御嶽山(4)。

剣が峰から飯森駅(2)。
画像

紅葉風景の続きです岩や石と紅葉が良いなと思いながら写して見ました、登山ですから荷物を軽くする必要から、いつものデジカメでなくコンパクトデジカメにした事で、画像を見ながら大きいカメラを持ってゆくべきだったと悔しい思いをしています。

画像

画像画像



八合目の女人堂付近には多くの石仏等があります、振り返ると下りてきたコースが見えますし剣が峰の小屋も見えています、右の画像の左上が剣が峰の小屋です。
画像画像



女人堂付近が森林限界で次第に樹高のある植物も多くなります、黄色はダテカンバで赤はナナカマドだと思います。
画像画像

画像画像



登山道の両側も大きなナナカマドの紅葉が綺麗です。
画像画像



未だ時間は午前10時過ぎですが天候は悪くなっているようで遠くの山が霞んできました、又この付近からは身軽な服装で登ってくる多くの人達に出会います、小さな子供づれ、赤ん坊を抱っこした外人の夫婦、革靴とショルダーバックの男性、中年の婦人観光客の一団などいろいろですが、樹林帯の中の山道は丸太を並べたような階段箇所や大きな石がゴロゴロしている所が多くありましたから、登りは良くても下りは苦労するのではと心配になるところです。
画像画像



山の紅葉と綺麗なナナカマドの紅葉です。
画像画像



7合目の行場小屋です、ここからトラバースの歩きやすい道を10分ほど行くと御嶽ロープウエイの飯森駅です、右はローブウエイとスキー場の風景です。
画像画像



飯森駅付近(2150m)で咲いているヤマハハコ(キク科)と綺麗なマツムシソウ(マツムシソウ科)です。
画像画像



ローブウエイに乗り込みます、二枚目はロープウエイの中から写したものですが、窓に光を反射する素材が入っているのか色が変です。
画像画像



ロープウエイを降りて御嶽山を振り返って見ました、時計は11時半を指しています、右はロープウエイの駅舎を入れて写したものです、北の方向から雨雲も近づいているようです。
画像画像


この後バスで移動し国道19号線に入った頃には雨が降って来ましたから、軽装で登っていた人達は滑りやすい足元に苦労していると想像します。
入浴と食事を済ませ遅くならないで帰京出来ました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年10月12日 18:09
雨にも降られずに素晴らしい紅葉登山が出来ましたね。心掛けの良さが表れたのでしょう。お陰さまで山に登らず紅葉を楽しむことが出来ました。謝謝。
2008年10月12日 19:32
今晩は
可成り混雑となった山も真っ赤な紅葉が素晴らしいです。八合目の女人堂付近には多くの石仏等はかつて遭難した人の慰霊ためためでしょうか。高山植物の仮名たちもひときわ綺麗です。
2008年10月13日 00:33
こんばんは。
岩肌が見えていた山も木々が多くなって素晴らしい紅葉です。
黄色はダテカンバ、赤はナナカマドだそうですが、白い木が見えていますが白樺でしょうか。とても綺麗な風景ですね。
燃えるような赤いナナカマドの木に真っ赤な実が付いているのが分かりました。鮮やかな紅葉の中を下山しながらご覧になったのでしょうね。
ヤマハハコもマツムシソウも可愛い花を咲かせていますね。
OSAMI
2008年10月13日 06:56
信徳さん今日は、
普段の心掛けはあまり良くない私ですが参加している人達は精進している人が多かったので(笑)、綺麗な景色を楽しむ事が出来たと思っています。
OSAMI
2008年10月13日 06:57
chiharuさん今日は、
季節外れですから霊峰御嶽山にお参りするという服装の人には出会いませんでしたが、いろいろの施設や石仏等は信仰の為のものだと思います。
OSAMI
2008年10月13日 06:58
杏さん今日は、
高度が下がり森林区域に入ると樹高のあるものも多くなり又違う紅葉の感じでした、近づけないので確認はしていませんが白く見えているのは枯れたダテカンバではと思います、前回の画像などにもハイマツが枯れて白くなっているものも有りましたように厳しい環境でこんな風になるのでしょうね。
ナナカマドは元気で綺麗でしたよ。
2008年10月13日 11:07
森林限界の上と下では随分と紅葉の様相が変わり、その両方を見られて良かったですね。ナナカマドの紅葉、ダテカンバの黄葉はどちらも綺麗です。御嶽山のような山に軽装で登る人達の行動は信じられないですね。怪我をしなければ良いですが・・・。雨に降られずに良かったですね。
OSAMI
2008年10月13日 11:21
森林限界の上と下では木の大きさの違いで紅葉も相当違ったものになっていました、軽装の人はケーブルカーで登ってきて其の付近では物足りなくなり少し欲張って登っているようにも見えますが、とても危険な事だと思います。