ナンバンギセルなど。

ナンバンギセル、オケラ、ニラ、ヤマシャクヤク。
画像

植物園の葦とススキのところで今年もナンバンギセル(ハマウツボ科)の花が出ていました、ススキなどの根に寄生する植物ですから花だけが出ている奇妙な植物です。

花は紫色のなかなか綺麗な花ですが、シベなどがどの様になっているのか興味のあるところです。

画像画像

画像



オケラ、(キク科)もさいていました。
画像画像



畑の横の雑草に中に白い花が咲いているので近づいて見ると、雑草に負けないで咲いているニラの花のようです。
画像画像

画像



4月の下旬に植物園のヤマシャクヤク(ボタン科)を取り上げましたが、その株に綺麗な実が付いています、葉は少し黄色くなっていて比較的大きな実が割れて中から赤と黒の実が見えていますが、赤い実の皮が取れたものが黒い実のようです。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 信徳

    南蛮渡来のキセルですね。不思議な植物です。色も幻想的で良いですね。オケラって虫の名前にもありました。山芍薬は花の数が少ない植物でしたよね。この種が落下して4~5年後には咲くのでしょうか?
    2008年09月06日 08:39
  • chiharu

    お早う御座います
    ナンバンギセルは写真では時々見ていましたが実物にはまた一度もお目にかかっていません。またヤマシャクヤク(ボタン科)の白い花は見ていますが実の中身は初めて見ました。見せて頂き有り難う御座いまいす。
    2008年09月06日 08:46
  • ミニミニ放送局

    ナンバンギセルはユニークな植物ですね。
    昔、我が家の周りはススキの原っぱでその根元を見て何か変わった花があると思い見ていましたが後でナンバンギセルである事を知りました。
    今もどこかにあるのではと思い見たくて探しているのですが見つかりません。
    2008年09月06日 10:51
  • Tatehiko

    ナンバンギセルが咲き始めているのですね。
    近所の方が植木鉢に咲かせます。
    ちょっと覗き見してこようと思いました。
    真っ赤な実も見つけることが出来るような季節になりましたのですね。
    2008年09月06日 15:00
  • デコウォーカ

    ナンバンギセルを見つけたいと思っているのですが、ススキは湿地又は乾地のどちらに生えていますか?オケラが咲き始めましたか。ヤマシャクヤクの実は随分派手ですね。この様な実は初めて見ました。
    2008年09月06日 18:32
  • おとと

    こんばんは~
    ナンバンギセルのお花を正面から見るとこんな感じですか?
    横からしか見ていませんでした。
    ススキの寄生植物なんですよね、ススキは枯れないのでしょうか?
    オケラの綿毛も綺麗ですね、ヤマシャクヤクの実は割れて綺麗な実になるのですね
    2008年09月06日 21:37
  • OSAMI

    信徳さん今日は、
    ナンバンギセルは面白い名前を付けたものだとおもいます、ヤマシャクヤクの実は思いのほか大きいのに驚いています、実生のヤマシャクヤクは何年くらいで花が付くのでしょうかね、この実の付いているのは30センチ位の高さですけれど株の太さが問題なのでしょうか。
    2008年09月07日 07:44
  • OSAMI

    chiharuさん今日は、
    ナンバンギセルは寄生植物ですが色と形がなかなか良いと思っています、ヤマシャクヤクにこんな大きな実ができて大豆位の大きさの種があるのは私も初めてのことで驚きながら写して見ました。
    2008年09月07日 07:46
  • OSAMI

    ミニミニ放送局さん今日は、
    寄生植物のナンバンギセルはなかなか面白いですよね、この花のある所は1畳くらいの広さの所ですが毎年花の咲く位置が変わっているように見えますよ。
    2008年09月07日 07:47
  • OSAMI

    Tatehikoさん今日は、
    ナンバンギセルに寄生されたススキはどうなっているのか分かりませんが、どうも寄生している株は毎年変わっているように見えます、ヤマシャクヤクにこんな大きな実ができて大豆位の大きさの種があるのは私も初めてのことで驚いています。
    2008年09月07日 07:47
  • OSAMI

    デコウォーカさん今日は、
    ススキと葦も少しあるこの場所は1畳くらい広さで直ぐ横にある小さな池の水面よりは一段高くなっていますけれど、更に周りの一段高い普通の場所より低いわけですから、湿地と乾燥地の中間くらいの所だと思います。
    2008年09月07日 07:48
  • OSAMI

    おととさん今日は、
    ナンバンギセルに寄生されたススキはどうなっているのか分かりませんが、どうも寄生している株は毎年変わっているように見えます、ヤマシャクヤクの大きな実の中にあるのは大豆位の大きさの種ですが、初めてのことで驚きながら写して見ました。
    2008年09月07日 07:49