唐松から白馬岳。

唐松岳から白馬岳縦走記録(7)。
画像
白馬山荘は北アルプスで最大の山小屋で設備も整っています、山小屋で歯を磨くときは300円で購入したペットボトルの水を使う事が普通ですが、ここの洗面所は飲用可能な水が出ていますしその水をペットボトルに詰めることも可能です、土曜日の夜の山小屋としては空いていてゆっくりと寝る事ができました。

日の出前の富士山です、富士山の左に見える山は八ヶ岳です。


すこし横に目を移すと雲海に浮かぶ南アルプスを見る事が出来ました、北岳らしい山があるのですがはっきりとしません。
画像


日の出です、綺麗な円錐形の山が見えていますが、この山は妙高山なのかはっきりとしません。
画像


前の日にはよく見えていなかった杓子岳と鑓ケ岳が朝日を浴びて輝いています。
画像

画像


鑓ケ岳の斜面の先には槍ヶ岳と穂高岳が見えています。
画像


更に右側を見ると立山と剣岳が素晴らしい眺めです、この写真で近くに見えていて人の姿も見えたている山は、前日の縦走のときに最後に通過した丸山2768メートルです、近くのテント宿泊の人たちが日の出を見ているようです。
画像


最後は何度見ても素晴らしく朝日に輝く剣岳のアップです。
画像


白馬山荘の朝食です。
画像


雪渓えと下っていきます、この写真は村営頂上宿舎の前付近です。
画像


すこし下った所の有名なお花畑でいろいろの花が咲いています、総ての画像がクリック拡大になっていますが、この画像は特にサイズの大きいものにしてありますのでお試しください。
画像


お花畑のハクサンフウロ(フウロソウ科)です。
画像


別のところのお花畑です、岩との関係が素晴らしいと思いました。
画像


葱平(ネブカダイラ)と言われる付近でメタカラコウ(キク科)の大きな花が沢山あります、花の季節は終わりかけているようでしたが花の感じはツワブキに似ています。
画像

画像


このところの名前にもなったシロウマアサツキ(ユリ科)が花を付けています、ピンク色の可愛い花です。
画像

画像


登山道は沢の横を通っていますので水辺を好むミソガワソウ(シソ科)が沢山咲いています、この花はイメージととしてラショウモンカズラと似ている感じです。
画像

画像

画像


タカネナデシコ(ナデシコ科)です、カワラナデシコよりすこし大きいように感じましたが、拡大画像を見ると花弁が開いて曲がる所に棘のようなものがあり、何の目的だろうと気になっています。
画像

画像


タカネコウゾリナ(キク科)です、この花は都会の空き地などで見かけるものより大きくて、園芸種の菊のような艶があります。
画像

画像


オオハナウド(セリ科)とオオカサモチ(セリ科)です。
画像

画像


雪渓をバックにして写したクルマユリ(ユリ科)です。
画像


白馬大雪渓の全景です、この雪渓の上には赤いベンカラで比較的安全なルートを示したてあり、多くの登山者で出来た足跡をたどって進みます、この画像はすこし高い位置から撮りましたから傾斜が分かりませんが、慣れていない人は非常に緊張しているようでした。

雪渓の上には落ちてきた大きな岩や小さな岩が沢山あり十分な注意が必要な事をしめしています、この日は天気も良く見通しも利きますので比較的安心でしたが、ガスがかかっていると落ちてくる岩が見えなくて大変危険な場所になります。
画像


溶けて雪渓が割れています、画像の左下に赤いラインが見えていますが、今回はもう少し下流にルートが変更になっていました。
画像


下山ルートの終点から大雪渓を写しました。
画像


すこし歩いたところにある白馬尻小屋から雪渓を写しました、大雪渓は左の山で陰となる方向に曲がりこんでいます。
画像


猿倉に到着しバスを待っているメンバーです、この後温泉施設で汗を洗い流し東京にかえりました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年08月19日 11:55
ヒャー!! 朝日と空がキレイ!! 素晴らしい!! \(^o^)/

最終日、晴天に恵まれて… 良かったですね~。。。
山々が朝日を浴びて黄金色に輝いているようです。
富士山や南アルプスまで眺められて、槍や穂高も望めて最高の山行きでしたね。
私も 昨年、逆コースを登頂した時を懐かしく思いながら、楽しませていただきました。
2007年08月19日 19:44
こんばんは。
素晴らしい晴天ですネ~(^^)
最初の3枚、空の色が変わる様子がスゴイです!
お花畑が輝いてます。ハクサンフウロも、これほどたくさん一度に見たコトはありません。(・。・)
雪渓バックのコオニユリも、趣きがありますネ。(^.^)
たくさん珍しいものを見せて頂き、ありがとうございました!
2007年08月19日 22:46
矢張り、山の景色は早朝が良いですね。日の出前から、日の出、その後の変化を一連で見させて貰いました。素晴らしいですね。雪渓の下りは気を使うでしょうね。無事下山された時、満足感に浸っていただろう皆様の様子が目に浮かびます。お疲れ様でした。
OSAMI
2007年08月20日 10:34
やまびこさん今日は、
雨でどうしようもない時もありますが、晴天の楽しい記憶が山へのやみ付きにさせるのですよね、夕暮れも良いですが遠くの山々は日の出前が良いようです、今回の3日間で日本海だけはだめでした。
OSAMI
2007年08月20日 10:35
星乃裕華さん今日は、
雨が降ったりすると景色もなくなってしまう感じがありますが、天気が良いと総てハッピーになりますから山登りが止められないところですね。
本当はお花畑で1時間くらいのんびり出来る行程だと更に楽しいのかなとおもいます。
OSAMI
2007年08月20日 10:36
デコウォーカさん今日は、
お天気が良いと山の楽しみも多くて、これがやみ付きにさせるのでしょうね、本当はもう少し時間に余裕を持たせて花などを観賞できる山行をしたいものだと思っています、この場合は趣味の合う3人くらいで行くしかないですかね。