オオケタデなど。

オオケタデ、ワルナスビ、アレチウリ、オオブタクサ、キンエノコロ、河。
画像

荒川の花などです。
最初は葦原の中で葦に負けないで綺麗に咲いているオオケタデ(タデ科)です、周りの葦が蔓の植物に少し抑えられたことで日あたりが確保されたようになり花を咲かせています。

オオケタデも花を咲かせるために一生懸命伸びたようで、高さは2メートルくらいになっているようでしたから近づくと青空をバックにした構図になります。

画像画像



ワルナスビ(ナス科)が沢山咲いています、河川敷には広い野球場があり付近は除草されていますが、除草後にいち早く成長して沢山利花を付けているワルナスビの生命力には驚きます。
画像画像



蔓延っているアレチウリ(ウリ科)です、芦原を覆うようにアレチウリが蔓延っているこの場所も、別の場所のように葛に占拠されて又植生が変わってゆくのかも知れません。
画像画像



何面か有る野球場の河側には大きく成長したオオブタクサ(キク科)が群生したています、このオオブタクサの成長は野球場も芝だか雑草だか良く分からない状態ですけれど、少しは肥料が使われている事の影響だと推察しています。

大きいものは高さ3メートル程にも成長していて花穂を長く伸ばしています、個々の花が開くと黄金の粒のようにも見えてなかなか豪華な感じですが、花粉症の原因にもなっているようです。
画像画像



堤防の斜面で輝いているキンエノコロ(イネ科)です、光の条件の良いときに写すと黄金色に輝くことからこの名前が付いたといわれています、ネコジャラシのエノコログサと比べると太さも長さも半分くらいの大きさです。
画像画像



締めは河の風景を取り上げました、葦が途切れている所で水面をのぞくと川鵜が杭に止まっていましたので写して見ました、最後は広々とした水面の風景です。
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年09月22日 17:41
こんにちは。
オオケタデは、タデ科の花で可愛い花ですね。葦原の中で沢山のピンクの花を咲かせていますね。今年は、まだオオケダケの花を見ていません・・。
河川敷に咲いているワルナスビの花、可愛い花ですが繁殖力が凄いようで除草後に一番早く花を咲かせたのですね。アレチウリも繁殖力が凄く近頃は川原などでは一面に蔓を伸ばしています。こちらの芦原を葛と競争して広がっていますね。今年は蒙雨などが多かったですが、荒川の水位はどうなのでしょうか。水面の杭に川鵜が止まっていますが水の流れも穏やかで、のどかな懐かしい風景を見せて頂きました。
2008年09月22日 18:12
オオケタデはアカマンマとは違うのでしょうか?最近事故米での赤飯の話など食の安全を揺るがすような話ばかりでこのようなオオケタデを見ると一層自然に帰りたい気持ちです。
2008年09月22日 21:12
河原も色々の植物の生存競争が盛んの様ですね。その中でもオオケタデのピンクの花は綺麗ですね。河原は増水時に栄養の補給がされるのか、どの草も大きくて元気そうですね。
OSAMI
2008年09月22日 23:08
杏さん今日は、
オオケタデは庭に植えてある家もあって奇麗に咲いていますが、自然のままでもサイクルを維持しているようです。
河川敷の運動場は何回か除草していると思うのですがワルナスビは本当に繁殖力が旺盛で棘があり子供たちも怪我をしますから困った植物だと思います。
集中豪雨は狭い地域の雨ですからこの荒川のような大きい河ですとほとんど影響が無いようです、洪水敷きにはまだ水が一度も上がっていません。
OSAMI
2008年09月22日 23:10
信徳さん今日は、
アカマンマはイヌタデのことですよね、オオケタデは観賞用にもされるくらいで、草丈も2メートル位になり花穂もアカマンマの何倍も大きなものになっています。中国の牛乳は日本にも影響して来ましたね。
OSAMI
2008年09月22日 23:11
デコウォーカさん今日は、
自然のままで繁殖をしているオオケタデですがどうも昨年よりは数が減っているようで気になっています。
昨年と今年では場所によっては植生が変ってきているようです。
2008年09月23日 19:11
今晩は
オオケタデはよく見ると可愛い花たちの集まりですね。
高さ3メートルにもなるブタクサ見たことが有りませんでした。
キンエノコロも此方ではあまり見かけません。
珍しい花を見せて頂き有り難う御座います。
OSAMI
2008年09月23日 21:50
野生の状態で生育しているオオケダテはなかなかのものですよ、其の点オオブタクサは厄介者ですね、除草後に伸びてきたキンエノコロが盛りです。