アオサギなど。

アオサギ、ダイサギ、カワウ、シギ、クロベンケイガニ、アメリカデイゴ。
画像

東京湾野鳥公園の鳥達で、最初は2羽のアオサギが飛び立つ所をを写した連続写真です。

ズームで手持ちカメラですから残念ながらボケていますが、飛び立つ感じは出ているのかなと思っています。

画像画像



ダイサギの集団ですが時には争っているような場面もあります。
画像画像



杭の上と岸辺で休んで羽の手入れなどをしているカワウです。
画像画像



水際を歩いているシギだと思います、他の一枚は観察小屋の風景です。
画像画像



観察小屋と池の風景です、羽田飛行場を飛び立った飛行機を入れてみました。
画像画像



ネイチャーセンターには水辺に降りられる所があり、泥の所に沢山いるクロベンケイガニです。
画像画像



帰路の途中で見つけたアメリカデスゴ(マメ科)です、赤い綺麗な花が未だ続けて咲きそうな雰囲気です。
画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年09月30日 13:08
野鳥公園には観察小屋が準備されているのですね。最もこの観察小屋がなかったら鳥も驚いて何処かに行ってしまうのでしょう。海辺に近いので川で見る鳥とは少し違います。川鵜は貪欲だからどこに行ってもいますね。
2008年09月30日 19:42
鳥の飛び立つ姿は美しいですね。観察小屋には大勢の人がいますね。一日いると何種類ぐらいの鳥が見られるのでしょうか?
2008年09月30日 21:15
こんばんは
こうして野鳥の楽園がよみがえってきて良いですね。
全世界にこのような自然が蘇れば地球温暖化もなくなるのでしょうね。人間が一番地球環境悪化に強く影響しているようです。残念なことです。
2008年09月30日 21:51
こんばんは。
東京湾野鳥公園はひろいのでしょうね、広大な周りの景色も綺麗です。
アオサギが大きな羽を広げて飛び立つ姿は美しいです♪
水辺の鳥たちの様子がよく分かりますね、観察小屋も初めてですが、小屋の中の様子が以前から気になっていました
クロベンケイガニが可愛いですが、沢山いるようですね。
アメリカデスゴの花が綺麗に咲いていますね、以前に乗せられた時はプールのそばのアメリカデスゴが見事だったことを覚えています。
OSAMI
2008年10月01日 11:05
信徳さん今日は、
観察小屋はこの野鳥公園に5箇所あるようで其のうち4箇所をのぞいて見ましたけれど、未だ渡り鳥の少ない時期ですからダイサギが一羽しかいない所もありました。
OSAMI
2008年10月01日 11:06
デコウォーカさん今日は、
観察小屋には望遠鏡も6台くらい設置してありますから、皆さんは交代で望遠鏡を見たりしながら静かに観察していました、「鳥ガイド」には一年中見られる鳥18、冬に見られる鳥14の画が掲載されていますが、条件が良くないとこんなには見られないでしょうね(笑)。
OSAMI
2008年10月01日 11:06
chiharuさん今日は、
この東京湾野鳥公園は多分少し前のごみ処理場だと思うのですが、今は木も大きくなっていて自然の状態ですから温暖化にも貢献しているでしょうね。
OSAMI
2008年10月01日 11:07
杏さん今日は、
東京湾野鳥公園のバンフには面積248ヘクタールと書いてあり、特別の観察会以外は其の中の一部しか歩く事は出来ませんがそれでも広いです、観察小屋の大きさにもよりますが小屋には望遠鏡も6台くらい設置してありますから楽しい観察が出来る所だと思います。
写真に載せた汐入の池は汐の影響もあり、この時は沢山のクロベンケイガニが巣穴から出てお食事タイムでした。