北八ケ岳4。

中山から稲子湯。
画像
トップは展望台ですから風当たりも強くびっしりと付いた霧氷と、次は展望台から少し進んだ所の中山山頂2329Mですが 、周囲が樹木で囲まれていて何も見えません。

画像


山頂から少し下ると展望が開けて綺麗な西と東の天狗岳が見えてきます、東天狗岳の後ろに見えるのが硫黄岳(2760M)です。
画像


北の方角には小諸市の先にどっしりとした浅間山が見えています、一枚はズームアップで写した画像です。
画像画像


更に下ると手前の東天狗岳と先の硫黄岳の東面が大きくえぐれた状況がはっきりと分かります、右は東天狗岳のアップです。
画像画像


中山峠の標識です。
画像


中山峠から約5分くらいのところにある黒百合ヒュッテで昼食です、出発の時にザックに入れたおにぎりの弁当は、とても冷たくまた硬くて2個のおにぎりを全部食べる人はほとんどいないようでした。
画像


黒百合ヒュッテ周辺は黒百合平といわれていて、平坦な地形となっています、それに引き換え中山峠まで引き返しそこからからミドリ池への下りは、鎖場も2箇所ほどありますがとても急な道で氷や雪ですから、最大の緊張と注意でへばりつくような感じで下って行きました。
画像


ミドリ池周辺まで下ると緊張から開放されほっとします、ミドリ池は厚い氷が張り新雪が乗っていました、氷は何人かが乗っても大丈夫な厚さでしたし池の対岸の先には硫黄岳の大きな壁が立ちはだかったいる感じです。
画像画像


コースタイムによると中山峠からミドリ池が1時間20分、そこから稲子湯までが1時間40分とあります、凍った場所や雪道を考えるとなかなかハードな道で、稲子湯の温泉に入った時は本当に疲れたという感じでした、稲子湯からは貸し切りバスで東京に帰りました。
画像は沢の氷の状況と稲子湯付近の林の状況で、積雪は少ないようでした。
画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • デコウォーカ

    TOP画像の霧氷は4日間の画像の中で一番凄い様ですね。硫黄岳の壁も凄くて圧倒されてしまいます。やはり湖は氷結しているのですね。中山峠からミドリ池への下りは、鎖場が2箇所も有る様な急道で更に氷や雪があったらアイゼン無しでは大変だったと思います。(私は、湯河原にある幕山に雪が降った後に登ってツルツル滑っては転んで大変でした。その後は冬にはアイゼンをリュックに入れて置く様にしました。)その様なハードな道を歩いた後の稲子湯の温泉は最高だったでしょうね。お疲れ様でした。
    2007年12月06日 18:08
  • 一花

    こんばんは。トップの画像を見たら急に寒くなりましたが、やはり風が強くて冷たい雪山登山は大変そうですね。浅間山はまだそんなに雪を頂いていない感じですが、この日は展望が開けてあちこちの山の様子がよく分かりますね。
    黒百合ヒュッテの昼食はおにぎり2個だけで。冷たくて固く全部食べられず、お腹すきましたね~。ここは名前からして、黒ユリが自生する場所なのでしょうか?雪と氷の中、鎖場も2箇所ほどだそうですが、ベテランでないと迷惑になるのでしょうね。ミドリ池は厚い氷だそうで、ここでスケートでも出来そうな場所?なんですね。1年のうち何度も山にお出かけですが、この時期険しい山道を皆さん無事に下山されての温泉は最高だったことでしょうね。
    昨日の御嶽山は「木曾の御嶽山」だったのですね。山信仰からか、この名の山は他の場所にもあるようですね。
    2007年12月06日 20:48
  • chiharu

    今晩は 自然の姿は素晴らしいです。
    山は景色も空気も綺麗で全身運動になるし何のよりお腹がすくことと思います。黒百合ヒュッテで昼食美味しかったと思います。素晴らしい山の写真を見せて頂き有り難う御座います。
    2007年12月06日 21:48
  • 風当たりの強い展望台の霧氷は凄いですね。
    山頂付近からの眺めは素晴らしいです。遠くに見える浅間山の風景と青空にかかる雲の流れも綺麗ですね。
    登山途中の黒百合ヒュッテでの昼食は冷たいオニギリだったようですが、大丈夫でしたでしょうか。下りは鎖場も2箇所あったそうですね、雪や氷の中を下山するのですから大変だった事と思います。
    稲子湯で温泉に入られてホッとされたでしょうね。
    2007年12月06日 21:52
  • 星乃裕華

    こんばんは。
    一枚目の霧氷がやっぱりスゴイです~。(・。・)
    稲子湯って一度行ってみたいのですが、まだ足を延ばしたことがありません。
    雪山を歩いた後は暖まって気持ちがいいでしょうネ~。
    貴重な画像をありがとうございマス。
    お疲れ様でした~<(_ _)>。
    2007年12月06日 22:29
  • OSAMI

    デコウォーカさん今日は、
    西向きの岩場の展望台ですから特に風当たりが強いところのようで凄い霧氷でしたよ、後でリーダーの解説でもあえてアイゼンなしで行いましたが事故もなくて自信に繋がるでしょうなどといっていました。
    緊張して歩くと余分な筋肉を使うようで稲子湯で少しは助かりましたが後まで少し痛みが残っていました。
    2007年12月06日 22:49
  • OSAMI

    一花さん今日は、
    そうです風の当たるところは本当に寒くてゆっくりと展望を楽しむ余裕はありませんでしたよ、そのてん山頂から東側に下る時には見晴らしの良いところでは日も当たってぽかぽかといいきもちでした。
    お腹がすいていれば冷たくても硬くても食べれるのですが、どうもそうではなかったようです、途中でチョコレートなど食べた影響ですかね、ミドリ池でスケートをしようと思ったら2時間もかけて山道を登ってこなくては出来ませんから、そんな人はいないと思いますが一人で滑ると気持ちいいかも、稲子湯は良いお湯でしたよ。
    2007年12月06日 22:51
  • OSAMI

    chiharuさん今日は、
    休憩した時や歩きながらいろいろのものを口にしている事なのか、最近はお昼のおにぎりは無理をしてお腹に入れているという感じが強いですね、食欲が無くでもエネルギー補給として食べるのがベテランだと言われたことがありますが、なかなか出来ないことです。
    2007年12月06日 22:51
  • OSAMI

    杏さん今日は、
    今回は天気に恵まれて比較的眺望は良かったと思います、寒い時に0度近いおにぎりは無理して食べるしかないですね、何年か前の真冬の2月に縞枯山に登ったことがありますが、その時はザックの中のペットボトルが完全にシヤーベットになっていましたよ、その時もおにぎりは氷る手前でした。稲子湯はとても良いお湯でしたよ。
    2007年12月06日 22:53
  • OSAMI

    星乃裕華さん今日は、
    見晴台ですから強い風で霧氷も沢山付いたようです、稲子湯の風呂は小さいようでしたがお湯はとても良い感じでしたし、ここまでは車が入りますから雪見をするのもいいかも。
    2007年12月06日 22:54
  • おさば草

    すばらしい写真を楽しませてもらいました。ありがとうございました。
    南八ヶ岳展望写真(東西天狗岳、峰の松目、硫黄岳、赤岳、阿弥陀岳を望む)をPCの背景に使用させてください。
    天候に恵まれたすばらしい山行でしたね。次回の山行を楽しみにしています。

    2007年12月08日 10:20