秋色(13)。

公園で秋色を写しました。
画像
ヒメガマの綿毛がはじけています、強めの風が吹くと綿毛が風に乗って飛んでいきますが、タンポポの綿毛より軽いかんじで風に乗っていました。

ヒメガマの葉も先のほうから紅葉しています。






画像


前に一度取上げましたセンボンヤリです、大名行列のケヤリのように先端のぽんぽんが沢山並んで面白いと思います、ズームいっぱいで写しましたから焦点の合わないものが出来てしまいました。
画像


クチナシの実も色づいています。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 一花

    こんばんは。秋色も多彩で、植物の自然の色は何とも深いものですね。そして、形も色々なんですね。蒲の穂からこんな綿毛が出来るって、見過ごしておりました。(この頃近くに無いものですから・)
    センボンヤリ(千本槍)って、本物を見た事がないのですが、裏側が赤紫を帯び、「ムラサキタンポポ」の別名のあるキク科なんですね。このポンポンが大名行列の毛槍に似ているというところからの名前なんですね。この画像の後ろに、ラベルが少し見えてますが、結構山野草があるのですね。
    クチナシも実が沢山出来てますね。クチナシの黄色の色素成分は「クロシン」と言うもので、きんとんの色付けに使います。来月の今頃は大忙しです・・。これは以前アップしました、サフランの雌しべと同じ色素成分だそうです~。昨日の欅の紅葉で、「赤と緑に紅葉」は「赤と黄色に紅葉」の間違いでした。相変わらずそそっかしくてすみません~。
    2006年11月28日 18:10
  • 一花

    すみません~。樹木関係の本ですが、2冊買いまして、ひとつは「樹木・見分け方のポント図鑑」菱山忠三郎氏もいらっしゃいました。
    もうひとつは「木の名前がわかる事典」でこちらは違う方でした。本だけで覚えるのは、なかなかで、実物と照らし合わせて見ると良さそうですね。
    2006年11月28日 18:51
  • ミモザ

    こんばんは!
    センポンヤリの写真をアップしてみました。
    名前の由来と言い形といい楽しいですね。
    くちなしの実もオレンジ色で素敵ですね(^^♪
    2006年11月28日 20:45
  • デコウォーカ

    クチナシの花は注目してよく見ますが、実の方はあまり注目されませんね。久し振りに見ました。
    2006年11月29日 06:40
  • OSAMI

    一花さん今日は、
    この小さな植物園にはスイレンとハスの小さな池がありヒメガマ、タコノアシ等もあります、それからここには自然林が作ってあり、その中に野草の道があって少しばかり野草があります、このところにセンボンヤリも有って昨年より数が増えているようです。
    樹木も本の写真だけではなかなか理解できないですね、実物の名札を見た後に本を開いてなるほどという事が多く有ります。
    2006年11月29日 16:31
  • OSAMI

    ミモザさん今日は、
    センボンヤリは春に白い花を咲かせた後に秋に開花しない花茎を伸ばして、このような綿毛を着けると資料に書いてありますが、本当に面白いと思います。
    2006年11月29日 16:32
  • OSAMI

    テコウォーカさん今日は、
    いろいろ見ているとクチナシも実の多く付くものとあまりつかないものが有るようですね。
    2006年11月29日 16:32