フウセントウワタなど。

フウセントウワタ、ハゼラン、シモバシラ。
画像

街中の菜園の隅でフウセントウワタ(ガガイモ科)が大きな風船を膨らましています、膨らんだ風船のような実もありますが、未だ沢山の花を付けていて花盛りのように感じました。

花は形も面白いですし綺麗なビンク色がとても良い感じだと思います、昨年調べた時には、このフウセンの中には沢山の綿毛の付いた種が入っていました。

画像画像

画像



街のマンションの横で鉢植えのハゼラン(スベリヒユ科)が沢山の実を付けています、まだほんの少しビンク色も見えますから花も咲いているようですし、蕾なのか種なのか区別が付きません。
画像画像



植物園でシモバシラ(シソ科)が咲き始めていました、長いシベを持った白い小さな花が一杯付いています。
画像画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年09月26日 11:23
ハゼランというのですね。
私どもは「月星草」って呼んでいました。
強くて面白い花ですね。水滴がつくと又面白くなります。

2008年09月26日 14:26
シモバシラ、面白い花ですね。
ハゼラン、見つけて居るのですが、散歩が何時も
午前中なので花が咲いては居らず、風があったりして
撮れずに居ります。又今度挑戦してみます。
2008年09月26日 15:27
このトウワタの葉を蝶が食べて体内に毒素を残し鳥から身を守るのでしょうか?ハゼランは見た事のない草花ですが拡大すると綺麗ですね。シモバシラは冬季に水分を吸ってシモバシラになるのでしょうか?この辺は暖かくて無理でしょうね。
2008年09月26日 17:30
今晩は
フウセントウワタの実を見ますとふぐのお腹をふくらませた感じに見えます。この実を風船に見立てか命名がなされたのでしょうね。
2008年09月26日 18:44
こんばんは。
フウセントウワタの花は淡い色の可愛い花ですね。
膨らんだ実は見たことがありますが、可愛い花は初めてです。
花後の実は緑の小さなイガグリのようですね。大きな木に沢山のフウセントオワタの実が沢山ついていますが、大きく膨らんだ形は面白いです。
シモバシラの花が咲いていますね。茎から白い花を持ち上げて咲いて咲き始めでしょうか、真白い花に長いシベが綺麗ですね。
2008年09月26日 21:53
フウセントウワタの風船みたいな実は見た事がありますが、花を見た記憶がありません。綺麗な花なので今度、探して見ます。
ハゼランの別名は「サンジカ(三時花)」で、午後三時頃に花が咲いてすぐに萎む事からつけられた名前と聞いています。私もこの草を見た事がありますが、午後3時頃に花が咲いているのを未だ確認はしていません。
OSAMI
2008年09月27日 09:30
Tatehikoさん今日は、
月星草というよび方は何となくムードがあって良い感じです、今度私もこの呼び方を使って見たいと思います。
OSAMI
2008年09月27日 09:31
花咲か爺さん今日は、
シモバシラはシベの長いのか面白いですよね、ハゼランも花を撮りたかったのですが良いものが有りませんでしたので、全体像だけになってしまいました。
OSAMI
2008年09月27日 09:32
信徳さん今日は、
トウワタの葉にはその様な効果があるのですか知りませんでした、ハゼランはこの時花を撮る事が出来ませんでしたが、とても小さな花ですけれど綺麗ですよ。
冬に枯れたシモバシラに綺麗な霜柱が付くのですが、この植物園でも近年出来なくなっていると言っていました。
OSAMI
2008年09月27日 09:33
chiharuさん今日は、
だぶん風船が膨らんだ感じに似ている事からこの名前に成ったものと思いますが、葉が落ちて沢山の風船が付いているところは少し異様な感じです。
OSAMI
2008年09月27日 09:34
杏さん今日は、
フウセントウワタの膨らんだ実は面白いですが花もなかなか可愛い花で良いなと思っています、植物園の職員に聞いて見ると昨年などは一度もこのシモバシラに霜柱が出来なかったと言っていました、温暖化の影響なのでしょうね。
OSAMI
2008年09月27日 09:34
デコウォーカさん今日は、
フウセントウワタは実も面白いですが花も綺麗ですから是非ご覧になってみてください。ハゼランにはいろいろのよび方があるようですね、今回のコメントで京都の方では月星草と呼ぶようですしサンジカも花の性質を現していますね。