街の花11。

サネカズラ、ケイトウ。
画像

植物園のサネカズラ(マッブサ科)が花を付けていました、これは別名ビナンカズラ(美男葛)といわれていて、かってつるから採った樹液を整髪に使用していたことに由来するといわれています。

良く分からなくて写真を撮りましたが、後で資料を見ると綺麗な花が雄花と表示してありますから、他の一方が雌花?と想像しています、花の大きさは雌花に写ってしまった指の大きさから想像いただけると思います。


画像

画像


ケイトウ(ヒユ科)です、ここには鶏冠のようなクルメケイトウが無くて、羽毛ケイトウといわれるものばかりでした。
花は赤いものが特に鮮やかで綺麗な色をしていました。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年08月28日 18:49
サネカズラは初めての花でした。資料で調べると美味しそうな和菓子の様な実を付けますね。このタイプのケイトウを羽毛ケイトウと呼ぶんですね。良く見かけますが羽毛ケイトウと呼ぶのは知りませんでした。
2007年08月28日 20:32
こんばんは。
サネカズラ、確か去年の秋に赤い実の写真を撮ったような…?
花は初めて見ます。
こんなカワイイのが咲くんですネ~。(・。・)
ケイトウの鮮やかさもステキです。(^^)
2007年08月28日 22:51
こんばんは。サネカズラの小さなぶつぶつが固まったような実は以前見せて戴きましたが、花は今頃なんですね。
名前がビナンカズラ(美男葛)で整髪に使用していたようですよね。
昔の殿方はこれで益々美男に変身されたのでしょうか??
可愛い花で、万葉の歌にも詠まれていますよ。

この頃の鶏頭は昔馴染みの大きいものでなく、小さめのものが出回っていますよね。羽毛ケイトウという種類なんですか?
画像で見ると種類があるのですね。夏の盛りには嫌われる色ですが、これからだと花壇が明るく賑やかになりますね。
OSAMI
2007年08月29日 06:36
デコウォーカさん今日は、
このサネカズラも秋の終わり頃に綺麗な実を付けるだろうと期待しています。
資料には羽毛ケイトウとありました、何となく羽毛に似ていますよね。
OSAMI
2007年08月29日 06:37
星乃裕華さん今日は、
私も別のところのサネカズラで赤い実を写しています、今回の画像は万葉・薬用園のものですがここでも実が付くでしょうね、花は雌花と雄花があるようですから探す必要が売るとおもいます。
OSAMI
2007年08月29日 06:38
一花さん今日は、
この蔓でも小さな実が集まった和菓子のような塊が秋の終わりの頃には出来るだろうと期待しています。頭毛も薄くなり必要は無いのですが、この美男蔓がどうゆうものなのか試してみたい気もありますよね(笑)。
東京も昨夜の雷雨から涼しくなりましたが、これからがこのケイトウの出番でしょうね。