春の香14。

小石川植物園2。
画像
昨日の続きでいろいろの画像をランダムに紹介します。

最初はハンノキ(カバノキ科)です、花房が長く伸びてなかなか奇麗ですし、枝の一部にはマツボックリの様な実も付いていて少し奇妙な感じもあります。

画像画像


チョウセンレンギョウ(モクセイ科)が咲き始めていました。
画像画像


ヤマアイ(トウダイグサ科)も花を付け始めているようです。
画像画像

画像


カリン(バラ科)の実が落ちています、木に付いている実も沢山有りますが落ちたものを遊びに来た子供達が切り株の上に積み上げたようです、カリンの実の中には鳥がつついたようなものもあります、鳥達は中の種が目的でこの硬いカリンの実をつついたのではと想像します。
画像画像

画像


コトネアスター(バラ科)の実が驚くほど沢山付いています、遠くから見たときは花でも咲いているのかと思ったほどでしたから、この沢山の実は本当にびっくりです。
前日のロウヤガキと同じ様にこの実も鳥達の口にあわないようですが、この実を運んで繁殖を助ける動物はなんだろうと気になるところです。
画像画像

画像画像


巨木があるスズカケノキ(スズカケノキ科)の林です、心が落ち着く風景ですしこの樹をプラタナイスと呼ぶと何だかロマンチックな雰囲気です。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 未来

    色づいたり、落ちた木の実や落葉してはだかの木を見ると、真冬の風情ですが、その中からもう花が咲き始め、新芽が出るのですから、自然とは不思議なものですね。
    人間が「寒い」と感じる季節より、植物たちはもっと早く「春」に気づくのですね。
    2008年02月11日 11:29
  • 花咲か爺

    カリンの実、随分沢山成っていたようですね。
    落ちてしまってもったいない様な気がします。
    知人宅のカリンは毎年実の予約があって貰われて行くそうですが
    公園の実では勝手に持って行く訳にはいきませんね。
    小鳥達も餌が豊富なのか、木の実も残っていますね。
    2008年02月11日 15:00
  • デコウォーカ

    今日も初めての赤い実を見せて頂きました。コトネアスターの実がビッシリと付いていて赤い花が咲いている様に見えますね。
    2008年02月11日 21:07
  • OSAMI

    未来さん今日は、
    雪があったりして寒い日が続いていますけれど、自然のサイクルは滞りなく進んでいるようで、アレと思うような処で春を感じたりすると嬉しくなりますよね。
    2008年02月11日 23:10
  • OSAMI

    花咲か爺さん今日は、
    この場所はカリンの林になっていますから沢山の実が有ります、来た人達も一個位はもって帰っている事もあるようですが、利用の仕方の問題も有るのかそのまま担っているものが多いようです。
    2008年02月11日 23:12
  • OSAMI

    デコウォーカさん今日は、
    この赤い実の沢山ついたているコトネアスターは職員の方に聞いて名前が分かったものですが、他に資料もなくて他の事が良く分からない植物です。
    2008年02月11日 23:12
  • ミニミニ放送局

    冬の植物園は何も無い様でも意外と観察に楽しい所ですね。
    レンギョウも咲き始め、春を迎える準備がすこしずつ進んでいるようです。
    2008年02月12日 20:54
  • OSAMI

    ミニミニ放送局さん今日は、
    コメントが遅れてしまいました、風のない暖かい日に散策すると植物園もなかなかいいものですね。
    2008年02月13日 23:11