が衰えるといわれています。

画像画像

画像画像

画像

画像



葉を落としたリュウキュウマメガキ(かきのき科)は指先大の小さな実が沢山付いていて面白い風景です。
画像画像



見ているとそのリュウキュウマメガキにメジロがやって来ました。
画像画像

画像



民家のカキノキに集まった小鳥で、写真はスズメのようです。
画像画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年12月22日 08:06
おはようございます。
シモバシラに出来る霜柱、きれいに出来ていますね。
不思議な形です。
木の実と小鳥、絵になりますね。
2009年12月22日 08:23
話に聞いていたシモバシラの霜柱、見事に撮影出来ましたね。
鳥たちも残りの果実を食べるのに一生懸命のようですね。
2009年12月22日 08:26
シモバシラの霜柱ですね。珍しいものを拝見しました。シモバシラが弱るのですか、立浪草に似た綺麗な花ですね。
2009年12月22日 20:14
21日も寒かったですが22日はこの冬一番の寒さでした。こちらも初めて氷が張りました。こんな日はシモバシラが素敵なんでしょうね。
2009年12月22日 23:19
こんばんは~
霜柱見事に柱を作り出しましたね
珍しい形ですね見た事のない形です。
マメが木も小鳥さんの餌に成ってきましたね
厳しい冬がすぐそこですね
OSAMI
2009年12月23日 11:55
未来さん今日は、
この植物園の開園時間が9時ですから霜柱の撮影には少し遅いですね、本当は日の当たる前に撮影したいものだと思いました。
OSAMI
2009年12月23日 11:55
長さん今日は、
開園時間の関係で日光のあたった霜柱になってしまいました、本当は日光の当たる前に撮影したいものだと思いました。
OSAMI
2009年12月23日 11:56
寿々木さん今日は、
開園時間の関係で日光のあたった霜柱になってしまいました、本当は日光の当たる前に撮影したいものだと思いました、茎の周辺に出来る霜柱ですから茎の組織も壊れるようで、毛細管現象が衰えると聞いています。
OSAMI
2009年12月23日 11:57
信徳さん今日は、
一回凍るとシモバシラも組織が壊れるようで2回目以降は小さくなると聞いています、凍る初日が良い様ですね。
OSAMI
2009年12月23日 11:57
おととさん今日は、
この植物園の開園時間が9時ですから霜柱の撮影には少し遅いですね、本当は日の当たる前に撮影したいものだと思いました、小鳥たちも食糧確保に懸命なこの頃ですかね。
2009年12月23日 15:22
東京でもシモバシラの霜柱が見られるのですね。色々の形が出来ています。私も初めて、シモバシラの霜柱を22日に陣馬山~高尾山の間で見ることが出来ました。
OSAMI
2009年12月23日 22:34
デコウォーカさん今日は、
シモバシラの霜柱は以前から気になっていたのですが、今回の寒波でタイミングよく霜柱に出会えたと思っています。