小石川植物園(7)。

ベニガクエゴノキ、ストランブェシア、キンロバイなど。
画像

ヘニガクエゴノキ(エゴノキ科)です、エゴノキは蕾も開花した花弁も真っ白ですが、このベニガクエゴノキは赤紫の色が付いていてなかなか綺麗だと思います。






画像

画像


ストランブェシア(バラ科)(中国)です、蔓の様に横に枝が伸びている木で花の盛りは終わっているようでしたが、花は梅を小さくした様な感じの可愛い花でした。
中国原産の木になんでこんな分かりにくい名前が付いているのだろうと思います。
画像

画像


キンロバイ(バラ科)(日本、中国、ヒマラヤ)です、丸い花弁が5枚綺麗に並んだ可愛い花で、木は地表50センチくらいのツツジの感じでした。
画像

画像


カナメモチ、アカメモチ(バラ科)です、これは以前取上げましたし良く見かける木ですがここのものはとても大きな木で、全体に白い花を付けているところはなかなか豪華な感じでした。
画像

画像


ギョリュウ(ギョリュウ科)(中国)です、針葉樹のような感じの木に長い花房が付いています。
3枚目のものは近くの集合住宅に植わっているもので、少し感じが違って見えます。
画像

画像

画像


ヒッコリー(クルミ科)(北アメリカ)です、日本のサワグルミと同じ様に長い花房を付けています、50年前のスキーというとヒッコリーが主役でしたが、このスキー材とこの木が同じものなのか?と思いながらながら眺めていました。
画像

画像


チャチンモドキ(ウルシ科)(日本、中国、ヒマラヤ)です、とても大きな樹で下から見上げると小さな花が沢山付いています、巨木に多数の花ですからこれからどのように成るのか興味のあるところです。
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 花 舞

    ベニガクエゴノキは紫の花なのですね。初めてです。とても色が綺麗で美しい花ですね。ストランブェシアはシャリンバイより花は小さいのでしょうか?いつもながら珍しいお花ばかりを拝見させていただきました。樹の花は撮りにくいですが、よくわかる良いお写真ばかりです。
    2007年05月22日 15:34
  • デコウォーカ

    カナメモチは新しい葉が赤くなる木ですよね?白い花に覆われて別の木の様に見えます。これ以外は始めて見る花ばかりです。ベニガクエゴノキは赤紫色が綺麗ですね。エゴノキと並べて見られたら、更に綺麗でしょうね。
    2007年05月23日 06:50
  • OSAMI

    花舞さん今日は、
    勢いのあるエゴノキと違ってこのベニガクエゴノキは少し弱弱しい感じでしたから、エゴノキの沢山花が付いている感じなっていませんでした。
    ストランブェシアはほぼシャリンバイと同じくらいの大きさだと思います。
    花木の枝先の花は風にゆれていたり、光もなかなか複雑だったりとお互いに苦労しますね。
    2007年05月23日 08:01
  • OSAMI

    デコウォーカさん今日は、
    普通はアカメモチといわれるものが、ここではカナメモチと標識が出ていました、それから樹もこれだけ大きくなると赤芽の部分がなくて別の樹のような感じでした。
    ベニガクエゴノキは日陰のためか勢いの無い木で少し残念なところでした。
    2007年05月23日 08:32