八海山。

八海山の屏風道コース。
画像
新潟県南魚沼市から仰ぎ見る八海山(ハッカイサン)1707メートルに、好天に恵まれて6-7日の一泊二日で登ってきました、この山は資料では200年ほど前に木曾御嶽山の王滝口を開いた木食行者普寛とその弟子により屏風道が開山されたと伝えられているとあります。
多くの人達はゴンドラを利用して登るようですが今回は標高差と鎖場の厳しい屏風道を登り八ッ峰の岸壁を通り新開道を下るコースが企画され参加しました。
厳しいという情報からかいつものような女性の参加は少なく、男女同数の計24名とリーダーとサブリーダー3名の総計27名で、山での動きは9名の班ごとの行動となりました。
八海山神社まではバスで入り無事を祈って参拝したあと歩き始めます、神社の側には綺麗なミゾソバ(タデ科)が群落を作っていました。

画像

画像

画像


山道に取り付く所で昼食です、トップに載せた画像がこの位置から仰ぎ見る八海山の岩峰です。
八海山神社付近の標高が約300メートル位ですから、宿泊場所の千本檜小屋の1650の標高を考えると1300メートルの標高差を登る事となります。
最初は屏風沢ぞいの道を登ってゆきます。
画像

画像

画像


花はツリフネソウ、アキノキリンソウ、キバナアキギリ(画像無)、セキヤノアキチョウジ、クロバナヒキオコシなどが咲いていました。
画像

画像

画像

画像


屏風道の風景です。
画像


最後の水場で、すぐ上には落差のある滝もありました。
画像


尾根に取り付くと鎖場が連続します、あまり鎖に頼らないでよじ登る努力をしています。
画像

画像


やせ尾根の登山道で木があり離れた位置からは見えませんが、足元は岩場の連続です。
画像


岩と緑の風景です。
画像


尾根に取り付いて登ってゆくと赤く色づいたナナカマド(バラ科)が疲れを癒してくれます。
画像

画像

画像


振り返ると魚沼平野が箱庭のようです。
画像


早いものは紅葉しています。
画像


続きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年10月08日 18:59
OSAMIさん こんばんは
八海山の屏風道コース素晴らしいです。
連休で登山客が多かったようですね。
途中の花の数々素晴らしいものばかりです。
ナナカマドも真っ赤になって実りの秋に彩りを
添えていているようです。
2007年10月08日 19:37
八海山登山は天気も良くて眺望が素晴らしく、又色々の花にも会えて最高のようですね。標高差1300mを、急な沢や岩場を通って行く為には日頃鍛えていないと大変でしょうね。ツリフネソウ、アキノキリンソウ、キバナアキギリは見た事がありますが、セキヤノアキチョウジ、クロバナヒキオコシは初めてです。ナナカマドの赤い実は綺麗ですね。登山で疲れている時に目の前に現れたナナカマドには、皆さん大感激しただろうと推測しています。
2007年10月08日 20:15
こんばんは。
鎖場ですか~。
高いトコが怖い裕華は足手まといになりそうですネ~(^_^;)。
ミゾソバの群生素晴らしいですネ。
ナナカマドの実もカワイイですが、それより何より、これだけ険しい道を登りながら撮影する余裕があるところが、一番スゴイです~(・。・)。
2007年10月08日 20:49
八海山に登られたのですね。
お天気が良くて素晴らしい画像ばかりですね。
本格的な登山で岩場が多いですね、鎖の付いている急な斜面がすごいです。
ミゾソバの群生も見事でミゾソバ可愛いです。ツリフネソウ、アキノキリンソウ、色とりどりの山野草も綺麗です。ナナカマドの実が眩しいほどに赤く色づいていますね。

2007年10月09日 00:35
こんばんは。お帰りなさい~。
2日間お天気に恵まれて山登りには良かったですね。(八海山というと。お酒が有名ですよネ。)
トップの画像で見ると、険しい岩場が見えていますが、今回は難所で山登りの前に無事を祈って参拝されたのですね~。(何時もでしょうか?)山の下の方はなだらかな感じですが、すぐ巌があるのですね。尾根には鎖場が連続で大変そうですが、女性もいらっしゃいますね。足場が悪いですので、やはり足に力が入られるのでしょうね。画像のお花ですが、6日に高尾山に登った(リフトとケーブルカー)て野草園で色々見てきました。ヒキオコシは黒花でなかったようです。こちらは七竈ももうたくさんの実がなって色付いているのですね~。うちは初花が咲きましたが、実が出来ていません。紅葉も早いのですね。
明日も楽しみです。(今日はお疲れだったことでしょうね。)
OSAMI
2007年10月09日 10:52
ciharuさん今日は、
山小屋では他のグループと出合いましたが、屏風道コースでは他のグループに一度も出会いませんでしたから、この難コースを選ぶグループは無いようでした、やはり信仰の登拝道ということで自然を満喫できました。
OSAMI
2007年10月09日 10:53
デコウォーカさん今日は、
花の方は未だすこし残っているという季節ですがら、やはり風景と岩場歩きの達成感みたいなものが一番の収穫だったように思います、信仰の登拝道ですから木の枝はすこし切り払ってありましたがあとはまったく自然のままでした。
OSAMI
2007年10月09日 10:54
星乃裕華さん今日は、
信仰のための登拝道ということですから鎖場のオンパレードです、鎖場の所では順番待ちになりますから写真の時間はありましたけど、今回はコンパクトデジカメでしてから、どうもシャープな画像になっていなくて不満の残る結果となりました。
OSAMI
2007年10月09日 10:54
杏さん今日は、
山そのものは高くはないのですが標高差1300と鎖場ですから、槍ヶ岳などに登るのと同等以上の体力を消耗したか感じです、花の方はまだすこし残っているという感じでした。
OSAMI
2007年10月09日 10:56
一花さん今日は、
魚沼の米どころですし有名な八海山という酒もあるのですが、下山して入浴施設で美味しい新米を頂いた以外はあまり縁がありませんでした、残念。
普通の登山では参拝することはありませんが、ここは信仰の山ですし登山口に里宮がありますから参拝して登山に向かいました、というのが表立った理由で裏の理由は神社のトイレを拝借したという事もあります。
信仰の登拝道ですからほとんどが自然のままで、北アルプスなどの登山道とは大違いでしたが自然だけは十分満喫できたと思います。
脚が痛いです。