高峰山、黒斑山(3)。

スノーシュー(3)。
画像
最初はこの季節だけの特別コースを登り途中から中コースに合流します、最初はカラマツ林の中を進みますが高度が上がるとシラビソの林になりました。

画像


シラビソ(マツ科)の林の道は雪の重みで垂れ下がった枝が邪魔をしています、先に登られた方のトレースが付いています。
画像


少し開けた所ではダケカンバ(カバノキ科)もあります。
画像


稜線に出たところからトーミの頭といわれるところへの急な登りと、面白い岩もあります。
傾斜が急な雪面ではスノーシューも踏み込む感じにしないと滑りますし、右側は切れ込んだ危険な斜面になっています。
画像画像

画像


トーミの頭付近は風当たりも強くて風上の方向に氷が付くエビノシッポが出来ています。
画像


トーミの頭からは樹林の中を登り樹林に囲まれた狭い黒斑山頂に到着です、山頂標識のすぐ横は絶壁になっていてとても危険です。
画像画像


下山を開始してすぐの所から写したトーミの頭です、ここでも左側が絶壁になっています。
画像


シラビソと雪の景色です、さらさらの雪ですからストックで軽く触れると雪はすぐ落ちてしまいます。
画像


下山の途中で少し日差しのある時もありました。
画像画像


カラマツ林の付近からは各人が思い思いに林の中で新雪を踏んで下ります、カラマツのマツカサに少し積もった雪を写してみました。
ホテルで昼食と入浴を済ませて帰路に付く頃には青空が見えていました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年02月20日 19:16
雪景色が綺麗ですね~。
カラマツやシラソビの木に積もった雪が素敵です。
雪が積もって垂れ下がった枝の脇を真っ白な新雪の中を歩かれて気持ちが良かった事と思います。急斜面や強風だったり、山頂付近は絶壁になっているそうですので緊張されますね。以前も見せていただいたエビのシッポも出来ていましたね。カラマツに沢山付いていたマツカサに積もった雪が可愛いです。
2008年02月20日 22:14
フカフカの新雪は綺麗ですし、これを踏んで歩くのは気持良さそうですね。吹雪になる所では珍しい現象があるのですね。昨日のセッピや今日のエビノシッポ等、面白い現象ですね。シラビソに積もった雪の景色も素晴らしいいですね。ストックで軽く触れても雪はすぐ落ちてしまうほどのサラサラなんですね。雪落し、楽しそうですね!
やまびこ
2008年02月20日 22:40
銀世界を歩いて 別世界のひと時を愉しまれたのですね。
カラマツのマツカサに積もった雪は、おとぎの国に行ったみたいに見えて面白いです。(^_-)-☆
OSAMI
2008年02月20日 22:42
杏さん今日は、
何でもそうですが後から写真を見たりして思い出していると総て楽しい事ばかりですけれど、其の時は登り坂でハーハー言っていた事もありましたよ(笑)、晴天だと素晴らしい浅間山とその噴煙がまじかで見えたと思うのですが残念な結果でした。
OSAMI
2008年02月20日 22:43
デコウォーカさん今日は、
登りの時は先頭を交代で務めましたが、粉雪の新雪も足首くらい沈みますのでなかなかの重労働でしたけれど、斜面の下りはスノーシューの先を少し上げるようにして進むと少し沈むことは苦にならない遊びでした。
浅間山を近くで見ることが出来なかったのが残念な結果です。
OSAMI
2008年02月21日 00:09
やまびこさん今日は、
一日目は良かったのですが二日目は天候不良で浅間山を近くで見ることが出来ない等残念な結果でしたけれど、それなりに粉雪の新雪で楽しんできました。