街の彩り7。

小石川植物園(4)。
画像

大きな樹のクヌギ(ブナ科)も見上げると綺麗に黄葉しています、山などに行った時に雑木林で普通に見るクヌギは、薪やシイタケの原木などに利用されるために伐採され再生している事を繰り返しているものが多いのですが、これらのクヌギと比べると伐採された事の無いここのクヌギは大きく本当にりっぱです。

画像画像

画像



次の2枚は更に大きなクヌギで近くの公園の自然林の所にあるものです、私が見たクヌギで一番大きなものだと思いますし、このように大きな樹が市街地の近くにある事に感激しています。
画像画像



クヌギと並び雑木林を代表するコナラ(ブナ科)の綺麗な黄葉です、この樹も大きくて何だかコナラのイメージが変わりそうですし、標識がなければコナラとは考えないと思います、25日に皇居東御苑で取り上げたコナラとは大分感じが違います。
画像



イヌシデ(カバノキ科)の大きな樹です、見上げると輝くような黄葉です。
画像



木は未だ小さいですがイタヤカエデ(カエデ科)の綺麗な黄葉です。
画像画像



この木も小さいですがヨーロッパカエデ(カエデ科)の綺麗な黄葉です。
画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 信徳

    随分大きなクヌギ、コナラ、イヌシデですね。とても都内とは思えない樹木です。
    2008年12月11日 09:07
  • デコウォーカ

    どれも綺麗に黄葉していますね。それにしても、大きなクヌギやコナラやイヌシデですね。香貫山にはクヌギは無いと思います。コナラとイヌシデはありますが都内の木に負けているかも知れませんね(笑)。
    イタヤカエデとヨーロッパカエデは紅葉でなく黄葉するのですね?これも香貫山にはありません。
    2008年12月11日 18:54
  • こんばんは。
    小石川植物園には大きな木が多いですが、大きな木の黄葉は綺麗ですね。
    黄色い鮮やかな葉に黒い枝、青空が綺麗です。
    コナラの枝も綺麗に上に伸びていますね。黄葉も本当に様々な色をして同じ木でも陽の当たるな所でも違うようですね。カエデの名前もイタヤカエデ、ヨーロッパカエデなど初めて教えていただく名前です。
    大きな木の黄葉を見上げたり、鮮やかな色の木の間を歩いたりすると癒されます。
    2008年12月11日 19:56
  • ミニミニ放送局

    都心にもこんなに大きなクヌギがあるんですね。
    コナラやクヌギは武蔵野の雑木林をイメージさせます。
    枝ぶりや葉がとても綺麗ですね。
    2008年12月11日 20:11
  • OSAMI

    信徳さん今日は、
    2枚の写真の公園にあるクヌギは本当に大きな樹ですし、この様な樹が良く保存されていたものだと不思議な気持ちで写してきました。
    2008年12月11日 21:12
  • OSAMI

    デコウォーカさん今日は、
    近くの公園のクヌギは特別として、小石川植物園は徳川時代からと考えると大きな自然の樹木が有っても納得の事かと思っています。
    イタヤカエデとヨーロッパカエデはどうも黄葉の種類のようですね。
    2008年12月11日 21:13
  • OSAMI

    杏さん今日は、
    ユリノキとかスズカケノキのように植林された巨木も有りますが、クヌギやコナラは自然の樹木のようですし、山に行く時に見たりする雑木林とは大分樹形が違うと思いながら写して見ました、上ばかり見ていると首に良くないですけれどね(笑)。
    2008年12月11日 21:14
  • OSAMI

    ミニミニ放送局さん今日は、
    2枚の写真の公園にあるクヌギなどは幹を見ると何か別の樹のような感じです、何だか違う種類の樹を見ているようなかんじで、標識を見るまでクヌギとは思いませんでした。
    2008年12月11日 21:15
  • 散歩おじさん

    ひょっとして、私がブログで銀杏と書いたのはクヌギなのかも知れません。
    小石川植物園は木の種類が多いのは植物園ですから当たり前ですが、大きいのが魅力ですね。
    2008年12月11日 22:05
  • OSAMI

    散歩おじさん今日は、
    銀杏で間違いないでしょう、手入れのされていない自然教育園は自由に歩けませんが、小石川植物園はほぼ自由に歩けますから、いろいろの植物を見る楽しみが有って良いなと思ってます。
    2008年12月13日 00:49