街の花4。

サルスベリ、ハナトラノオ、オオハンゴンソウ。
画像

街の街路樹のサルスヘリモ花盛りとなっているこのごろですが、住宅の庭で綺麗に咲いているサルスベリ(ミソハギ科)が有りましたので写してみました。
街路樹でもビンク色のものが多くありますが、この赤は色が濃くて目立っていました、白花は別の住宅のものです。




画像


ハナトラノオ(フィソステギア)(シソ科)は以前割き始めのものを一度アップしていますが、ここに来て綺麗に咲きそろったようです。
画像


オオハンゴンソウ(キク科)です、この花は田舎の庭の隅で邪魔者扱いにされながらも綺麗に咲いていたことを思い出しますが、最近ではほとんど見かけることが無くなった様に感じてています、これに良く似た花でイヌキクイモが在って時々まだ見る機会がありますし、この仲間のルドベキアは良く見かける花だと思います。
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年08月21日 22:30
サルスベリは真夏の花ですね。赤やピンクも目立ちますが白色のサルスベリも良く目立って咲いています。オオハンゴンソウは初めて見ます。プロペラみたいですね。
2007年08月22日 00:24
こんばんは。
サルスベリってミソハギ科だったんですネ~!(・。・)
そういえば葉っぱが似ていマス。(^^)
オオハンゴンソウ、昔は薬草で、死人のタマシイを返してくれるから「反魂草」になったそうですネ。裕華は図鑑で調べるまで、花びらが反ってるからだと思ってましたが…(^^ゞ
OSAMI
2007年08月22日 06:55
デコウォーカさん今日は、
資料にはオオハンゴンソウはやや寒地性で暖地には広がらないとありますから、野生化したとはいえ暖かい地方には無いのかもしれませんね、そういえば田舎は今でも熱帯夜は無いようです。
OSAMI
2007年08月22日 06:56
星乃裕華さん今日は、
オオハンゴンソウが薬草だったという事は資料で見ていましたが、魂の事は知りませんでした有難う御座います、この花は記憶に強く残ったと思います。