季節の花(17)。

サルスベリ、ワルナスビ、ハナ?。
画像

街路樹のサルスベリ(ミソハギ科)で開花しているものが多くなりました、少し前に一度取り上げていますが、その多くは赤とかピンク色のものですけれど、所々にある白のものも花を付けていますが少し他のものと違うように思います。

最初はビンク色の花で10個位の花弁が車輪のように並んでいます、次の白い花は4個しか見えませんし大きさも小さく違う種類のような感じです、全体の木の様子も白花は何だかサルスベリとは違う木の様な感じです。



画像

画像

画像


ワルナスビ(オニナスビ)(ナス科)の花が沢山咲いています、公園ですから除草された後に芽を出していると思っていましたが、ここに来て一気に沢山の花が咲き白く見えるほどです。

茄子のように少し紫いろのものもあるようですが、ここのものは真っ白の花を付けています。
画像

画像

画像


街中で地植えで咲いてる名前のわからない花です、花以外はハマユウとそっくりですが花の形はとても特徴があります、真ん中に長い雌しべがあり6個の雄しべも長い茎の先に付いていてゆれています。

ハマユウの仲間なのかなと想像しています。
画像

画像

その後本を見ていてヒメノカリス・スペシオサ(ヒガンバナ科)を見つけました、資料には甘い香りがあると書いてあります、今度出かけた時香りを試してみたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年07月20日 21:58
今、サルスベリが盛んに咲いています。綺麗に花が撮影されていますね。ワルナスビの群生に模様は凄いですね。除草された後、いち早くワルナスビが成長して占領してしまったのですね。ヒメノカリス・スペシオサは細い花びらや雄しべはハマユウに良く似ていますね。私は今日、ハマユウをブログアップしたばかりでしたので一瞬同じかな?と思ってしまいました。
2007年07月20日 22:56
こんばんは。昨日のウバユリですが、去年ブログ画像で神代のものも見たようなんですが、午後から出かけて時間がなくて探せなかったのですよ。
花魁草の種ですが、花後種が出来ず、また同じ所から幾つか蕾が出ています。去年もそうだったようですが、何故でしょうね?またしっかりと観察していますね。OSAMIさんも何処かで確認されて下さい~。
以前サルスベリを見せて戴きましたが、ここのものは違う色で、白も素敵で、画像で見ると別物みたいですね。そして丈が高いものもありますね。
うちは今やっと蕾中で、他所はボチボチ開花中です。
ナス科のワルナスビもよく見ると、悪い花でないですね~。
下は「ヒメノカリス(ヒガンバナ科)」でスパイダー・リリー(spider lily)(蜘蛛の糸に似てますから)や別名:ササガニユリですよね。
以前育てたのですが、何年か咲いて枯らしてしまいました。芳香があり好きだったのですが、これは寒さに弱かったようです。ハマユウやインドハマユウなどにも似ますね。

 
OSAMI
2007年07月21日 09:36
デコウォーカさん今日は、
サルスベリの一つの花も複雑な構造でなかなか綺麗な事が分かりました、ワルナスビの伸びて成長し花を付けるまでの早い事本当に驚きです。
ヒメノカリスは今回初めてで面白い花もあるものだとおもいます、ハマユウとにていますよね。
OSAMI
2007年07月21日 09:37
一花さん今日は、
サルスベリがいろいろと花を付けていますが、赤やビンクのものと比べると白花は遠くから見ても葉の緑に負けそうな感じです、花を比べてみると大きさも咲き方も相当差があるようですから納得ですが、何故こんなに違いがあるのか疑問に感じています。
資料にはスペシオーサとありましたが、スバダー・リリーは感じが出ていますよね、それから私が見た場所はコンクリート塀の前に植えてありましたから、コンクリートの蓄熱効果が効いているのかもしれませんね。
2007年07月21日 10:45
近頃は街路樹にサルスベリをよく見ますね。
昔は花を期待するような植物はあまりなかったものですが。つつじくらいだったでしょうか。
道の両脇に、百日紅が咲いていると、なんだか嬉しくなります。
スパイダーリリーって、うまい表現ですね。
OSAMI
2007年07月21日 11:26
最近街路樹もハナミズキ、ツツジとかこの季節はアベリア、サルスベリなど花ものがあって楽しめるように成りましたよね。
スバイダー・リリーは的を得ている名前ですよね。